ワイン 腕時計 革靴 一匹狼の自由人

スポーツ観戦、生き物観察なども好きです。


テーマ:
私は日本のドラマはここ20年見ていませんし今後見ることもないでしょう。
理由は簡単、ゴミしか存在しないと思っているから。
きちんと見たことがないだけかもしれませんが、
小さい頃家のテレビで勝手に流れていたドラマが目に入ってくるたびにそう感じていました。
薄っぺらく何の価値もない。

ですがそんな私が1つだけこれは今こそ放送すべき!と感じている作品があります。
私の中で唯一価値があると認めているドラマ、人間・失格〜たとえばぼくが死んだら。



あのKinKi Kidsのお二人が出ていたという事で、
ファン及び昭和世代は知っていると思いますが今の若い子たちはどうなのだろう。
最初の1分だけでも見てもらいたい作品。

これね、過激過ぎるということで放送禁止にされていますが、
なぜ無価値な内容の薄いゴミを放送してこれを禁止にするのか。
こちらこそ教えるべき素晴らしき教材だろうに。
本当に日本と言う国が如何に低レベルかが伺える。
それだけにこの作品は知って欲しいのです。
人間という生き物の醜さ、負の連鎖、集団の怖さをピンポイントで描いたかなりの良作。
レンタルは可能と思いますし、KinKi Kidsですので入りやすいと思うのです。
人間に限らず生き物とは集団になる事で凶暴さが増し、連鎖してゆく。

後はアレです、人は生まれながらにして悪である。
私のこの考えですが、人間は抑止力を失えば何でもやる生き物なのです。
例えば秋葉原通り魔事件を覚えていますか?
あの時散々騒がれましたが、私から言わせれば、
自称負け組で失うものがない(抑止力がない)人間が、
ストレスで爆発した結果でしょう。

もし私の知人が同じことをやっても私は驚かない、誰しもが予備軍と思っているから。
ただ、殆どの人は何かしら失うと困るものを持っている。
それが家庭だったり財産だったり人により異なってはいても、
抑止力となり犯罪を食い止めているに過ぎない。

そんな予備軍が沢山いそうな秋葉原通り魔事件よりも、
私は同時期に起こったこちらのほうが鳥肌が立った。

直後に秋葉原通り魔事件が起こった事で余り取り上げられず、
両容疑者を比較しどちらがより怖いか?なんて論議も当時行われていましたが、
そんなの言うまでもない、圧倒的に神隠しのほうですよ!

だって・・・



犯行翌日にこの受け答え。普通ではないでしょう。
そもそもまだ部屋に残っている段階でですよ?
秋葉原のほうはもし犯人が自分の知人だったとしても「あ、そう」程度で終わりですが、
この加害者が知り合いだったら、さすがの私でも怖い。

警戒心が人一倍強い私は人を中々信用しませんし、
本当に善人なのか偽善者なのか?をある程度嗅ぎ分ける力は
普通の人よりあるほうと思っていますが、この加害者は何だろう、
善悪以前に狂っていますよね。

ぱっと見は人当たりも良さそうですし、お金持ち。
実際に面倒見が良く仕事で大きなトラブルもなかったとか。
毎日がタクシー通勤でルックスも悪くない方がなぜこのような犯行に及んだのか、
そういったサイコパス的心理に興味はありますが。

しかしこういった特殊な例を除くならば、
人は集団になればいくらでも残忍になる。
だから私は集団が嫌いだし加わらない。

例えばコンクリート事件。あれも狂っているとしか思えないのですが、
犯行グループが当時少年だったという理由で今尚普通に生活している。
その辺りも追々書きたいと思いますが日本の法律はやはりおかしいですね。
コンクリート事件でさえも、
一人一人は実はそこまで悪人ではないのかもしれないですし、
環境が違えばむしろ人付き合いの上手い大人に成長したかもしれない。

一人一人はそれ程でもなくとも集まれば掛け算のように残虐さが増す。
人間・失格というドラマはそこを絶妙なまでに鮮やかに、そして惨たらしく描いた良作。

赤信号、皆で渡ればは怖くないを残虐さに置き換えてみよう。
いじめやその予備軍となる会社生徒学校は沢山あると思うのです。
今だからこそより強く放送すべき良作の紹介と集団心理の怖さでした。
AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。