Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:

入手困難な人気銘柄、


アルマン・ルソーのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ2009年


ゲットしました。




Juria's cafe



Juria's cafe



某百貨店で購入。


44100円。


正規品です。



2008年のルソーのシャンベルタンとクロ・ド・ベーズの定価が、


2万円後半だったと思うので、


高くなったなぁと思いつつも、


この機を逃すとこの値段では購入できないだろうしね。



酸不足など賛否両論の声はありますが、


2009年のブルゴーニュはなかなかの良年らしく、


それによる価格上昇なのでしょう。


にしても高い。



とはいえ、ブルゴーニュの一部の人気銘柄は、


定価で購入するのが一番安いのです。



ブルゴーニュはボルドーなどに比べ生産量が少ないので、


並行品のほうが正規品より高くなる銘柄がいくつかあります。



ルソーのクロ・ド・ベーズは楽天の最安値でも7万円超え、


シャンベルタンのほうも欲しかったのですが、


そちらはすでに誰かに買われた後でした。



この手のワインは投機や転売目的の人も狙っており、


クロ・ド・ベーズもネットのオークションで6万円近い値がつきます。


要するに定価で購入し、


そのままネットに流すだけで1万円くらいの儲けが出る、


そういうワイン。



なので先にシャンベルタンを買った人がそういう目的ならば、


このクロ・ド・ベーズも店頭になかったわけで、


そこは運がよかったのかも。



通常、デパートのワインは


小売店と違い全て定価なのであまり魅力的ではないのですが、


逆にこの手のプレミア銘柄もそのまま定価で出してくるので、


そこが狙い目なのです。



稀にですが、


ロマネコンティも定価(30万くらい)で


売りに出されることもあるそうですよ。


秒殺で無くなるようなので


僕はお目にかかったことはないですが・・・



話を戻しますが、


このアルマン・ルソーという作り手は、


僕が大好きなデュガ・ピィと同じ、


ジュブレ・シャンベルタン村を本拠地とするトップドメーヌで、


特に日本で絶大な人気があります。



販売と同時に一瞬で消え、


プレミアが付くワインとしても有名。


見つけたらすぐ買え!が鉄則です。



とはいえ、ルソーのワインなら何でも人気があるわけではなく、


売れ筋は決まっているのです。



ルソーはシャンベルタンとクロ・ド・ベーズを筆頭に、


リュショット、マジ、シャルムなど多くの特級畑を有していますが、


店頭からすぐに消えるのは決まって3銘柄、


シャンベルタンとクロ・ド・ベーズとクロ・サン・ジャックです。



シャンベルタンとクロ・ド・ベーズは


ジュブレ村の特級畑の中でも別格的な扱いなのですが、


クロ・サン・ジャックは特級ではなく1級の畑。



ただルソーの場合、


特級畑のマジやシャルムはおろか、


モノポールであるリュショットよりも上の扱いです。



で、よくいわれるのが


この看板的3銘柄とその他の銘柄の落差。



自分は全てを飲んだわけではないので確かなことはいえませんが、


ルソーのシャンベルタンは本当にすごい。


エキスが凝縮された芸術的作品。



しかしシャルム・シャンベルタンや、


村名ジュブレ・シャンベルタンははっきりいって凡庸なのです。



つい2週間ほど前、


ジュブレ・シャンベルタン2008を飲みましたが、


美味しいといえば美味しいけれど、


個性が薄く、


1万円近く出してまで飲むものではないと思った。



僕のお気に入りの蔵、


ドメーヌ・デュロシェのラヴォー・サン・ジャックのほうが上。


値段もルソーの村名の半額。



特級シャルムでも同じ。


ルソーの3部作以外の銘柄は、

一級品といえるような品格はあまり感じない。


それが正直な感想。



シャンベルタンは文句のつけようがないほどに美味しいのだから、


シャルムやマジも本気で作れば良い物ができそうなのに・・・



ルソーのワインは2008年ものの場合、


シャンベルタンとクロ・ド・ベーズが2万円後半、


クロ・サン・ジャックが2万円、


リュショット1万円後半、


シャルム、マジ、クロ・ド・ラロシュ1万円前半から1万5千円、


だいたいこんなもんだったと思うけど、


例のごとく上記3銘柄はすぐに消え、


逆に他の銘柄は年が空けても残っていました。



シャルム・シャンベルタンなんて、


挙句の果てにはセール品として10500円で売りに出される始末。



結局のところ、


美味しいかそうでないかなんでしょうね。



あとは値段も、


デュガ・ピィやクロード・デュガに比べれば安いですからね。


両デュガのシャルム・シャンベルタンが4万円もすることを考えれば、


シャンベルタンを3万円前後で出してくるルソーは


(ブルゴーニュのスタードメーヌの中では)


ある意味良心的なんでしょう。



個人的にジュブレ村最高の作り手は、


味、値段共にデュガ・ピィだと思っていますが。



しかし気になるのはクロ・ド・ベーズのテロワール。



シャンベルタンとクロ・ド・ベーズは格としては同等で、


ジュブレ村最高の特級畑と言われていますが、


歴史的は経緯だと、


ベーズ修道院という教会が管理していた


クロ・ド・ベーズという素晴らしいワインを生み出す畑の横に、


ベルタンという農夫が畑を買い取ったことが始まりでした。



そこでも同様に素晴らしいワインが生まれ、


ベルタンの畑、


シャン・ド・ベルタンと呼ばれるようになったのが


シャンベルタンの語源。



そしてシャンベルタンはナポレオンが好んだワインとしても有名で、


それもあり名前はシャンベルタンのほうが売れています。



ジュブレ村の特級畑や1級畑は、


何々シャンベルタンとか


シャンベルタン何々という感じで、


シャンベルタンの前後に畑名がつくものが多く、


それらは1つを除きシャンベルタン程の格はないため、


クロ・ド・ベーズもその辺と同様に格下の畑と思われやすい。



あとは作り手も質もあると思う。


シャンベルタンはルソーの他に、


ルロワやデュガ・ピィといった一流ドメーヌが作っているのに対し、


クロ・ド・ベーズはルソー以外に


スターと呼べるほどの作り手がいない。


ゆえにどうしても地味に感じてしまうんでしょうね。



ルソーはシャンベルタンとクロ・ド・ベーズ、


両方を出しているので飲み比べるのが一番なんでしょうけど、


お金がね・・・


どこかの試飲会ででも試せるきっかけがあれば良いのですが・・・



あとちょっとした発見なんですが、


ルソーのワインには4種類のラベルがあります


シャンベルタン専用ラベル


クロ・ド・ベーズ専用ラベル


クロ・サン・ジャックとリュショット専用ラベル


その他の銘柄用のラベル



ここまではワイン好きなら誰でも知ってることだと思うのですが、


面白いのはラベルではなくボトルです。



ラベルで見た場合、


リュショットはジャックと似た感じのラベルなので、


特別扱いな感じがしますが、


ボトルの形状が違うのです。



シャンベルタンとクロ・ド・ベーズとクロ・サン・ジャックは


他の銘柄とは少し違う専用のボトルに詰められています。


ゆえにドメーヌ側もこの3つは特別扱いなのでしょう。



前々からそういう話は聞いていたのですが、


店頭に並んでいたジャックとリュショットを実際に見て、


なるほどーと思いました。



そういう細部の違いまで見ていると、


ワインって面白いなーと思います。



話が変わりますが、ユーロがすごく面白い。


あれほど強かったドイツが、


こうもあっさり敗れるとはね。



プロの方々がドイツの敗因を分析していますけど、


純粋にイタリアが強かったんだと思う。



優勝候補筆頭のスペインも


ポルトガル戦が散々だったので、


イタリア優勝も十分にありえるね。



というか、スペインからすれば、


イタリアよりドイツのほうがやりやすかったはず。


決勝はスペイン対ドイツで、


スペインの優勝を僕は予想していたのですが・・



イタリアは大きな大会でトーナメントまで進めば、


PK以外ではなかなか負けないからね。


スペイン優位は変わらないものの、


一筋縄ではいかないだろうなぁ。



明後日の決勝戦が、


歴史に残る名勝負になることを期待します。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。