Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:
今回の記事、色んな方面(時計やらワインやら食料品やら)、
ごちゃまぜの内容ですが、一応来年に欲しい物続編です。

腕時計(ラング&ハイネ)の価格改正後のお値段が確定し、
その上げ幅に驚愕している有様です。

想像はしておりましたが、値上げ分だけで
普通のノートパソコンならば、軽く1台買えるほどとは、
凄まじい価格改正です。

高級腕時計の場合、数パーセントの値上げでもこのように半端ないため、
購入のタイミングが難しいのですが、
これらは決して儲けを優先するためではなく為替の影響ですので、
腕時計に限らず輸入品のありとあらゆる物が値上がりしています。
そしてこれからも上がり続けると思います。

時計はあのタイミングで購入しておいて良かった、と思えると同時に、
来年に欲しい物の一部は、本気で買い時を考えないと、、、と感じております。


もしかしたら今最も惹かれている商品、
マニフレックスも値上がりするのでは?という危機感ですね。
こちらは早かれ遅かれもう1つ買うつもりですので、
直前のタイミングで値上がりされちゃうと本気で困ります。

寝具について色々と調べ始めたのはつい最近ですので、
もう既に価格改正が何度も行われているのかもしれませんが、
輸入品、特にユーロ圏のものの値上がりは酷い有様で、
生活必需品の1つとなりつつあるパスタやトマト缶、オリーブオイル、
こういったものでさえも3、4年前に比べると大きく値上がりしています。

国産品でも「うなぎ」の高騰は異常ですね。

バリラやディチェコのパスタなどは、
安くて美味しいということで重宝していたのに、
今や驚くほどに高くなりました。

昔は欲しい時にあまり値段を気にせず買えていた物が気軽に買えなくなった、
本当に悲しい現実です。

他、私が唯一食べられるチョコの1つ、
リンツ(カカオ85%)なども、ほんの数年前までは、
正常石井で400円しなかったと思うのですが、滅茶苦茶に高いです。

リンツ エクセレンス・85%カカオ 100g☆1万円(税別)以上お買い上げの方は送料無料☆

¥573
楽天

ここら辺は食料品ですので、偶然安い時に買い溜めしておくというのも難しく、
昔から大好きだったカルディを訪れる度に値上がりに嘆く日々が続いています。



そして、ここ2、3年楽しみにしていたワインの福袋、
毎年何かしらを購入していたのですが、
多分今年は買わないかな、そう感じるほどにお値段が宜しくありません。

昨年も購入こそしたものの、高額なものは買いませんでした。

きっとこれらにはお店側も頭を悩ませているのではないでしょうか。
魅力的なセットが組めない上、昨年、一昨年の内容と比較されますからね。


時折メルマガで送られてくる内容に唖然とします。

シャトー・ポンテカネの2009年が4万円!?

数年前なら5大シャトーどころか、
DRCのエシェゾーくらいなら買えていそうなお値段です。

同社の2005年が1万5千円前後で売られていた事を考えても、
今のお値段は明らかに異常です。

もうボルドー、ブルゴーニュの高級銘柄を買うことは以後ないかもしれませんね。


勿論、「欲しい時が買い時」という言葉通り、
昔の事をあれこれ言っても仕方がないのは分かっています。

ただ、自分が興味を持っていた分野である程度お値段なども追い続けている物の場合、
正直に言って、輸入ブランドで今魅力的な商品って殆どありません。

品質そのものの良さは理解していても、
尋常ではないほどに値上がりしすぎた感が強すぎるからです。


そういった事実を踏まえると、マニフレックスにせよ、
高価な革靴にせよ、悠長に構えている場合ではない気がしました。

買うなら買う、買わないなら買わないで、早めに決断したほうが良さそう。


逆に今後は今までは高く感じていた「国産品」
「Made in Japan」に魅力的な商品が増えてくるかもしれません。

ですので今現在憧れている革靴、
こちらも上質な国産品も調べていきたいと思っています。


先日ジョン・ロブさんを訪れて感じた事、
靴完全素人の意見ですので間違いだらけの内容と思われますが、
同じくらいのお値段を出すのなら、
正直、国産でビスポークしたほうがという気もしました。

それでもヨーロッパの一流ブランドに惹かれてしまう理由、
それはやっぱり伝統国ならでは強みといいますか、美しすぎる革質ですね。

この部分に関しては、やっぱり大昔から存在する
革専門ブランドには敵わない気がします。
餅は餅屋でという言葉通りですね。
専門職はその分野に関してはやはり強いです。
そしてその言葉の意味も30代になりようやく理解出来ました。
靴の技術は勿論のこと、革質そのものにも定評のあるブランドであれば尚更です。
(他、前回記事に致しました接客内容も、ロブさんは飛びぬけています。)

恐らくこれ(革質の違い)は、実際に触れて比べてみると、
私レベルの素人でも違いが分かるほどの差ではないかと感じます。


その辺、写真ではやっぱり分かりにくいのですけれどね、
お店に訪れて初めて分かる良さな気がします。

それくらいにジョン・ロブさんとベルルッティさんの革質には惹かれてしまいました。

正直に言って、履き心地とかそういった違いは未だ全く理解出来ておらず、
魅力を感じる理由は革、まさにそこです。
ただその部分があまりにも大きすぎるというか、一目惚れしてしまうほどで・・・



こんなにも上質な革を揃えているブランドには出会ったことがない、
そう思えてしまうほどに格が違っておりました。

とはいえ、これらも自分は「一昔前のお値段を知らないため」
惹かれて止まないわけですが、きっと軽く1.5倍は超えているのでしょうね・・・



そして様々な分野で色んな物を見比べ感じる事、
最初に書いたことと矛盾していますが、
いくら値上がりが激しくとも、
他では真似できない強みというのは確実に存在すると感じます。

寝具でもマニフレックス風、テンピュール風の国産品は数多く存在しますが、
店頭でいくつかを試し感じる事、
まがい物とまで言っては失礼ですが、本家と類似品はやっぱり違うんですね。

マニフレックスは掛け布団は一切作らず、
「うちは支える方のお布団専門ブランドだから」という言葉通り、
一貫して敷布団のみを生産し続ける専門職だけのことはあり、
その誇りと自信は使っていてしっかりと感じ取れます。

一般的な敷布団は半年も使えば腰の辺りが凹みますが、
そういった変形が微塵もないのですね。ここ驚きました。
「長期的に見るならば、絶対にお買い得な買い物」と感じます。


寝具、ワイン何れもが伝統ある会社はやはり偉大で、
例えばいくらブルゴーニュワインが値上がりを続けようとも、
頑固として離れようとしない固定ファンがいるのも、
やはり明確な理由があるから故と感じます。

2年3年前の2倍近く出してでも欲しい!と感じている、
決してお金持ちではない普通の人(熱烈なファン)が存在しているわけですからね。

私はワインが好きでもそこまでの拘りはないため、
似たような品質で少しでもお安いものを探していますが、
今現在最も惹かれ、昔のお値段も知らない革靴に関しては、
最上ブランドの物に強く惹かれております。

惹かれる要因の9割が、デザイン製法云々より「革の質感」ですけどね。
製法とかそういったものの違いを理解できるレベルには程遠いので・・・


とはいえ、ベルルッティに訪れた際などは、
高額なのは覚悟していたとはいえ、想像以上のお値段に驚きを隠せませんでしたが、
他社では出せない完全オリジナル革製品であることは痛感致しました。


今のところ欲しい物リスト、第1位がマニフレックス寝具、
第2位が上質な革靴で、この2つが他(ワインも含め)を引き離し断トツですので、
可能な限り早めに決断し、健康には悪影響のお酒にかかる費用を、
そちらにまわせたらと考えております。

これまでは最も欲しい物リストの第1位は常に腕時計で、
然しながらあまりにも高額すぎて決断には至らなかったのですが、
こんな風な心境の変化が生まれたのも一生物の1本に出逢えたからと思います。
自惚れと言われても、ヨハンは世界一端正で、
青の似合う飽きのこない最高の工芸品です。



出来る限り早く若い年齢で最上の物を手にすることが、
あがりへの一番の近道なのは間違いないですね。
今は腕時計への興味は変わらずとも、物欲はほぼ解消されました。

今後は「餅は餅屋で」の言葉通り、安いものは別にして、
それなりに高額なものは、全てそれ専門のブランドのみで揃えたい、
そんな風に思っています。

間違っても有名ブランドが「ついでで作っているもの」
「ロゴが乗っかっているもの」だけは買わないようにしたい。

来年は寝具、革靴などの記事を増やしていけたらと思っておりますので、
その方面にお詳しい方、興味をもたれていらっしゃる方々、
是非是非コメントください。


来年もよろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。