Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:
怖がらずに勇気を出し履いてお出かけです。



初のジョン・ロブ、お部屋に飾って箱入り娘にするよりは、
「いっぱい履いてあげてください」との購入時のお言葉を信じ、
今後は定期的に使っていきたいと思います。

最高級靴ならではの履き心地等はまだ理解出来ていませんが、
やっぱり「足元だけですが」もう信じられないほどに美しく、
これを履いているだけで何でもない場所でも楽しくなりますね。

強烈な色気、妖しい輝きを放つ魔法使いのような靴です。
自然光に当たるとこれだけ明るいお色も、室内ですとちゃんと落ち着いてくれるのです。



履いた初日から傷みがない!革靴は今までそこが悩みの種でした。
これが後々を考えると良いのかどうか分からないですが、
最初バックル部分が少し硬く、一番緩い穴で止めていたのです。







これだとせっかくのスマートさが台無しですし、変なシワが入りそう。。。

試着時には真ん中の穴で止めて頂いたのですが、
自分で調整しようとした際、少し硬く引っ張ると革を傷めそうで、
そこら辺も伺ってみたのですが、直営店店長様のお言葉、
「ジョン・ロブの皮は頑丈ですので、強く引っ張って頂いて全く大丈夫です。」
そのお言葉通りにしっかりと真ん中の穴まで持ってきましたが、
履いていて全然痛くないですし、何よりもこのシャープ感。





場所によりお色が変わるのもうきうき感マックスです。

そして英国靴はぱっと見は割りとごつめの物が多くても、履くと驚くほどにスマートで、
これはロブに限らずエドワード・グリーンのチェルシーを履かせて頂いた際にも感じました。
英国の靴技術って凄いです!

小汚い格好でジョン・ロブの靴というのは明らかにアンバランスなのですが、
私が行くような場所に、ジョン・ロブを知るような方はほぼいらっしゃらないはずなので、
個性的な靴だなぁ程度にしか思われないはず。

そのような変わった靴を履いている方は多々いらっしゃるはずなので、
あまり気にせず怖がらず、週1くらいで履いていきたいと思います。


そして何より、この靴があれば、新たに(実用靴以外での高級靴)が欲しくなった際、
これを履いて行ってそれでも尚惹かれるかどうか?
そういった判断材料にも使えそうですね。

最大の問題は雨が降ってきた時、、、ですが、
履き続けていく限り避けようのない問題ですので、
余り神経質になり過ぎないように適度に使用していきたいと思います。

履いているとどうしても入るシワなど、
細かいところまで気にしていると使えないですし、
靴は履いてこそ輝くもの!ですしね。

最悪どうにもならなさそうな時には、
直営店に持っていけばロブのリペアはしっかりとしているはずですし何とかなるでしょう。
何よりも病み付きになるようなこの美しさ、本当に買って良かったと思える、
宝石のような美しい靴デビューでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。