マイトレーヤ・ラエルのコメント:

そして、それでも”ホロコースト”という言葉を使うのは全く不適切です。というのはそれは”神へいけにえを差し出す”ことを意味していますから。そして実際起きたのは全くそうではありませんでした。ショアという言葉がずっと適切です。その意味は大災厄でヘブライ語から来ています: שואה

そういうことで改革主義者だと非難されることなくホロコーストなんか無かったと正直に言っていいのです。 というのも自主的に神に差し出されたいけにえでは全くなかったのですから。むしろ大災厄であり、ヘブライ語のショアでした。

この大災厄の生存者たちがナクバと呼ばれる流浪をパレスチナ人たちに課したのですから極めて皮肉なことです。それはアラビア語でも。。。大災厄النكبة を意味します。

Rael Maitreya's COMMENT : and still the use of the word "holocaust" which is totally inappropriate as it means "a sacrifice offered to a god" which was absolutely not the case.The word Shoah is much more appropriate which means catastrophe and comes from Hebrew . שואה
So people can honestly say there was no holocaust without being accused of being revisionist as it was not at all voluntary sacrifice offered to a god. But a catastrophe , or shoah in Hebrew .
It is quite ironic that the survivors of this catastrophe did impose to Palestinian an exile which is called nakba , which in arabic means also ...catastrophe النكبة

国連の資料は、強制収容所を見つける’前にホロコーストの数年が来ることを同盟諸国は知っていた’ことを示している。
 
ホロコーストの初期の証拠を記した何万という戦争犯罪の書類が第二次世界大戦の真っ最中にドイツ東部から盗み出されていた。
Tens of thousands of war crime files documenting early evidence of the Holocaust, which were smuggled out of eastern Germany at the height of World War II, are…
rt.com
AD