Juria's cafe

ワイン、腕時計、スポーツ観戦などが好きです。


テーマ:

カリフォルニアワインの試飲をしてきました。


そこで驚いたことなのですが、


値段がやたらと高い叫び



並んでいたものは、


大体3000円から6000円クラスが多く、


それ以下のものもあるにはあるのですが、


比率というか、


全体的にフランスワイン並みに高いなぁという印象。



でも高くても良いものであれば是非ほしいので、


いくつか試飲させていただいたのですが、


正直価格に見合うほどの味かなぁ・・・と思いました。



何種類かそこそこ美味しいワインはあったのですが、


これに4,5千円出すなら、


同価格帯の素晴らしいドイツワインを買います。



ということで、


試飲をしておきながら


買わずに帰ってきました。


ごめんなさい汗汗



でもカリフォルニアワインって、


歴史的には凄いワインなんです。



僕がワインに興味を持つようになったきっかけは、


カリフォルニアワインからでした。



それまでワインというと渋いし苦いし、


飲みにくいって思っていたのですが、


ソフトな口当たりで深みもあるワインに出会い、


それでワインに関心を持つようになりました。




今飲むとそこまで美味しいとは感じませんが、


当時はカリフォルニアのものを好んで飲んでいたので、


カリフォルニアワインについては少しだけ調べたことがあります。



カリフォルニアというと、


位置づけでは新世界に含まれますが、


現在高級ワインに非常に力を入れている国でして、


30年前にパリ対決と呼ばれるワイン対決で、


世界を震撼させた輝かしい歴史があるんです。



そのパリ対決というものは、


1976年にスパリュアという人が


フランスで開催したワイン対決で、


専門家にワインを10本づつ飲ませて


点数をつけるという企画です。



1976年というと、


アメリカ独立200年に当たる年で、


そういうお祭り的な意味合いもあったらしいですが、


当時見向きもされなかったカリフォルニアワインにも、


素晴らしいものがあることを


世界に宣伝することが目的でした。



ただ、カリフォルニアの質が向上していたとはいえ、


フランスと勝負できるなんてことは誰も想像していなかったし、


主催者のスパリュア自身もそう思っていたと語っています。



その時用意されたワインは


赤白それぞれフランス4本、カリフォルニア6本、


赤はボルドー赤対カリフォルニアカベルネソーヴィニヨン


白はブルゴーニュ白対カリフォルニアシャルドネ。



一応ハンデというか、


カリフォルニアを宣伝する意味でも


カリフォルニアワインの本数を4本多くしていますが、


審査員は有名なワイン評論家や


三ツ星レストランのソムリエなど


全員がフランス人でした。



さらにそこに出されたフランスワインは、


ムートンやモンラッシェやオー・ブリオンといった、


フランス一流ワインの中でも特別スーパーなものたちばかりです。


カリフォルニアを宣伝したいけれど、


フランスが敗れるという可能性を0にする意味でも、


万全を喫した感じです。



まず白ワインからラベルを全部隠し


9人の審査員が各ワインを20点満点で審査しました。


誰もがフランス勝利を疑わなかったのですが、


結果はカリフォルニア勝利。



この結果に一番ショックを受けたのはその審査員たちで、


馬鹿にしていたカリフォルニアワインに


自ら高得点をつけてしまったのです。



なので次の赤ワイン対決では、


とにかくフランスらしいものに高得点をつけよう、


もうそうなると純粋なワインの対決などではなく、


自国を勝たせるための不正な審査にも思えますが、


何としてもフランスの威信を守ろうと、


フランスらしいワインを必死に嗅ぎ分け


高得点をつけたものが


またまたカリフォルニアワインでした。



その当時、


ワインといえば今以上にフランス絶対主義の時代で、


そのフランスを無名のカリフォルニアが打ち破ったのは凄いですね。



フランスを勝たせたかったのに、


フランスワインだと思って


カリフォルニアワインを選んでしまった審査員たちは、


今回負けたのは熟成が足りてないからだ。


カリフォルニアは若いうちしか飲めないが、


ボルドーは年数を重ねるごとによくなっていくと主張し、


その10年後に、


同じ銘柄の赤ワイン10本の対決が行われましたが、


そこでもカリフォルニア勝利でした。



さらにその20年後にまた同じ対決が行われていますが、


なんと1位から5位までカリフォルニアが独占しています。



こういう歴史的な背景を考えると、


カリフォルニアワインの高騰も納得できますね。



ただまあワインの好みなんてのは千差万別なわけで、


そのフランス人審査員たちですら、


自国のワインを嗅ぎ分けられなかったのですから、


人間の舌や嗅覚なんて


全然当てにならないものであることが分かります。


フランスを代表する専門家でそれですからね。



でもこの対決で勝利したカリフォルニアの生産者たちは、


心から凄いなって思います。



言うなれば三ツ星レストランの有名シェフたちに、


全く無名のシェフが挑んで勝利するようなものですから。



本来はドイツワインについて書きたかったのですが、


また次の機会に書きます。



AD
いいね!(0)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。