ワイン 腕時計 革靴 一匹狼の自由人

スポーツ観戦、生き物観察なども好きです。


テーマ:

ボルドーワインフェアに行ってきました。


そこでなかなか美味しいワインを見つけたので紹介します。



Juriaのブログ



ラネッサンというシャトーのワインで、


価格は3150円でした。



もうあえて書くまでもないですが、


僕はドイツワインの大ファンで、


白ワインに関しては、


ドイツが世界一だと思っています。



本当に個人的な考えですけど、


甘口は絶対に、


ドイツに敵うところはないと思います。



良質のリースリングのアウスレーゼは、


蜂蜜のような甘い香りに、


それを引き締める


リースリング特有の強烈な酸味が絶妙にマッチしていて、


一度飲むともう他の甘口ワインなんて飲めません。


他国では絶対真似できない


最高峰の白ワインだと思ってます。



それくらいにドイツワイン大大大好きですけど、


赤ワインに関しては、


贔屓目に見てもドイツは正直いまいちです



ドイツの赤ワインというと、


ピノノワールと交配品種のドルンフェルダーという葡萄が主ですが、


前者はブルゴーニュを真似ている感が強いし、


価格も決して安くない。



後者は無理やり濃い赤ワインを作っている感が否めず、


どちらもあまり好きではありません。


美味しいものはあるのだろうけど、


低価格で良いものには自分は出会ったことがないです。



なので赤ワインを飲むのなら、


スペインワインなんかが好きですけど、


今回ボルドーの色んなワインを試飲させてもらい、


南フランスやスペインワインとの違いを、


何となく感じることができました。



ボルドーというと、


しっかりしていて濃いイメージが強いですが、


南フランスのものに比べるととても繊細で、


複雑な味わいのものが多いですね。


アルコール度数も13度くらいで、


南仏やスペインや新世界のものに比べるとやや低め。



今回買ったシャトー・ラネッサンですが、


まず香りがとてもフルーティなのが印象的でした。



そして開けてすぐの状態でも


舌に刺さるようなきつさがなく渋みも柔らかで、


それでいてしっかり厚みのあるボディで


自分にはとても合いました。



このくらいの価格帯のボルドーだと、


なかなか美味しいものは少ないと思うのですが、


これは値段の割りにクオリティは高いと思います。



例えばスペインや南フランス産の安いワインだと、


濃厚でパワーのあるものが多いですが、


悪い言い方をすれば単純な味なんですよね。


パワーやスパイシーさを全面に押し出しているので、


一口目はとても美味しいと感じても、


何杯か飲んでいると飽きてくるような・・・しょぼん



これは果実味が強くて深いけれど、


とても複雑で色んな味を感じました。


その辺がボルドーらしいというか、


普段飲んでいる赤ワインとは違っていて、


新たな発見があった感じ。



カベルネソーヴィニヨン主体なのに、


こんなに柔らかく作れるもんなんですね叫び



ボルドーについて詳しい方、


コメントいただけると嬉しいですニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。