ワイン 腕時計 革靴 一匹狼の自由人

スポーツ観戦、生き物観察なども好きです。


テーマ:
「髪の毛伸びるの早いねー」
彼女から言われた言葉。

ええ、私は伸びるのがとても早く、
これまで担当していただいた美容師さんからも何度も言われていました。
美容院直後のデート時の写真に比べ、
はっきりと伸びた(と言うよりも元に戻った)感じです。

少々切られすぎて求めていたイメージと異なっても、
直ぐに伸びるからいいやと思える一方で、
カラーは気をつけなければ50日でプリンなのです。





デートの度に髪の毛をスタイリングしてくれる彼女。
この日は緩めのウエーブがかかった感じに仕上げてもらいました。



サイドはこんな感じ。
髪、長くなりました。



そして私が手に持っているのは宮崎マンゴーです。
お手ごろ価格の小さめのものにはなりますが、
太陽のたまごとかでなくとも十分すぎるほど美味な宮崎マンゴー。

最も好きなフルーツ(いえ、食べ物)はメロン!と即答の私ですが、
フルーツ世界選手権があったとして日本代表を選ぶならば、
宮崎マンゴーを推しますし、実際に頂いて嬉しいのはメロンよりも断然宮崎マンゴー。
過去、ブログでも同じ言葉を何度も書いていた気がします。

それでもメロンと異なり、安く大量に食べられるものではないので、
好きなフルーツはやはりメロンなのですが、
宮崎マンゴーは日本が誇る最高のフルーツと思うんですよね。

同じアップルマンゴー種でも外国産と全然違う。

宮崎マンゴーは老若男女問わず幅広い方に喜ばれます。
実際に食べて頂くと殆どの方が香りに驚かれ、
凄く濃厚で嫌味のない甘さと仰られる。

ですが私の彼女はマンゴー恐怖症でして、
マンゴーは最初に食べた時余りに合わなかったようで、
それ以来一度も口にしていないとか。
そのマンゴーは話を聞いている限りでは外国産、
品種もアップルとは異なると思います。

そのマンゴー恐怖症を払拭したく挑戦してもらったのですが、
宮崎マンゴーでもダメでした。

メロンは割りと好き嫌いがはっきり分かれるフルーツですが、
マンゴーも独特の癖があるからでしょうか。
宮崎マンゴーも苦手、という人には初めて出会ったと思います。

残念だったけれど、でも、正直に好き嫌いを伝え合える関係こそ理想。
無理に美味しい、楽しい素振りは長続きしない。

僕らは恋愛感、価値観以外でも感性的な部分も結構似ているのです。
可愛いと思うもの、動物やお魚、キャラクター、
また、美しいと思うポイントも近い。
それぞれが個性、自分自身で納得したい、人の意見には流されたくない、
という強い意志があるのです。

只それはあくまで自分自身に対してのみ。
人に強制をするのはお節介者の典型です。

どんなものを好みどんな生き方をしようがその人の自由なのです。
人の迷惑にさえならなければ好きに生きればいい。
生き方に正しい間違っているなんて存在しないから。
ましてや幸せなんて他人が決めるものではない。

私に対しても、間違っていると感じた事はきちんと指摘してくれます。
彼女の強さの1つであり、惹かれている要素です。

足して豪華に見せるよりも引き算の美に惹かれる二人ですので、
食べ物の味付けなどはシンプルな方が良いのです。

メロンが好き!というのは嬉しい共通点。
でもどうも好きな品種等は異なるようですね・・・(笑)

醤油味、塩味、カレー味(他様々なお味)があっても、
選ぶのは大抵塩か醤油。
ソフトクリームも、ご当地の名産品を混ぜ込んだものは好きではなく
(否定しているわけではないです)
シンプルな牛乳の風味が生かされたものが良いのです。

ですから食べ物も思った以上に合うのですが、
それでもこれは好き嫌いがはっきり異なる!と判明したもの。

マンゴーもですが、カニミソ、ウニは私は大好物ですが、
彼女は食べられません。
まあここら辺は好き嫌いがはっきりと分かれる食べ物の1つではありますね。

共通して好きなものはうなぎや生姜、それから麺の堅さ。

対し、ワサビ、私は好きではないので
お寿司屋さんでもわさび抜きをオーダーしているのですが、
彼女はイメージに反してワサビが大好きなのです。
意外に思われた方が多いはず。

とはいえ、私のワサビ抜きの食べ方を不快に思ったりしない所も彼女の素晴らしい所。

キューリやなすびも大好きな彼女。
なすびは私も好きなのですが、きゅうりの美味しさは分かりません。
好きでも嫌いでもの代表格。
茄子も意外に嫌いな方は多いですよね。

食べ物って、必ず美味しいものや絶対的に正しい食べ方って存在しないと思うのです。

これは美味しいから!美味しいと思えないのは味覚が幼稚だからとか、
本当に良いものを知らないだけという方もいますがそうは思わない。

牛肉が嫌いな人なら最高ランクの神戸牛も合わないでしょうし、
お魚嫌いにお寿司など拷問です。

私は肉じゃがは牛肉は嫌いで豚肉が良いのです。
しかしそれは邪道な食べ方と言われた事もありますし、
美味しい牛肉を知らないだけとか、挙句の果てにはコストの削減のため?とか。

牛肉って、どんなによい物でも独特の獣臭さが強いと思うんだ。
豚にもあるけれど牛の方がより強い。

といっても、ステーキのように焼く牛肉は好きなのです。

煮込み料理に入るのが苦手。
水に溶け込み、また加熱が進むほど獣臭さが増すと思っています牛肉。

対し豚はアグー豚などとても臭みが少なく美味しいです。
しゃぶしゃぶも豚肉が良いのです。

食べ物は合うか合わないかなんだ。
そこに拘りは強ければ強いほうが良いと私は思っています。
自分の食べ物は自分で調理が出来るという前提であるならば。

日本人特有の「調和」集団に属しそこにあわせ個性を消す生き方は大嫌いだ。

欲しくもない物を頂いたとして、時と場合にもよるけれど、
いつも食べられなくて困っているので、と断れず、
「ありがとう」と言ってしまう人が多い日本人。

そうするとあげた側は嬉しいから、欲しくもないものがまた届く。
お返しにも気を遣う意味のない風習。

ありがた迷惑、そっとしておく思いやりという言葉を知らないんだ日本人は。
お節介者が多い事。

欲しくないものを頂いたならばはっきりと意思を伝えよう。
気持ちは嬉しいのだけれど、これは好みではなくてと。
辛い時はそっとしておく、あれこれ聞くより本人が自分で納得しないと意味がない。
そのために必要なのは時間なのだ。
見せ掛けの付き合いや笑顔って気持ちが悪い。

食べ物に限らず何でもこだわりの薄い人は嫌い。
何が楽しくて何のために生きているかさえ分からないですね。

我侭ともとられるけれど、「拘り」と「個性」をとると自分が自分でなくなってしまう。
個性を失った私など、只の私と言う形をした抜け殻。
貴方の好きなように貴方らしく生きて欲しい、
何があっても絶対について行くから!といってくれる大切な大切な彼女。

私は好きなように生きてきて普通の人よりはきっと少しだけ恵まれた生き方、
そしてほしい物も手に入り、最高の彼女もいます。
でもこれは私が人と異なる生き方、個性を失わなかったから。
普通の道を歩んでいたならば、きっと私は今とても不幸だったか、
或いは自ら終止符を打っていたそんな気がします。

食べ物はね、温度一つにしても、適温というのは中々難しい。

私は熱い物はとことん熱く、火傷しても文句はないから、
というくらいとりわけ汁物系は温度も気にするタイプなのですが、
あくまで自分の味覚では、ですからね。

猫舌で熱いものが苦手と言う方も多々いますし、
食べ物はやはり各々が好きな食べ方で、
でも同じ時間に同じ場所でお話をしながら楽しく食べたい。

だけど彼女以外とは食べたくない。
一人で食べると美味しいものもわいわいがやがやでは味わう以前に不快で。

共通する好きな食べ物があれば尚良いですが、
一緒に食事をする時間、デザートを食べている時間が幸せです。

例えコンビニのプリン、塩分の塊のコンビニおにぎりであってもね(笑)

暑さとやらないといけない事が沢山でお互いに疲れ気味な日々もありますが、
励ましあい頑張っています。

私が人に言い難い相談も優しく聞いてくれる、的確なアドバイスをくれる。
違う事は違うといってくれる彼女には本当に感謝。

同じ言葉を以前にも書いたかもですが、最高の恋人であり理解者。

もう少しでつかめる幸せに向け、夏ばてに負けずに頑張ります。
ブログの方はしばらくは更新は出来ないと思います。多分。
イベントや行事で忙しいであろう8月、
仲良くしていている方々、夏ばてに気をつけて素敵な夏をお送り下さい。

AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。