Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:

フライング一発レッドについて、


賛否両論の声が上がっていますね。



なにせ、決勝で一発退場になったのがボルト選手ですからね。


世界王者になったブレイク選手よりも、


失格になったボルト選手の話題で持ちっきりです(笑)



ボルト選手が失格になって悔しそうな表情を浮かべているとき、


一緒に見ていた彼女が、


記録なしでも走らせてあげたら、


本人も観客も喜ぶのになんて言ってましたが、


そうはいかないんですよ。



それでボルト選手が圧倒的な大差で勝ってしまったら、


2着の王者になるはずの選手の、


威信が損なわれますからね。



で、従来のルール、


誰か一人がフライングをすれば、


2回目以降は全員失格。


これもちょっと不公平なルールだと思う。



他の選手が集中している場でわざとフライングをするような、


スポーツマンシップに反する行為をする選手が出てくる。



一番最初のルール、


各選手ごとに1回まではフライングが許され、


2回目以降が失格というルール。


これも問題があるわけで、


このルールだと、


フライング覚悟でスタートに賭けてくる選手が多くいて、


なかなかレースが始まらない。


極端な話、


8人全員が1回ずつフライングを出来てしまいますからね。



で、個人的に思うのが、


従来の1回目のフライングは警告、


2回目以降は


誰がフライングをしても失格というルールを少し改正して、


1回目にフライングをした選手は、


2回目以降にフライングをした選手がいた場合、


同様に退場させられる。



こうすれば故意によるフライングは防げるし、


進行の妨げにもならない。


最初にフライングをすることによる


ペナルティがしっかり科せられる。



しかしながらそれで即退場というわけではないので、


ある程度のリスクを背負ってでも、


スタートに賭けることもできる。



100メートルの場合スタートが命だし、


スタートで失敗すると、


本命選手でも巻き返しが効きませんからね。


(ボルト選手に限っては遅れても全然問題なさそうですが・・・笑)



多少の心理的余裕は与えてあげても良いんじゃないかと思います。



とはいえ、


1発レッドのルールは公平だし、


今回のボルト選手の失格は致し方ないかと思います。


そしてブレイク選手は正真正銘の世界王者。



しかし、パウエル選手は本当に運がないな。。。



ボルト選手と同じジャマイカに、


アサファ・パウエルという、


世界歴代2位の記録を持つ選手がいるのですが、


この選手、


ボルト選手が現れるまでは、


100メートルで圧倒的な世界記録を持っていながらも、


オリンピックでも世界陸上でも優勝したことがなく


銀メダルすらない。


所謂無冠の帝王と呼ばれる選手です。



パウエル選手はスタートを非常に得意としており、


スタート直後に先頭に立ち、


そのまま加速して逃げ切るスタイルなのですが、


なぜか大舞台の決勝だけ非常に勝負弱い。



準決勝で最後流したタイムより、


決勝のタイムが悪かったりするんですよ。



だけどリレーのアンカーでは恐ろしく早く


(リレーのときの速さはボルトを凌ぐのではないかな)


9秒台を出している回数もダントツなのですが、


どうも並ばれると弱いのかな。



ボルト選手やゲイ選手がいるレースだけ、


並ばれた直後に堅くなり、


記録も順位も悪いです。



今回は結果的にボルト選手もゲイ選手もいなかったわけで、


パウエル選手に並べそうな選手がいない。


本来の走りをすれば、


スタートから先頭に立ちそのまま押し切れたと思う。


本当についてないなぁ。



3位のキム・コリンズ選手なんかは、


自己ベストは平凡で、


決勝に残った8人の中で一番遅いタイムなのですが、


世界陸上では勝負強く、


金メダルも銅メダルも獲得してるんですよね。



2着に入りアメリカの威信を保ったディックス選手も、


何だかんだで勝負強い。


北京のときも3位にしっかり入りアメリカの威信を保ち、


200メートルでも2着、3着の選手が失格になり、


結果的に銅メダルを取りましたからね。



こういう運というか勝負強さも必要なんだなと思う。


というか大舞台では、


単なる速さよりもそういうメンタル面を持ってる選手のほうが


強いんだろうな。



そう考えると、


今夜行われる110メートルハードルの決勝、


リュウショウ、ロブレス、オリバーの3強といわれていますが、


自分は経験とメンタルの差で、


リュウショウ選手が1つ抜けているのではないかと思います。



実力的にはほぼ差はないと思うのだけど、


リュウショウは最後の競り合いに非常に強い。



ロブレス選手は最近不調だし、


オリバー選手も大舞台での強さが不明なだけに、


リュウショウ選手の王座返り咲きの可能性が高そう。



アメリカのリチャードソンという選手もちょっと気になる。


伏兵的な選手ですかねー。



今年の世界陸上は本当に波乱が多いです。


ボルト、べケレという大本命が消えてしまった。



そういえば、僕が彼女と一緒にスポーツを見ると、


なぜか波乱がおきやすいんですよ。



コパアメリカでもブラジルとアルゼンチンが


早々に敗退したもんなぁ。



単なる偶然なんでしょうかねぇ(笑)



しかも大会が始まる前から


有力選手がどんどん消えていってる。



タイソン・ゲイ


アサファ・パウエル


マリングス


ウォーレス・スピアモン


ジェレミー・ウォリナー



たらればをいっても仕方ないんですが、


ゲイ、パウエル、マリングスが出てきていて、


ボルト選手の失格がなければ、


さぞ凄いレースになってたんだろうなぁ。



ロンドンではベルリンを越える歴史的な戦いが見たい!

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。