G7

テーマ:
先週も要人発言で、為替では揺れた感がありました。
元切り上げになる?ならない?
わざと発言して、自分たちで儲けてるんじゃないの?
って思ってしまいます。
痛い目にあわされないように気をつけないと・・・。

G7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)がいよいよ今週2/4、5日Iにロンドンで開かれます。ここで、元切り上げの発表があるのではないか、とか、まだもう少し先とか。

それも来週にははっきりするわけです。
中国株投資の立場では、元切り上げは望むところですが、為替取引の立場では、少し円安方向に向かって欲しいのです。

う~ん・・。悩むところです。

私としては、元切り上げはもう少し先と見て、明日利益確定売りをしたいと思ってます。注文は出してます。
ただ少しでも高く売りたいので、注文も金曜日の高値よりも高く出してます。
結果は明日書きます。

今週一週間もなんだか揺れそうです。
笑顔で乗り切れることを願います。
AD

中国当局者の発言

テーマ:
ロイターによると、『中国当局がまもなく通貨切り上げを行うとの観測が急速に後退していることを受けて、アジア通貨が全般的に売られている。』
これが原因?で、現在円安に動いてます。

来週の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後に中国当局が通貨の切り上げを行うのではないかということがささやかれていたみたいで、もしかしたら・・・と思っていましたが、やはりそれはないようですね。

元切り上げということは、中国株取引されている人は勿論、為替取引をしている人にも大ニュースなわけで、個人投資家はなんだかそれに振り回されている気がします。

そう思うのは私だけでしょうか??

いくら圧力をかけても、しょせん中国が決めることで、圧力には屈しないとも言っているし・・・。
近い将来は必ずあるはずだし、ゆっくり世紀の瞬間を待つことにしましょう。

中国株は、上海B株とGEM以外は上昇しています。
先日中国人寿保険のニュース書きましたが、今日は中国情報局によると、『04年生命保険トップ、シェア5割』だそうです。

まだまだ中国では拡大していく業種と信じて、つきあっていくことにします。
AD

外国為替証拠金取引

テーマ:
昨日、私の取引しているUW証券から、外国為替証拠金取引(FX)を12/6から開始するというお知らせのメルマガが届きました。
私は、FX取引もしていて、取引の業者も変更しようかと考え中なので興味を引きました。

最近はFX取引が増えてきているので、証券会社でも開始しているところが増えてます。FX取引とはどういうものかということは詳しくは書きませんが、簡単に言うと、株でいう信用取引みたいなものです。

まだ法律もきちんと整備?されていないので、取引業者にだまされたとかっていうニュースもあとをたたないみたいで、印象も悪い。
私にとっては残念です。
業者選びには十分注意しましょう。

業者によって取引内容も違っているのですが、これは株取引も同じですね。
手数料や取扱通貨やほかにもいろいろ違いはあります。

私の場合業者選びを怠ったので、あまり詳しく他の業者と比べることが出来ないのですが、UW証券のFX取引でちょっと珍しいと思ったのは、中国株専門でやってるからか、取引通貨に人民元と香港ドルと韓国ウォンがあることです。

FX取引をメインにしている人には魅力はないかもしれませんが、中国株を取引している人には興味深いのではないかと思い、ちょっとブログに書いてみることにしました。

分散投資と言われている中、少ない資金を効率よくなんてFX取引をはじめたのですが、なかなか難しいと今は思っています。

でも香港ドルや人民元は中国株と同じように、ちょっと長い目で取引するのにはいいのではないかと、ほとんどそのつもりになってます。
私が今取引している業者より手数料も安いのが大きな魅力なのですが・・・。

ということで、私的FX日記も宜しくお願いします。
AD

香港ドル5

テーマ:
またまた為替の話になります。
米ドルがどこまで下落するのかが、今の私の最注目事項です。
月曜日に証券会社に10万入金したので、祭日をはさんで、昨日香港ドルを買ったことになります。

買レートは13.66円でした。今日は米ドルが昨日より下落しているので、今のところ13.59円です。
今のところというのは、UW証券は15:30に見直しするので、もし米ドルが上昇すれば、それにともない、買レートも上がることになります。

今のところ米ドルはもみあっているので、このままいけば同じままです。 私はこれで、小額ながら買レート単価を下げることができたので、自分の描いたようになったので満足してます。

このまま下がり続けたら、又そのとき考えます。 株にしてもそうですが、大底や大天井?なんて誰にもわからないので、この辺りでこうする。という自分なりのストーリーもある程度考えておいたほうがいいですよね。
なかなか自分の思い通りにならないものですが。

人民元の切り上げはまだ先とのコメントもでているようですが、このまま米ドル安が続くと日本への影響も大きいし、そろそ介入の準備に入っているのかと、少し落ち着かない気分で、過ごしています。(笑)

香港ドル4

テーマ:
昨日ブログに、近々証券会社に入金を考えていて、明日祭日なので様子見。なんて書いてしまいましたが、今日10万円入金してしまいました。
これという理由はないのですが、あの時入金しておけば良かった。と後悔する前に。
やはり祭日後にすればよかったと思うことがないように祈ります。

ちなみに、今日のUW証券の買レートは13.64円でした。
できれば水曜日までは米ドル安も続いて欲しい。なんて自分勝手なやつ。

何を言ってももう入金してしまったので、レートのことはあまり考えないようにします。
でも、入金しても交換されるのは次の日、祭日前入金だとその次の日というのは、ちょっと痛いですよね。
なんて思うのは私だけでしょうか?仕方ないと言えば、仕方ないのですが。

小額投資だったらあまり変わらないんじゃないの?なんて思われそうですが、中国株を始めた頃は為替なんて全く知らなかったので、こだわりはじめたらとことんこだわりたいのです。

明日は祭日なので、ゆっくり銘柄選びをするとします。
欲しい銘柄はいくつかあるのですが、ちょっとお高い。
中国株は正月に向かって下がると聞いたので、あせらずに探したい。
なにせ高値掴みのたまCHAですから。

香港ドル3

テーマ:
今日もひつこく為替の話になります。と言うのも、またまた米ドル安が進んでいるのです。気になるなぁ。と言っても米ドルを取引しているわけではありません。でも近いうちに取引しようかとも思ってます。

急激なドル安が進んでいるので、ブログを書きつつ分析していこうと思ってます。経済には疎いので、勝手に自分で解釈してます。

アメリカの双子の赤字云々で、それを解消するためにもドル安を米国は容認しているようなことをニュースで言ってました。しかし貿易赤字に関しては対中国に対してが多いので、いくらドル安になったとしても、中国人民元がペッグされている以上劇的な改善はみられない。こんなことも言ってました。

これは理解できるかもしれません。じゃあ人民元はいつ切り上げ?これが一番の関心事ではないでしょうか。私はそうですが・・・。米国はせっついているみたいですが、中国側からすればここで元切り上げになると、いろいろな問題が浮上してくるのでしょう。

これは近い将来でしょうが、現在の米ドルの行方は月曜日がひとつのポイントになるのでしょうか。ここまでくると日本の輸出入にも多大な影響がでてくるでしょうから、そろそろ為替介入ということも視野に入ってくるでしょう。

そうなると成功すれば、米ドル下げ止まりになるでしょうし、それにつられて香港ドルも上がっていく。米ドル下落が加速すれば、香港ドルは今以上に買い時になる?でもいくらなんでもこれ以下の円高ドル安が、長い間続くとは思えない。私感です。

そんなこんなを思いながら香港ドルに交換することを迷っています。ただ祭日があるので、明日証券会社に入金しても処理は休み明けの日のレートになるので、もう少し様子見ということになります。

わからないなりにいろいろ考えると為替って楽しいですね。香港ドルの話はもう少し続きそうです。

香港ドル2

テーマ:
昨日のブログは長くて、最後のほうは自分でもいやになってきました。
やはり簡素なブログがいいですよね。
と、また前置きがながくなりました。

昨日の続きになりますが、昨日の米ドル安にともなって今日の香港ドルレートはというと、TTS(買レート)は13.74円です。
このまま米ドル安が進めば、香港ドルはもっとお買い得ということになります。

と言ってもこのレートは私の取引しているUW証券のレートということになります。
銀行によって手数料がちがうように、証券会社もそれぞれ違うはずです。
比べたことはないので、確かではないです。

ではいつお金をかえておくかということです。
もっと安くなってからと思っていたら、なかなかかえれないものです。
私もどうしようかと迷ってます。

ただ私の中では、14円以下でないと売買単価を下げられないので、
今がいい時期かなとは思ってます。