ワイン 腕時計 革靴 一匹狼の自由人

スポーツ観戦、生き物観察なども好きです。


テーマ:
絶妙なタイミングで、食べごろの素晴らしいメロンをゲット出来ました。

メロン中毒の私には、今の時期(8月)最高と思っているのが、
この、北海道産らいでんメロンです。



価格帯はメロンとしては中間的な位置付けと思うのですが、
通常1000円から1200円ほどでしょうか。

馴染みのお店で、こっそり破格値680円で頂きました。
写真には写しきれませんでしたが、11個買いました。

11という数に特に意味はなく、残っていた在庫を全部買い占めると、
その個数だったわけですが、今の季節の美味しいメロンは限られており、
今年はなぜかスイカが非常に高く、困っておりましたので助かりました。

私の場合、大量買いする客ですので、時々そんなサービスをしてくれます。


私にとってメロン10個や11個くらいは、
その気になれば1日で食べきれる量ですので、らいでんメロンはいくらでも欲しいのです。


そして、メロン中毒の私が、色んな産地のメロンを食べ比べ、
今のこの時期にお勧めなのもらいでんメロンなのです。

8月以降に買うのであれば、メロンは北海道の物が良い、
これは間違いないと思うのです。

逆に6月の出始めの時期でしたら、熊本産が非常に美味しいのですが、
今ならばメロンは北海道、スイカは秋田辺りが旬を迎えていると思います。


北海道のメロンといえば「夕張メロンでしょう」と仰る方も多いでしょうが、
はっきり言います、贈答用の高ランクの夕張メロンは別として、
1000円やそこいらで並んでいる夕張は名前だけで、
言うほど美味しくありません。

かといって500円から800円ほどのアンデスメロンやタカミメロンも、
正直値段なりです。


こちらのらいでんメロンは、光センサーで糖度を測り出荷されていますので、
食べ頃さえ間違わなければ、非常にジューシーで糖度もしっかりとあります。


元来、夕張メロンや静岡産マスクメロンは高級メロンですので、
高級なお値段がついて当たり前のメロンなのです。

それが1000円前後で売られているとしたら、
余程運良く売り切りたいセール品にでも出くわさない限り、
本来の高級感はあまり感じられないと思います。


かといって、このらいでんメロンが格段に美味しいか?といえば、
さすがにランクの高い夕張メロンには負けてしまいますが、
そんな高いメロン、普通は自分用には買いませんよね。

コストパフォーマンスという意味では、
1000円前後で売られている今の季節のメロンの中では
このらいでんが一番と思います。

もしそれが、食べごろが近いってことで700円くらいで売られていたなら破格です。

お尻の部分を触ってみて、余りに柔らか過ぎるようですと、
じゅくじゅくの可能性があるので避けたほうが良いですが、
適度にやわらかいものはむしろ今食べて美味しい証ですからね。


私は、果物売り場でメロンを大量に買っていることもあり、
時々おばちゃんや主婦の方から聞かれるんですよね。

「このメロンそんなに美味しいの?」とか。

この時期ならばきっとこれが美味しく食べごろも近いと思いますよみたいな感じで
自分なりのアドバイスをさせて頂いていますが、
もう1つ美味しく食べるコツは、メロンは逆さの状態で保管していたほうが甘くなります。

お尻部分を上にした状態で常温で保管。

なぜならば、メロンはお尻部分が最も熟しており糖度が高いため、
そこを上にする事により、全体の甘みも増すのです。


今年は7月中旬以降、中々お値打ちの果物がなく困っておりましたが、
久々の大収穫です。

オリンピックの開会式を見ながら美味しく頂きます。

北海道の農家の皆様、今後も美味しいメロン、宜しくお願い致します。
AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。