Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:


Juria's cafe


シャトー・ド・ファルグ2005


これ格別です。



以前彼女のお誕生日に一緒に飲んで、


とても感動したワインだったのですが、


安くなっていたので4本ほどまとめ買いしたのですが正解でした。



9000円ほどです。


貴腐ワインとしては決して高すぎる値段でもないですし、


値段以上の価値ありです絶対!



ド・ファルグは長年かの有名なシャトー・ディケムと


同じオーナーが所有していました。


(過去形になっているのは、


今はディケムのオーナーが変わってしまっているため)



なので醸造法も味わいもディケムに非常によく似ています。



で、2005年という当たり年で、


ほんと素晴らしいワインです。



矛盾している言い方ですが、


とっても濃厚でリッチな甘みがあるのに、


決して甘ったるくなく軽やか。



口に含んだ瞬間に、


嫌味のない甘味が口全体に広がりますが、


後味はすっきりしています。



これは見つけたら是非お勧めしたいワイン。


ワイン好き問わず特に女性には大変受けはいいと思います。



ただ、以前に2002年のド・ファルグを飲んだときは、


完全に期待はずれだったので、


ヴィンテージには注意。



少なくともこの2005年は自信を持ってお勧めできます。


2001年ならきっともっと凄いのでしょう。



個人的にソーテルヌの甘口ワインは、


ディケムやド・ファルグやクリマンあたりを除くと、


補糖をしているとしか思えないような


変な甘ったるさがあって好きではないのですが、


シャトーとヴィンテージを選べば大当たりがありますね。



ドイツやオーストリアの上質な貴腐は


ソーテルヌでは出せないような気品がありますが、


すごーく高いですから。


1万円前後で買えるド・ファルグは優秀だと思います。


お試しください。



他にも色々買いました。




Juria's cafe


グロ・フレール・エ・スールと


アンヌ・フランソワーズ・グロのリシュブール。



兄弟が作るリシュブールなので、


比較が楽しみ。


1万5千円と2万円くらい。




Juria's cafe


カルミン・デ・ペウモの2007年と2008年。


共に1万円くらい。


通常は2万円くらいする


チリで最も高価なワインのようなので、


年内に1本飲んでみたい。




Juria's cafe


レオヴィル・ポワフェレとローザン・セグラの2009年。


僕自身有名銘柄はまだ飲んでないのでなんともいえませんが、


ボルドーの2009年は、ワイン誌や評論家の評価では、


2000年や2005年を凌ぐ世紀のヴィンテージだとか。



ポワフェレのほうはパーカーが100点満点をつけています。


飲み頃まだまだ先でしょうけど、


共に1万円くらいで買えたので、


とりあえずキープ。




Juria's cafe


グロ・フレール・エ・スール・ヴォーヌ・ロマネ2010.


先ほど紹介したグロ・フレが作る村名ワイン。


特級リシュブールとほぼ同じラベルですが、


値段は5分の1くらいの4000円ほどです。


(村名と特級ワインの違いなどは、


説明すると大変長くなるので


興味がある人は検索かけてみてください。


判り易く解説してあるサイトいっぱいでてきます)



村名ながらとても丁寧に作られている印象。


この作り手、ベルナールさんは、


下のラインナップでも手を抜かず


まじめに作っている感じがします。


酸が綺麗です。



ヴォーヌ・ロマネでこれくらいのクオリティがあるなら、


この人が作るリシュブールならきっと素晴らしいだろうと感じました。


リシュブールとしては根付けも良心的ですしね。


お勧め。




Juria's cafe


ペスケラ・ミレニウム2002。


8400円。


ペスケラは大好きなワインなので、


美味しいことは美味しいのですが、


このクオリティなら普通のレゼルヴァで十分な気がします。


コスパよくありません・・・




Juria's cafe


ケンダルジャクソン・グランドリザーブ。


4000円くらい。


典型的なカリフォルニアのカベルネといいますか、


荒削りな部分が目立ち、


色んな要素が強く暴れん坊なワインですね。



ワインそのものよりも、


キッコーマンが輸入していたのが驚きでした。




Juria's cafe


オルマ2007。


トスカーナ産5000円くらい。


カベルネフラン、メルロー主体、


サッシカイアやオルネライアに隣接しており、


評論家の点数も結構高いので買ってみましたが、


これ、2000円くらいの普通のボルドースタイルのワインと


なんら変わらなかったです。



個人的にトスカーナのボルドー系ワイン、


あまり辺りがありません。


オルネライアは美味しかったですが・・・




Juria's cafe


オーボンクリマ・ノックス2009。


4500円ほど。


これは美味しかったです!



果実味がとても強く、


チェリーやフランボワーズのような香り。


とてもフルーティで甘みもあります。



ブルゴーニュのピノとは全く別物ですが、


自分は好き。



きっとブルゴーニュに強い拘りがない方であれば、


美味しいと感じると思います。


逆にピノは絶対にブルゴーニュ!という方には、


絶対にお勧めしません。



あとは画像取り忘れですが、


南アフリカのハミルトンラッセルというワイナリーが作るピノ。



5000円ちょいくらいで、


南アフリカ産としては結構高価ですが美味しかったです。



こちらは上のオーボンクリマとは違い、


ブルゴーニュに近い感じの、


エレガントで複雑味のあるピノでした。


お勧めできます。



話変わりますが、やっとナダルが復帰しました。


VTRオープン準優勝。



7ヶ月も離脱していたのに準優勝は立派な結果だとは思うのですが、


残念。



長期離脱していたので仕方ないにしても、


クレーコートでナダルが負けたというのはやはり驚きです。



全仏までまだ時間はあるので、


膝の状態、ベストとはいかなくても、


気にせず戦えるくらいの状態にまでは回復してほしい。



美味しいワインを飲みながらテニスを見られるのはほんと幸せ。


今はロッテルダムを見ています。


小さな大会であっても


CLのユナイテッド対レアル戦に関心がなくなるほどに、


テニスは面白い。



今週末は、


順当にいけばデルポトロ対ガスケ、


フェデラー対デルポトロが見られそうですね。



フェデラーデルポトロ、このカードは去年かなり多く見た気がしますが・・・


それでも凄く楽しみです。


あーまた寝不足になりそう・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。