今日指値注文した0598 中国外運は約定しませんでした。
2.2HKDまでは下がりませんでした。
ということで、明日も同じ注文を出します。
 
今日のUW証券のメルマガは、直近3ヶ月、UW証券で注文件数の多かったランキング報告でした。
上位20位まであったのですが、全部書くのも多いので、上位5位ずつ書いてみます。
買い
1.0203 デンウェイ・モーターズ     一般製造/車
2.0857 ペトロチャイナ         石油・石油化学
3.0902 ファネン・パワー        電力・ガス
4.0323 マーシャン・アイロン      金属・鉱業
5.2866 CSCL            物流・運送

売り 
1.0203 デンウェイ・モーターズ     一般製造/車
2.0857 ペトロチャイナ         石油・石油化学
3.0323 マーシャン・アイロン      金属・鉱業
4.0902 ファネン・パワー        電力・ガス
5.0177 ジャンスー・エクスプレスウェイ インフラ

やはりどれも馴染みのある銘柄ばかりです。
でも私はどれ一つ持ってない。
売りと買いはほぼ似たようなものですが、うまく業種は分かれているので、
分散投資としては、単純にこの1位から5位まで持っていてもいいですよね。

この株をもっているほうが、堅い投資ですね。
ただ、問題は買い時です。
いくら有望株でも高々で買っては価値が下がります。
買い時はいつでもめぐってくるので、急いで買うのはやめましょう。

せめてチャートで確認して、今の株価が過去の株価に比べてあまりにも高い位置にあると、見送りですね。
私的チャート確認では、ペトロチャイナ以外は、微妙な位置だと思います。

ペトロチャイナはちょっと高い感じが・・・。
でもチャートの見方もひとそれぞれなので、難しいところです。
ちなみにUW証券はあまりチャートの数が多くないので、その中からMACDとRSIをメインに見ています。

そのMACDで買いサインがでていない 0598を買おうとしている私は、
チャートを見ているようで見ていない?
あっ でもRSIで少々売られすぎかなっと思ってるので、見てないわけではない。

最低2種類くらいのチャートは見ておきたいですね。
日々銘柄探しと買い時、売り時探しです。

AD
今日は香港証券取引所は休場なので、ちょっと寂しかったですね。
ということでちょっとだけ銘柄探しをしたのですが、その中で気になる銘柄を見つけました。

0598 中国外運です。
中国会社情報―ラジオNIKKEI...Apollo mookによると、プロフィールとしては、総合物流サービスの中国大手。
コメントでは、競争激化でマージンはおされ気味。

株価も下降トレンドなので、今買うのは早すぎかとは思っています。
チャート的にも、MACDではまだ買いサインが出ていません。
ただ、先日今年の最安値をつけたときに、RSIで20%を割った後少し切り返しているので、このまま少しでも上昇してくれたらとむちゃな願いと共に2.2HKD 2000株指値注文しました。

MACDの買いサインが出てから買うほうがいいかもしれませんが、買えるかどうかもわからないので、とりあえず注文だけでも・・・。
あと『中外運:エクスプレスサービス売却』で売られたらしいので、この売られすぎの反発に期待することにします。
下げ止まり希望です。
AD
3日間1109 華潤置地 指値注文していましたが、結局買えませんでした。
判断が一日遅すぎたようです。
買えなかったのは残念ですが、今回はチャート通りということで満足です。
次回を狙います。というよりも、もしうまくこのまま上昇してくれれば、
次の売りサインでとりあえず利益確定しようかと思ってます。
もう少し上がってくれないと、あまり利益にならないので。

他の銘柄探ししてます。
中国人寿保険はまだ買いサインでてないし・・。
自分の持ち株ばかりの検討です。
なかなか魅力のある銘柄も思いつきません。

今日は、深セン高速道路 2.95HKDで売り注文出しているのですが、
約定するかなぁ?
これが約定すると、0902 華能国際電力が買えるのですが。
結果は次に書きます。

AD

約定なし

テーマ:
一日遅すぎたか?
今日は深圳B株以外は小幅下落でした。
昨日指値注文した1109 華潤置地は約定していませんでした。

昨日より、4.2%も上昇していて、ショック!!
迷ったのが悪かったか?
でも今日の上昇で、MACDの買いサイン出てるじゃないですか。

ダマシに注!!

ダマシではありませんように・・・。
今日は少し上げて1.2HKDで指値注文出してます。
明日はどうでしょう?

以前書いた東洋証券セミナーの件ですが、HPから申し込み出来ます。

来年の1月15日全国各地で行われます。
中国経済セミナーです。
午前10時から11時半までなので、時間のある方は申し込んでみるのもいいのではないでしょうか?

あまり中国経済に関するセミナーを聞く機会がないので、私は申し込みました。口座持ってる人優先とは書いてないので、定員に達していなければ、聞けると思うのですが・・・。

優柔不断

テーマ:
『優柔不断』なやつです。
指値注文した0548 深圳高速道路約定しませんでした。
-0.025HKDでしたが、注文した2.875HKDまでは下がりませんでした。

底固いのかと思ってます。どうなんでしょう。
う~む。悩むところです・・・。
と言いながら、持ち株1109 華潤置地も私の見たところチャート的にはいいんですね。

と言うわけで、指値注文してます。早!!
1.180HKD 4000株です。
こっちは、うまくいけば少しの利益で手仕舞いしようかと思っています。
あくまでも上手くいけばの話ですが。

UW証券のチャートのMACDで、まだサインは出ていませんが、RSIで30%を下まわっているんですよね。
先週から、切り返してるし。
なんだか買いたくなるチャート。

まあ、チャートには騙しもあるので、何とも言えませんが。
人それぞれ見たいように見る?
そこで、今日の安値で指値注文してみました。

どうなることやら。

持ち株といっても、私の持ち株は3銘柄です。
検証するほどのこともないのですが、次に買う銘柄を持ち株の追加で2628 中国人寿保険にしようと思って、チャートをいろいろ見ていると、0548 深圳高速道路に買いサインがでているではないですか。

注!! これは、私なりの解釈です。
深圳高速を見てみると、9月あたりから上昇していて高値を取りに言っていたようですが、3HKDを目前に下落していました。

今週半ばあたりから、また、3HKDをめざして?上昇しています。
私の見ているMACDでは、気づくと買いサインがでていました。
本当は、高値3.08HKDを抜いての買いがいいのかとは思いますが、
月曜日に買い注文を出してみようかと思います。

米国の株価が約-0.5%で取引終わっているので、ちょっと心配ではありますが・・。

1109 華潤置地は少し戻しているので様子見です。
今度売りサインが出れば売ろうと思っています。
1.4HKDまではあがって欲しいのですが・・・。
今日は香港株はほぼ上昇しました。
あまり細かくは気にしないことにします。

今日、テレビ東京のワールドサテライトでBRICsの特集やってました。
筆頭はやはり中国ですね。
株価も今年57パーセントの上昇だとか。

数字を出されるとびっくりですね。
でも私の株価は57パーセントも上昇してないよ~。
でもマイナスじゃないから良しとします。

中国に続いて、インドやロシアなんて言ってましたが、まだまだ情報がすくないですよね。
でも今からインドやロシア株の売買をしている人の中から、何年か後には1億円にしたって本出るんでしょうか。

中国もまだまだ発展途上。今からです。
情報量も増えてきているし、なんと言ってもお隣さんですからね。

政治リスクや為替リスク、流動性リスクなどリスクはたくさんありますが、
自分の資産に無理なく投資していれば、それ以上に得るものがあると思ってます。

そんな中でインフラ関連はリスクの少ない銘柄だとは言ってました。

中国株情報でありませんが、15日早朝に米FOMC政策金利発表があります。
今まで2.0%だったのが、2.25%になるらしい。ほぼ確実だそうです。
これでユーロより金利が高くなるのです。

お金は金利の高いほうに流れるらしいので、今後米ドルは少しずつ上昇?していくんでしょうね。
米金利も気になるところです。
でも、早朝には起きれないので、明日のニュースで聞くことになります。
為替取引の方は、今私のマイナスの方向に動いてます。どうなることやら・・。
中国株は正月に向けて下がっていくというのは聞いているので、別段心配してません。長期保有のつもりですから。(強がり)

でも2628 中国人寿保険は金曜日ちょっと下がりすぎ!!(-5.08%)
先週水曜日には、ざら場で6.0HKD以上つけて喜んでいたのに・・・。
つかの間でした。

UW証券でチャートを見ると、MACDで先々週位から下降トレンドに入っていたんですよね。でも先週後半で高値を切り上げてきていたから、少し期待していたのに。

そう簡単には6.0HKD台には乗せてくれないのか。
ということで、次に買う株は中国人寿保険1000株追加することにしました。
MACDで次買いサインが出れば買うことにします。(MACD派です。)

この銘柄は配当がないのが痛い。多分来年もないのでしょう。
次は高配当銘柄を買おうと思っていたのですが、予定変更です。
もう少し待つことにします。


UW証券でしか取引ないので細かい比較はできませんが、これから口座開設しようと思ってる方、おおまかな参考にしてください。(笑)

中国株の売買が出来る主な証券会社は、東洋証券、内藤証券、アイザワ証券、ユナイテッドワールド証券、楽天証券です。

中国株には上海、深セン、香港の3市場がありますが、香港市場に特化しているのがUW証券と楽天証券です。
まず、どの市場で取引するかで一番に決まってきます。

口座保管料は、東洋証券が年3150円、UW証券が年1260円かかります。それ以外は無料です。

手数料はUW証券が一番安く、楽天、アイザワ、内藤、東洋証券という順です。
手数料だけで見るとUW証券ですが、香港市場でしか取引できないのが、ネックといえばネックです。

比較してみてはじめてわかったことなのですが、UW証券と東洋証券は外貨決済ができるということ。
これは普通だと思ってたのですが、違ってたみたいです。

外貨決済とは、外国株を買うときは外貨建ての取引ですが、買った株を決済したあと、取引通貨のままおいておくことが出来るということです。
取引のたびに為替手数料を払わなくてもいいということです。

これは私的にはポイントが高いと思っているのですが・・・。
でも、東洋証券は株取引自体の手数料が高いのでなんとも言えません。
一長一短ですね。

金曜日にかけて米ドルが急上昇しています。中国株を買うときはドル安のほうがいいし、決済するときはドル高のほうがいいですよね。
タイミングよくドル安と株安が合えばいいのですが、なかなかうまくいきませんよね。

外貨決済だと安い時にとりあえず入金しておいて、株安になったら買って、決済してもそのままおいておけますから、その時の為替のレートは気にしなくて株取引できます。

日本円に戻したいときは、円安のときに戻す。
長期投資をする人にはあまり関係ないかもしれませんが、何度も売買を繰り返す人には結構為替コストも気になるところでもあります。

形態もこれからどんどん変わってくるかもしれないので、その都度要チェックですね。
取り扱いの証券会社も増えて、いろんな面で競合してくれることを望みます。