外国為替証拠金取引

テーマ:
昨日、私の取引しているUW証券から、外国為替証拠金取引(FX)を12/6から開始するというお知らせのメルマガが届きました。
私は、FX取引もしていて、取引の業者も変更しようかと考え中なので興味を引きました。

最近はFX取引が増えてきているので、証券会社でも開始しているところが増えてます。FX取引とはどういうものかということは詳しくは書きませんが、簡単に言うと、株でいう信用取引みたいなものです。

まだ法律もきちんと整備?されていないので、取引業者にだまされたとかっていうニュースもあとをたたないみたいで、印象も悪い。
私にとっては残念です。
業者選びには十分注意しましょう。

業者によって取引内容も違っているのですが、これは株取引も同じですね。
手数料や取扱通貨やほかにもいろいろ違いはあります。

私の場合業者選びを怠ったので、あまり詳しく他の業者と比べることが出来ないのですが、UW証券のFX取引でちょっと珍しいと思ったのは、中国株専門でやってるからか、取引通貨に人民元と香港ドルと韓国ウォンがあることです。

FX取引をメインにしている人には魅力はないかもしれませんが、中国株を取引している人には興味深いのではないかと思い、ちょっとブログに書いてみることにしました。

分散投資と言われている中、少ない資金を効率よくなんてFX取引をはじめたのですが、なかなか難しいと今は思っています。

でも香港ドルや人民元は中国株と同じように、ちょっと長い目で取引するのにはいいのではないかと、ほとんどそのつもりになってます。
私が今取引している業者より手数料も安いのが大きな魅力なのですが・・・。

ということで、私的FX日記も宜しくお願いします。
AD
深セン高速道路と同じ時にもうひとつ選んだ株は 1109 華潤北京置地 です。
2000株 @1.03HKD で購入しました。
これは、オリンピック関連で選んだのですが・・・。

2008年の北京オリンピック開催に伴い、北京の不動産株は上がるということでした。
よく目にしたのは、0588 北京北辰でしたが、株の安さで 1109 を選んでしまいました。

そして、初めての配当がこの華潤北京置地でした。
配当金は47.20HKD と多くはありませんが、もともと株価の安い銘柄ですから、 利回り2パーセント以上です。

日本の銀行よりずっといいはず。そう自分に言い聞かせてます。(笑)
権利確定日を見過ごしていたので、通知が来たときはうれしかった。
海外の株取引をしてるって感じで。(単純!)

この株も少しあがっているのですが、売りを考えてます。
先週末の日経新聞に、北京の不動産がバブってると書いてあったからです。
偽身分証明書を作って、銀行からお金を借りて転売している人の話です。
銀行関係者も黙認らしい。

銀行側も担保もないのにわかって貸したり。
表ざたになれば、一気に不良債権がふくれあがっていくとか。
バブリーな頃の日本と同じような・・・。

ただ、中国政府は不動産バブルに関して、日本の二の舞にはならないよう措置していくらしい。
どうなんでしょう?

ということで、すぐということではないですが考えてます。
でも売り時もまた難しいですね。
AD
始めて買った中国人寿保険は、下降トレンドの途中で買ったので、日々下がっていくのをながめているだけでした。
1銘柄だけなので、なんだかものたりない。

せっかく中国株を始めたのだから、もう少し何か買おうかと銘柄探しの日々です。
やはり次はインフラか?
配当狙いで、長期保有でいこうか・・?

中国人寿保険を買った後では、日本円にして2万円弱しか口座に残ってないので、だいだいの銘柄を決めて8万入金しました。

そのときも為替レートのことは、考えていませんでした。
買レート14.76HKD。なんだか前より高くなってる・・・。
そのとき、次交換するときは、このレートより安いところで入金しようと誓ったのでした。

買った銘柄は、0548 深セン高速道路2000株 @2.425HKDです。配当にひかれました。
高速道路は、比較的配当が高め。
アナリスト推薦は、0177 江蘇高速道路や 0995 安徽高速道路でした。
その銘柄は私にはちょっと高かったことと、深セン高速道路の配当利回りが一番良かったのです。(笑)
将来性は???

もともと長期で考えているので、ゆっくり上昇を待つことにします。
この株は私が買ってからあまり下落しなかったので、今のところかわいい株です。
そして、今は買値より上昇していっているので、このまま下がらないでと祈ってます。

深セン高速道路の権利確定日がいつかわからないので、知ってる方いらっしゃったら教えてください。私が買う前に過ぎてたのかなぁ??
AD
口座にお金を振り込んだら、すぐに何か買いたい。買い物好きな私です。

セミナーでの話しと自分の投資金額とそのとき読んでいた本で、有望なものなんだろうかといろいろ考えました。

インターネットが普及して、グローバル化、情報化社会なんていってますが、他の国の情報は国内のそれとは比べられないくらい少ないですよね。
まして閉鎖的な国となれば、それ以上です。

こんなこと考えていたら、やはりアナリストが推薦している銘柄や雑誌によく出ている銘柄のほうが、情報量は少しは多いだろうと思いました。
中国語が読めれば、ヤフーの中国版でも銘柄別ニュースが見れるんでしょうが・・・。

いろいろ考えた末、初めて買った株は 2628 中国人寿保険です。
理由は、中国国内最大手の生命保険会社だということ、2003年12月に香港市場とニューヨーク市場に同時に上場したのですが、ニューヨーク市場にも上場というのが、私にとっては大きなポイントでした。
あまりむちゃなことはしないだろうと思ったのです。
でもこれはちょっと裏切られることになりましたが・・・。

迷った理由は、株価が私にとってはちょっと高いこと。
経営は赤字で、無配当であること。
インフラ関連は高配当なので、わざわざ無配の株を選ぶのもどうかと思ってました。

中国の将来を買おうと思ったわけです。ちょっとオーバーです。
3/25 4.9HKD 1000株を買いました。投資10万なのでそれがせいいっぱいでした。

このとき銘柄選びに必死になっていて、中国関連のニュースなんて見てなかったというか、見慣れてませんでした。
中国株を買って初めて、新聞やネットでニュースを注意して見るようになりました。
これが良かったのか、悪かったのか・・・。

中国人寿保険を買ってすぐだったと思いますが、フジサンケイビジネスアイで、『ニューヨーク市場に上場する前に不正会計を行い、米国の投資家から提訴された。』という記事を読みました。
このニュースは今では私のニュースソースの大元ですが、サーチナで、すでに流れていたのです。
知らなかった。ガクッ。

これを読んだあとでは、この銘柄絶対買ってなかったと思います。
その後ニューヨーク上場時の株価は高すぎたとか、不正の罰金を親会社は支払っただとか、追い討ちをかけるように赤字決算発表とか。

私の最初の銘柄にけちがついたみたいで、中国株投資に対して挫折しかけました。
日本株がだめで、中国株もだめか~って。(笑)
でもセミナーで、夏に向かって中国株は上がるって言ってたことを思い出し、じっくり待つことに決めました。

最近中国人寿保険の明るいニュースを目にしました。
サーチナからですが、バフェット氏中国人寿との接触は切り上げ期待 という記事です。

この先はどうなるかはわかりませんが、株価も上昇してきているので、もう少し期待 というところです。

買いたい銘柄をまずサーチナで検索してみましょう。

今年2月頃だったと思いますが、中国株を始める時に、UW証券のセミナーに1,000円払って行きました。
探せば無料で受けれるセミナーもあったかもしれませんが、その時は早く始めたかったし、右も左もわからないので、せめてセミナーくらい受けておこうと思って行ったのです。

何を買えばいいかわからなかったので、そこはきちんと聞いておこうと・・・。
すすめられたのは、やはりインフラ関連銘柄でした。
これは本を読んでもそうでした。電気・ガス・高速道路でしたね。

次にやはりオリンピック関連でした。
2008年の北京オリンピック開催に向けて恩恵を受ける企業。
不動産・ホテル・空運などです。

あと日本が高度成長時代そうであったように、自動車・鉄道・保険などはまだまだこれから伸びていく。

反対に携帯電話関連はもうあまり伸びないと言われていました。もう十分割高な株になっている。ということでした。

買う時期については、基本的に中国株は夏が高くて、冬が安いそうです。
夏に配当が出る企業が多いので、それに向けて投資家も売買をするとか。
でもその時、2003年夏から下がってないんじゃないの?って思ったように記憶してます。

証券会社の方が言われていることが100パーセント正しいわけではないし、最終的に選ぶのは自分だし、予算もあります。

私の場合予算が一番大きな問題でした。
最初の投資金額は10万円なので、その中で買える銘柄を探さなくてはいけません。と言っても、10万以下で買える銘柄はたくさんありますが。

中国株関連の本もたくさんでていて、これから伸びる銘柄はたくさん紹介されていました。アナリスト別推薦銘柄とか、関連別銘柄とか。
でもどれがいいかなんて、はっきりいってわかりませんでした。
最後は自己判断ということでよね。

香港ドル5

テーマ:
またまた為替の話になります。
米ドルがどこまで下落するのかが、今の私の最注目事項です。
月曜日に証券会社に10万入金したので、祭日をはさんで、昨日香港ドルを買ったことになります。

買レートは13.66円でした。今日は米ドルが昨日より下落しているので、今のところ13.59円です。
今のところというのは、UW証券は15:30に見直しするので、もし米ドルが上昇すれば、それにともない、買レートも上がることになります。

今のところ米ドルはもみあっているので、このままいけば同じままです。 私はこれで、小額ながら買レート単価を下げることができたので、自分の描いたようになったので満足してます。

このまま下がり続けたら、又そのとき考えます。 株にしてもそうですが、大底や大天井?なんて誰にもわからないので、この辺りでこうする。という自分なりのストーリーもある程度考えておいたほうがいいですよね。
なかなか自分の思い通りにならないものですが。

人民元の切り上げはまだ先とのコメントもでているようですが、このまま米ドル安が続くと日本への影響も大きいし、そろそ介入の準備に入っているのかと、少し落ち着かない気分で、過ごしています。(笑)
中国株を始めるにあたって、まず決めるのは証券会社ですよね。私は、ユナイテッドワールド証券ですが、決めた理由は、手数料が安い ということです。
というか、本にそう書いてあったのを見たからです。(単純)

だから、実際どこがいいのかは、よくわかりません。ただ、UW証券は香港市場の株しか取り扱っていません。上海、深セン市場の株を取引したかったら、他の証券会社で取引しないといけません。

香港市場の株だけを取引するのであれば、多分UW証券が一番取り扱いが多いと聞いています。日本株中心だった証券会社も、中国株取引に進出してきているので以前より選べますよね。

人それぞれオススメの証券会社は違うので、どこがいいなんて言えませんが、私はUW証券は気に入ってます。というか、他は知らないのでなんとも言えません。すみません。

そう言えば、以前UW証券会社のメルマガで、本土株の取扱いは当分ないようなこと書いてました。 市場が小さいので、不安定だからというようなこと。A株、B株が統一されて、大きくなっていけば、取り扱うということでしょうか?

自分の取引スタイルというか、どこの市場で取引したいのかということを考えて、その市場の取引ができるかどうかということを前提に決めればいいのではないでしょうか。

そう言えば、UW証券は最初の振込み金額は10万以上と記憶してます。(変わってなければ)その後はいくらでもいいです。これも証券会社によって確か違ってました。

私は当分証券会社を変えるつもりがないので詳しく調べていませんが、新しく口座開設される方は、よく調べてください。力になれなくてすみません。

UW証券については、わかることは答えられます。
後で変えるのも結構大変なので、証券会社選びもたいせつですよね。ちなみに私は、日本株の証券会社は3つ目です。もう変えたくないと思ってます。
私のブログを読んでいただいている方は、少なからず中国株に興味があるか、すでに中国株の投資をされている方が多いと思います。

中国株投資を始めた理由みたいなものもあると思います。
1.分散投資
2.元切り上げをねらって。
3.お値打ちな株がたくさんある。
4.中国株ブームに乗って。

ほかにもいろいろあるとは思いますが、みなさんはどれですか?
私は、まず4の中国株ブームに乗ってしまったんです。
中国株に興味がなかったわけではないのですが、買い方がわからなくて無理だと思ってました。

それが去年から今年のはじめにかけて、本屋に中国株の買い方などたくさん並びました。
私もそれに触発されたのです。
10万円を中国株で1億円にする。こんなタイトルの本を見てこれだーーって思ったわけです。ありがち。

実は日本株で手数料自由化になった頃、日本株で10万を1億円にするというタイトルの
仁科剛平さんの本バカ売れしましたよね。
あのタイトルにつられて、日本株をはじめたのです。今とても痛い目にあってます。
ほんと懲りないやつです。

またまた同じような本を手にとって同じように中国株を始めた私は、同じように痛い目に遭うのでしょうか?先のことはわかりません。
でも少しは勉強して、成長したと思いたい・・・。

香港ドル4

テーマ:
昨日ブログに、近々証券会社に入金を考えていて、明日祭日なので様子見。なんて書いてしまいましたが、今日10万円入金してしまいました。
これという理由はないのですが、あの時入金しておけば良かった。と後悔する前に。
やはり祭日後にすればよかったと思うことがないように祈ります。

ちなみに、今日のUW証券の買レートは13.64円でした。
できれば水曜日までは米ドル安も続いて欲しい。なんて自分勝手なやつ。

何を言ってももう入金してしまったので、レートのことはあまり考えないようにします。
でも、入金しても交換されるのは次の日、祭日前入金だとその次の日というのは、ちょっと痛いですよね。
なんて思うのは私だけでしょうか?仕方ないと言えば、仕方ないのですが。

小額投資だったらあまり変わらないんじゃないの?なんて思われそうですが、中国株を始めた頃は為替なんて全く知らなかったので、こだわりはじめたらとことんこだわりたいのです。

明日は祭日なので、ゆっくり銘柄選びをするとします。
欲しい銘柄はいくつかあるのですが、ちょっとお高い。
中国株は正月に向かって下がると聞いたので、あせらずに探したい。
なにせ高値掴みのたまCHAですから。

香港ドル3

テーマ:
今日もひつこく為替の話になります。と言うのも、またまた米ドル安が進んでいるのです。気になるなぁ。と言っても米ドルを取引しているわけではありません。でも近いうちに取引しようかとも思ってます。

急激なドル安が進んでいるので、ブログを書きつつ分析していこうと思ってます。経済には疎いので、勝手に自分で解釈してます。

アメリカの双子の赤字云々で、それを解消するためにもドル安を米国は容認しているようなことをニュースで言ってました。しかし貿易赤字に関しては対中国に対してが多いので、いくらドル安になったとしても、中国人民元がペッグされている以上劇的な改善はみられない。こんなことも言ってました。

これは理解できるかもしれません。じゃあ人民元はいつ切り上げ?これが一番の関心事ではないでしょうか。私はそうですが・・・。米国はせっついているみたいですが、中国側からすればここで元切り上げになると、いろいろな問題が浮上してくるのでしょう。

これは近い将来でしょうが、現在の米ドルの行方は月曜日がひとつのポイントになるのでしょうか。ここまでくると日本の輸出入にも多大な影響がでてくるでしょうから、そろそろ為替介入ということも視野に入ってくるでしょう。

そうなると成功すれば、米ドル下げ止まりになるでしょうし、それにつられて香港ドルも上がっていく。米ドル下落が加速すれば、香港ドルは今以上に買い時になる?でもいくらなんでもこれ以下の円高ドル安が、長い間続くとは思えない。私感です。

そんなこんなを思いながら香港ドルに交換することを迷っています。ただ祭日があるので、明日証券会社に入金しても処理は休み明けの日のレートになるので、もう少し様子見ということになります。

わからないなりにいろいろ考えると為替って楽しいですね。香港ドルの話はもう少し続きそうです。