Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:
念願だったマニフレックスマットレス、DDウィング。
約一月ほど経ちましたが、期待していた以上に素晴らしい寝心地です。





マニフレックスの事を知って半年足らずですが、
最初は半信半疑だった耐久性や品質、
彼女が毎日使っているのを見ていて自ら信用出来るようになり、
ようやく自分用にも揃える事が出来ました。

とはいえこんな高価なお布団は過去購入したことはなく、
生涯縁もないと思っていました。

ですので本当にDDウィングで間違いないのか?等々、
枕と合わせて色々と調べて購入しましたが、
店頭で試したときに感じたDDウィングだけの特徴、
脹脛部分を少し浮かせて支えてくれているような不思議な感覚は、
やはりその日の体調でたまたまだったわけではなかったことが分かり、
これを選んで正解!我ながら良い買い物が出来た!と感じております。

後は期待通りに変形せず長持ちしてくれるならば、
私の所有物の中でも別格にお気に入りの物リストの仲間入り間違いなしです。


「私にとっては」DDウィングこそが「ベストマニフレックス」という事も分かりました。

これはコストパフォーマンスとかそういったことは一切抜きにして、
店頭に並んでいたマニフレックスマットレスほぼ全てを試し感じたことです。


マニフレックスの場合、値段に比例し寝心地がよくなるわけではなく、
その人に合う合わないがはっきりと分かれるほどに、1つ1つの寝心地が異なります。
かなり硬いものから柔らか過ぎるほどにふわふわな物まで多種多様です。

例えば嘉風関は今でも最初にご自身で買われたメッシュ・ウィングを愛用されていますが、
今の嘉風関は恐らくかなりのお金持ちのはずですので、
もっともっとハイグレードのマニフレックスを使うことも出来るはずなのです。
けれど嘉風関にとってはメッシュ・ウィングこそがベストのマットレスであり、
「マニフレックスに関しては値段ではない」というのはDDウィングで痛感致しました。

どんな高価なマニフレックスよりも、私はこれが好きです。
テンピュールのような低反発っぽい特徴も感じ取れるのです。

きっとそれは錯覚なのでしょうけどね。
体に合わせて上手に沈み込んでくれて、支えて欲しい部位は浮いてくれる、
この良い意味でのふにゃふにゃ加減がたまりません。

これがさらに柔らかく反発性が強かったりすると、
恐らく私には不快な寝心地に感じてしまうはず。

そういう意味でも本当に自分に合っていると思っています。


うちにあるもう1台のマニフレックス、フィレンツェで表と裏両面を試した感じ、
フィレンツェ>DDウィング>メッシュ・ウィングの順で柔らかいと感じます。
というよりメッシュ・ウィングだけ飛びぬけて硬い。

反発力が最も強いのはDDウィングでしょうか。

ここら辺も好みの問題なのでしょうけど、私には絶妙なバランスです。


これで10年間大きな変形がないのであれば、本当に言う事なし、
最高品質のマットレスです。


唯一の難点はちょっと重たいところくらいですかね。


これは真空状態での持ち運びの時に感じたのですが、
フィレンツェを買ったときよりなんか重たい。

気のせいかな?と思い調べると、重たさが3キロ違いました。

フィレンツェが7キロなのに対し、DDは10キロ。
3キロも変わればそりゃ重たくも感じますね。

厚みは一緒なのですが、素材の違いですかね。

何れにせよ今のところの不満点はそれくらいです。
(不満というほどでもないのですけどね)

後は不思議とマットが違うと枕も感覚が異なってきますね。


DDウィングと同時に私の愛用枕となったエアトスカーナ君を、
トゥルースリーパー、フィレンツェ、DDウィング
3つのマットレスで試しましたが、これもなぜか
DDウィングの時が一番しっくりときます。

正直エア・トスカーナは購入時からそれほど気に入っていたわけではなく、
消去法的な感じで選んだのですが、DDウィングと合わせると、
上手い具合に私好みの高さにかみ合ってくれます。



そんなこんなでDDウィング君、今のところは本当にお気に入りです。

これに勝る寝心地のマットレス、決してないわけではないのですが、
一般的なマットレスは早ければ1ヶ月、遅くても半年で大体変形しちゃうんです。
といっても安いお布団しか経験はありませんけどね。

対しマニフレックスの10年保証という信頼、
ドイツで行われる非常に厳しい規格(8万回プレスしても変形しないというお墨付き)
にも合格している正真正銘の実用的マットレスです。


昨年の夏ごろに彼女が「ここのお布団良さそう」というから
仕方なく付き合ってお店に伺いはしたものの、
正直最初はマニフレックスの事、あまり信用していませんでした。
しかも寝心地も何か体育館のマットで横になっているみたいに硬いし、
テンピュールのような高級感も感じないしで、今一つな印象だったのですけどね。

私自身が元々非常に疑り深く、人も物も中々信用しない性格ですので・・・

しかし半年間間近で見ていて、マニフレックスの実用性の高さは本物!
という信頼が私の中で生まれました。

言い換えれば例えどんなに寝心地が良くとも、
どうせ最初だけでしょ?という疑り深い性格はそのまま残っており、
マニフレックス以外の敷布団はもう買う気がしない、
それくらいの信頼度です。(2016年2月時点で、ですけどね)

半年経っていても本当に微塵も変形しない敷布団(横にある彼女のフィレンツェ)
生まれて初めてでしたので。



私の読みが間違っていなければ、DDウィングに勝るものはありません。

マニフレックスに対しては、愛用者が口を揃えて言っています、
「マニフレックスは明らかに安い!」と。

普通の感覚であれば高価過ぎる部類の寝具メーカーのはずですが、
凄く長持ちするからでしょうね。
長い目で見た場合に、これほどの品質のマットレスを同じ値段で探すのは難しい、
と言われるくらいに絶賛されている話も調べるといっぱい出てきます。

ぶっちゃけ靴でも鞄でも見てくれが良いのがイタリア製、
野暮ったいけど頑丈で実用的なのは日本製という概念を覆してくれます。


まあ、その辺も元々は全く信用していなかったわけですけどね。

これから先買い替えの時期が来たとしても、再度DDウィングを選び、
(10年前に比べ随分と値上がりしたなぁ)というような昔を懐かしむ感じで、
生涯手放せないマットレスになってくれたらと感じています。

DDウィング君、末永く宜しくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。