昨日UW証券からのメールで、7月4日から口座管理料無料と手数料157.5HKD固定の知らせがありました。

ちょっと・・・157.5HKDといえば、昨日のUW証券のレートでは1HKD=14.08円なので、約2220円ではないですか。


高い!!

証券会社が次々中国株の取引を始めて競争も激化してるはずなのに・・・。

ここは手数料安かったから良かったのに。

まあ、香港株は取引銘柄の多いのもそうですが。

まあ、外貨決済できるのもそうですが・・・。


私みたいな小額投資家は、安々銘柄をさがしているのに、安い銘柄だと手数料の割合がバカ高くなりますよ~。

最近は少し持ち直してきている感もありますが、それでもまだ元気ないですよね。


モチベーション下がるじゃないですか。

今は私も放置プレーですが、もっと放置プレーになってしまうような気がしてきました。


最近は自分の株チェックもままならず、ニュースもチェックせずの状態でした。

そして、このブログも久々の更新となりました。


でも、私の持ち株は相変わらず下のほうで動いております。

利益ぎりぎりの線をさまよってます。

この状態秋ごろまで続くのでしょうか?



AD
以前東洋証券のセミナーがあるからと、ブログに書きましたが、その日がせまってきました。
ところが知らせも何もなく、行って良いのかどうかもわからなくて、電話で問い合わせしました。

直接会場に行ってもらったらいい、とのことでした。
メールでも一言知らせてくれたらいいのに!!

UW証券のときは、2回くらいメールで知らせてきたのに。
そのまま過ぎてしまうことだってあるじゃない。って思うのは私だけ?

時間も1時間半だし。大丈夫かよ~。
行って損したってことがないことを望みます。
AD
UW証券でしか取引ないので細かい比較はできませんが、これから口座開設しようと思ってる方、おおまかな参考にしてください。(笑)

中国株の売買が出来る主な証券会社は、東洋証券、内藤証券、アイザワ証券、ユナイテッドワールド証券、楽天証券です。

中国株には上海、深セン、香港の3市場がありますが、香港市場に特化しているのがUW証券と楽天証券です。
まず、どの市場で取引するかで一番に決まってきます。

口座保管料は、東洋証券が年3150円、UW証券が年1260円かかります。それ以外は無料です。

手数料はUW証券が一番安く、楽天、アイザワ、内藤、東洋証券という順です。
手数料だけで見るとUW証券ですが、香港市場でしか取引できないのが、ネックといえばネックです。

比較してみてはじめてわかったことなのですが、UW証券と東洋証券は外貨決済ができるということ。
これは普通だと思ってたのですが、違ってたみたいです。

外貨決済とは、外国株を買うときは外貨建ての取引ですが、買った株を決済したあと、取引通貨のままおいておくことが出来るということです。
取引のたびに為替手数料を払わなくてもいいということです。

これは私的にはポイントが高いと思っているのですが・・・。
でも、東洋証券は株取引自体の手数料が高いのでなんとも言えません。
一長一短ですね。

金曜日にかけて米ドルが急上昇しています。中国株を買うときはドル安のほうがいいし、決済するときはドル高のほうがいいですよね。
タイミングよくドル安と株安が合えばいいのですが、なかなかうまくいきませんよね。

外貨決済だと安い時にとりあえず入金しておいて、株安になったら買って、決済してもそのままおいておけますから、その時の為替のレートは気にしなくて株取引できます。

日本円に戻したいときは、円安のときに戻す。
長期投資をする人にはあまり関係ないかもしれませんが、何度も売買を繰り返す人には結構為替コストも気になるところでもあります。

形態もこれからどんどん変わってくるかもしれないので、その都度要チェックですね。
取り扱いの証券会社も増えて、いろんな面で競合してくれることを望みます。

AD
UW証券のHPによると、12/6入金分から初回最低入金額  5万円以上 1円単位に下がったようです。
以前は10万以上でした。

中国株のハードルが一段と低くなって歓迎です。
10万以下で買える株がたくさんあるのに、初回最低10万は高いなぁって思ってました。

昨日は大きく米ドル安に振れたので、明日は香港ドルも安くなるんじゃないかと思いますが、いきなり10万入金するより5万入れて様子見ということも出来ますからね。

まあ初回だけだから、あまり問題ないといえば問題ないのかもしれませんが。
ほかの証券会社のことは知らないので、ちょっと調べてみようかと思ってます。

取引できるとこもこれからどんどん増えていくでしょうし、手数料とかいろいろ違いを比べることは必要ですからね。
あまりに不利なことが多いと、証券会社を変えることも必要ですが、そう簡単には変えれませんよね。

何事も最初が肝心です。