ワイン 腕時計 革靴 一匹狼の自由人

スポーツ観戦、生き物観察なども好きです。


テーマ:

メロンを買いました。



Juria's cafe


中型のメロンが6個届いて、


全部で3980円です。


糖度の高い赤肉メロンだそうで、


1個600円ちょい、


すっごく安いでしょ叫び



本来は贈答用のメロンですが、


見た目の悪い分けあり品らしいんです。


でも見た感じとても綺麗だし、


味に影響があるわけではないので、


こういうのはスーパーで買うより断然お得ですよね。



ネットで分けあり特価と書かれた食品を買って、


期待はずれだったことってあまりないしね。


たいていがスーパーのものより安いか同じくらいかで、


味はずっと美味しい。



最近はワインなんかもネットで購入しています。


家電や本など、


見た目や保存状態を特に気にしないものであれば、


以前から安ければネットを使っていましたが、


ワインにはずっと抵抗がありました。



なにせワインは保存状態が命ですし、


商品を自分の目で直接見られず、


お店の保存状態も分からないところで買うのは、


とてもリスクが高い。


なので高いワインは買うべきではないと思う。



百貨店で4万円で売られてるワインを、


ネットで3万円で1万円安く買ってきても、


飲んで状態が悪かったのでは、


安物買いの銭失いになる。



だから高額のプレミアムワインは、


多少高くても安心できるワインショップ


ないしは百貨店で買う主義です。


リスクを考えるならそれが正しいと思っています。



だけど逆に安いワインであれば、


別に状態をそこまで気にしなくて良いし、


ネットのショップの多くは実店舗を持たない分、


とても安いんですよね。



元から安いワイン、


スーパーにあるような安いワインを必死に宣伝して


凄そうなワインに見立てて売るところもありますが、


こちらに多少の知識があれば、


なかなかの掘り出し物、

あ!これは安い!ってのを結構見つけられるようになりまして、


通常2000円前後のワインが1000円、


5,6000円するものが3000円とかだと迷わず買っています。



それで状態が悪く劣化していたとしても、


高額な買い物をしているわけではないので諦めがつく。


最初からリスクを背負って安く買っていると考えれば、


気落ちすることもないしね。



なので最近は安いワインは殆どがネットで購入、


高いワインは百貨店、


ないしは信頼のおけるワインショップで買っています。


こうやって使い分ければ非常に便利。



でも、危険な部分もありますよね。



ネットショッピングって便利ですけど、


トラブッタときがとてもやっかい。


以前布団を買ってとても嫌な思いをしたので、


管理体制が相当杜撰なところも多いんだろうなぁ。



その布団のお店、


店の名前を公表する気はありませんが、


呆れるほどにひどいものが届きましたよ。。。



最初店側の手違いで到着が大幅に遅れた上に、


さんざん待たされた挙句到着した布団は、


埃とかそういう匂いではなく、


明らかに誰かが使用して返品したような、


生臭いとにかく強烈な悪臭がしてました。



梱包もいい加減だし、


即返品しましたが、


損害がなくてもとにかく不快です。



それからワインでも、


通常1万円くらいするワインが6000円になっていて、


何本かまとめ買いしたら、


その中に思いっきり吹きこぼれしているものが混ざっていました。



届いたのが仕事に行く前で、


時間がなくろくに検品もしなかった自分が悪いのですが、


こういうのを平気で送りつけてくる店があるから、


届いたら即しっかり検品が鉄則ですね。


後から気づいても泣き寝入りするだけだし。



ちなみにそのワイン、


豪快に吹きこぼれておりましたが、


飲んでみたところ品質には全く問題ありませんでした。


ワインは一概に


吹きこぼれ=中身も劣化しているというわけでもないようで、


健全な状態で保管していても、


吹きこぼれる場合もあり、


そういう吹きこぼれは、


中身には特に影響がないそうです。



とはいえ、そういう商品を


知っていながら送ったのか、


それともろくに検品もせず気づかなかったのかは知りませんが、


いずれにせよ、


平気で送りつけてくるあたり、


管理が杜撰なんだろうな。


安さを選ぶか安心を取るか、


ブランド品や貴金属、


こういうものをネットで買うのは怖いです。


元々ブランド品なんてワイン以外は滅多に買わないのですが、


市場ではなかなか見かけないレア物が結構転がってます。



そしてそういう特別なレアもの、


レアというよりも幻のワイン、


お店で一度も現物を見たことがなく、


ネットを使って無理やりにでも購入しない限り、


きっと一生現物を見る機会なんてなさそうな品


(決して大げさな表現ではないです)


それくらい超希少なものが、


ネットにちらばってます。



どこからどうやって入手してきたか知らないけれど、


一生お目にかかれないような幻のものを、


何本も持っているお店とか、


ちょっとなぁ。。。



こういった希少ワインになると、


正規品よりも並行品のほうがずっと高くなるので、


値段が馬鹿高くて買う気は起きませんが、


売れたかなーとか気になって時々クリックしてしまう(笑)



逆に別にレアではないけれど非常に高価なもの、


DRCやルロワやペトリュスといった、


10万超えがあたりまえのワイン、


(最近だとラフィットもか)


この辺の物は、


ネットで売買されているものは、


半分近くが偽物だとか。


(店が意図的に出しているのではなく、


並行品は色々な業者が絡むので、


偽物が出回る率も格段に上がります。)



ロマネ・コンティなんて、


半端ない数の偽物が出回っているらしい。


ロマネ・コンティは値段は群を抜いて高いけれど


百貨店やワインショップで普通に売られているので、


レアでもなんでもなく現物を見る機会は数多くある。



だから偽物を作っても見慣れてる人が見れば


簡単に見抜けそうなもんですが、


かなり精巧に真似られているので、


概観だけではプロが見ても分からない物も多いらしい。



中国産うなぎなんかと似てますねぇ。


あれも濃いたれをぬるので、


プロが食べても国産と中国産の違いなんて、


殆ど分からないそうです。


元々種類が同じうなぎだし、


むしろ中国産のほうが肉厚で美味しいとか(笑)



なのでDRCならファインズ、


ルロワなら高島屋、


ペトリュスなら日本リカーかエノテカ、


それらの正規ルートのものでない限り、


値段がちょっと安いからと手を出すのはリスクが大きすぎる。


このラインの物は並行品ってだけで疑ってかかっていい。


1つが10万円以上になるので、


偽物を10個売りさばけば100万、


100個売りさばけば1000万の利益になりますからね。



店側も知らずに偽者を掴まされている場合もあるので、


それくらい慎重にしないと後々後悔することになりかねない。



元々自分は他人を信用しないので、


購入後も本物なのかどうか


そういう不安をずっと消せないだろうし、


精神衛生上もよくない。


といってもそんな超高額のワイン、


高くて滅多に購入しない(本当はできない)のだけどしょぼん



でもそんな超プレミアムワインを除けば、


ネットを駆使して上手な買い方をすれば


かなり安く手に入れられます。



元々ワインには定価というか、


メイカー小売希望価格みたいなのは存在せず、


需要と供給のバランスで常にレートが変動するので、


通常2万円前後するワインを


1万円で買えたとか、


そういうのザラです。



とはいえそれで偽物を掴まされたら悲惨ですけど、


偽物が出回るライン、


正確には分かりませんが、


自分は3万円以上がひとつの線だと思っているので、


1万以下の物に関しては、


正規品だろうが並行品だろうが、


偽物を掴まされることはないと思う。



そのラインのワインは


別にコレクションするほどの品でもないので、


正規にこだわる必要も


ラベルの細かな傷を気にする事もない。


中身の状態に問題がなければ、


安いに越したことはない。



同じ店で複数回買い物をすると、


この店はどこのインポーターと付き合いが深いかなども


分かってくるしね。



それらと安いワインや送料無料セットなどを組み合わせると、


本当に安く買える。



最近だと今まで通っていたワインショップで


安いワインを買うことは殆どなくなりました。


品揃えも豊富で値段も安いネットは便利。



トラブッテも諦めがつく範囲内の額で取引すれば、


かなり賢く買い物ができますねー。



いつも寝る前に携帯から見てるんですよ。


そうすると、ついつい安いからといっぱい買ってしまい、


賢い買い方をしているつもりでも、


逆に出費が増えてしまったりと、


魅力的な分使いすぎには注意ですね~べーっだ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。