Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。

NEW !
テーマ:
有名宝飾ブランド、カルティエの値下げが決定しましたね。
金曜日のヤフーニュースで知りました。

円高の影響を受け、他にもいくつかのブランドが価格改正を行っております。

カルティエの時計に特別惹かれてはいませんが、
カルティエはつまるところリシュモンですからね。

時計であればランゲ&ゾーネやヴァシュロン・コンスタンタン、
万年筆のモンブラン、服飾ではダンヒルといった、
早々たる顔ぶれを揃えている巨大グループがリシュモンです。

円高の影響により、もしリシュモングループ全体が値下げに踏み切るのなら、
しくったなーというか悔しい気になります。

昨年辺りから、あれこれ大きな買い物をしてきていて、
今のこのタンミングで動かせるお金が余りない。。。

ワイン程度ならまだしも、たった数%の上げ下げでも大きく影響する腕時計。

価格改正により欲しかった品が少し身近になったとしても、
今このタイミングでは多分買えないでしょう。


時計や靴、寝具など、全て出逢いであり、
欲しい時に買ったわけですのでそれらについては良い買い物が出来たと思っておりますが、
無駄な出費も結構してきており、一部の高級ワイン辺りも今後は一時的かもしれませんが、
少し手が出しやすくなるかもしれませんね。

ちなみに、日本国内の大手宝飾(真珠)ブランド、
ミキモトは来月(8月)より値上げが決定しています。

この手のハイブランドは余程の事がない限り値下げは行わず、
一旦下げても為替が戻れば直ぐに改正してきますので、
本当にタイミングなんですよね。
そこを逃すと永遠に手の届かない子になっちゃいます。

リーマンショック直後に、高級時計も高級ワインも、
今の半額くらいが当たり前の時期がありましたから。

欲しい物がない時でも動かせるお金はしっかりと用意しとかないと。。。
いざというときのためにもね。

一部の憧れの商品が少し身近になるかもしれないのに、
資金に余力がないため嬉しいようで悔しいです。


さて、話は変わります、ブログをやっていて良かったな、嬉しかったなと思う事。

検索ワードにて、恐らく当ブログ以外ではあまり引っかかってこないだろうな、
と思う用語でここへ辿り着いてくれた方がいる事ですね。

アクセス解析の項目で、検索ワードを調べられるじゃないですか。

私のブログでは、月を通して大体上位なのが、
「シャトーディケム 当たり年」というワードなのです。
ワイン記事自体を最近は殆ど書いていませんが、
沢山書いていた過去があるからなのでしょう。


しかしディケムに限らずワイン関連は、
お詳しい方々のブログが山のようにありますし、調べている人の数も多いと思うのです。

その中でほんの一握りの方がたまたまこのページに訪れてくれただけと思うのですが、
逆に検索をかければきっと直ぐに引っかかってくると思うのが
「ラング&ハイネ ブログ」などですね。

こういったワードは、書いている方自体が少ないはずですので、
検索をかけるとこのブログに辿り着きやすいのでしょう。
大体毎日1、2件、検索ワードにラング関連があります。

ラング・ウント・ハイネ(ドイツ語読みですね)を見たときとか、
きっと凄い人に読まれてしまっているな、、、と思ったり、
他にも、ほぼ毎週金曜日辺りになると、
地球絶景紀行テーマソングで来られる方も数名いらっしゃいます。


さらにマニアックなところですと、「ライオン ミスター t」
きっと誰にも興味を示してもらえることはないだろうなーと思い書いていた内容でしたので、
どこの誰なのか分からなくても、読んでくれた方がいる、これからもいるかもしれない、
そう思うだけで嬉しくなる時があります。


旅行関連とか食べ物関連はコメントを下さる方がいて、
勿論大変嬉しく楽しく交流させていただいているのですが、
正直、その分野に疎い私なんかが書かなくとも、
色んな方がもっと詳しく分かりやすく紹介してくれていますからね。

このブログは完全な自己満足でやっているようなものですが、
それでももしほんの僅かでも存在意義があるとしたら、
決してメジャーではない普通の人は買わない、見ない番組について、自分なりの考えを書き、
こんな意見もあるんだなってことを知ってもらう、それくらいだと思うのです。


ですので可能な限り有益な情報、最低でも間違った事は書かない様に気をつけているのですが、
過去の内容を今読み返してみると、本当ならば訂正しないといけない間違いが沢山ございます。
キリがないのでそのままにしておりますが、
古い記事ほど酷い内容が多いですね。。。

怪しい記載が多く、その日その時思った事をストレートに書いてしまっていますので、
どうか参考程度にお願いします。
決して鵜呑みにはしないでくださいね。
私自身後から読み返して、「この馬鹿何書いているんだ!」って思う事多々ありますので。


そして最近新たに加わった、
グレンロイヤルも検索ワードに入るようになりました。

最高のブライドルレザーを使っているにも拘らず、
価格は比較的良心的と紹介しましたこの鞄。



今も大変気に入って使っております。

ベルトと合わせて最高の買い物が出来たと思っていますが、
その日の記事でも少しだけ触れたグレンロイヤルの残念な点。

個人的には全然残念とは思わないのですが、
気にする人は気になるんだろうな、、、と思うのが縫製です。


グレンロイヤルというスコットランド生まれのブランドは、
最高のブライドルレザーを使い、今尚スコットランドで手作りされている
素晴らしい革製品です。
特にブライドルレザーの質の高さには定評があり、それは独特の香りからも感じ取れます。

グレンロイヤルの鞄を車に入れて移動していると、
車内全体がその匂いに包まれる。
それが限りなく心地よく、またそれがグレンロイヤル特有の香りなのか、
他のブライドルレザーもそうなのかは分かりませんが、
とにかく私はとことん気に入って愛用しています。


それにしても縫製だけは今ひとつです。というより私が見ても雑に思えるくらいに荒いです。





あちこち曲がっており、大雑把ですね。



ここら辺をハンドメイド製品ならではの味と取るのか、
製品としての最低基準を満たしていないと見るかは意見が分かれるところと思います。

私は前者ですので素晴らしい革製品を良心的価格で提供している良いブランド、
お財布も含め追々はグレンロイヤルで揃えたいと感じておりますが、
縫製を気にされる方には間違ってもお勧めできません。
日本製ブランドの中堅どころにも余裕で負ける(というか荒い)と思います。


例えば、デートの際にトイレなどで彼女が持っている鞄を預かる時があります。

女性ですので複数の鞄を持っているのですが、
その中でハイブランドと呼ばれるものは、
エルメスのエールバッグと私がプレゼントしたフェラガモですね。

日本製のブランドでなくとも、海外製でも通常ハイブランドはやはり縫製も細かく、
私のグレンロイヤルと2つ並べて持っているときなんかは、
特に、グレンロイヤル荒いなーと感じます。

靴でも最高峰と云われるジョン・ロブは、
この透明感溢れる革質は勿論の事、縫製も別格です。





そしてこれらは決して見える部分だけではなく、
普段目にしないような場所でも手抜きはされていません。

こちらは購入時の写真ですが、チャペルのアウトソールは縫い目が見えません。



一般的な紳士靴ですと下の写真のようになるはずです。



縫い目が見えるか見えないかで実用性に違いはないはずです。

しかし靴に限らず、高級品と超高級品の明確な違いとは何か?となると、
こういった目に見えない部分も時間をかけ磨き込まれているかどうか?
その違いが大きいと思います。

腕時計でも、実用高級時計の代表格、ロレックスやオメガ辺りと
そのさらに上のクラスのものとでは、素材も含め一見すると同じでも、
部品1つ1つを見ていくと仕上げが全く異なるのです。

高価な物になればなるほど手間隙がかけられているという事ですね。

そして縫製の比較のため、購入時のジョンロブの写真を見ていたら、
丁寧に扱っていたつもりでも、やはり一番最初の輝きといいますか、
受け取り時に直営店の店長さん直伝の技での磨きは特別でした。



そういった点でも特別な紳士靴やレディース鞄は別次元なんですね。
その代わり、値段は明らかに高過ぎな感があり、少なくとも適正価格とは決して感じません。
ブランドの立ち居地があれですので、当然といえば当然なのですが。

これらは実際に使っていてこそ分かってくるというか、
今後新たな製品を購入する際にも、自分の中である程度目利き出来るようにはなりそうです。


ですが私はそんな荒さも男らしさがあり職人の味!と取る派ですので、
グレンロイヤルを使って約一月で経ちますがとことん惚れ込んでいます。

しかし一般的に見て、グレンロイヤルの縫製は決して優れているとは思えませんし、
縫製だけでみれば、丈夫ではあってもグレンロイヤルを選ぶ意味はないと思います。
それどころか丁寧な日本製品に慣れている人には、
プレゼントしても満足されないかもしれません。

多分、私のグレンロイヤルがたまたまこんな縫製だったのではなく、
店内にある一通りの商品をみても、どれも似たような物です。
場所こそ違えど、あちこちずれています(笑)

でもグレンロイヤルの強みはそこじゃないと思うのです。

グレンロイヤルは只管革!ブライドルレザー命!のブランドです。
ですので言い換えればブライドルの質においては他社にはそうそう負けないでしょう。

それぞれの良さをグラフ化したら、
決して平均的で綺麗な形にはならなくとも、
強みとしている要素においては抜きん出ている、そんな製品に感じます。

素晴らしい製品ではあるのですが、
何もかもが良いわけではない点はしっかり紹介しておかないとと使っていて感じました。
「長く使えるベルト」などで検索し、辿り着いてくれた方もいるようですのでね。

グレンロイヤルの真髄、独特な革の香りに包まれた部屋の中で、
今が旬の北海道産らいでんメロンを食べながらオリンピック観戦、
これがおぼんまでの至福の時間の予定です。


時計、ワイン、革製品、時々食べ物等紹介していきますが、
出来る限り間違った事は書かず、褒め過ぎず、
それぞれの良い点、残念な点など、自分なりに紹介していけたらと思っております。

何から何まで美しいラング&ハイネでも、
ハック機能だけはなくていいのに・・・と時刻合わせの度に感じていますので。

メロンについてもまた機会があれば。

それでは熱中症にお気をつけて、素敵な夏をお過ごしください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。