ジパング:

アメリカの画期的なホームレス削減対策!罰金はなんと2000ドル!?

2015/02/14

w142
アメリカに住み始めて日本と違うなと思った一つに、ホームレスを至るところで見かけることでした。日本にもホームレスはいますが、その数、規模は全く違います。


アメリカのどの州にもいるホームレスですが、33の都市で、ホームレスに食べ物を与えると、与えた人は罰金または場合によっては刑務所行きとする法案が可決されました。

親切に対して罰金!!

実際にフロリダ州のデイトナビーチ、ノースカロライナ州ローリー、サウスカロライナ州マートルビーチ、アラバマ州バーミンガムでは、罰金を言い渡された人たちがいます。


NBCニュースの報道によると、デビーとチコはデイトンビーチ公園で毎週決まってホームレスの人たちに食べ物を与えていたのですが、先ごろそれに対して2000ドルの罰金を言い渡されました。


その夫婦と彼らと一緒に食べ物を与えていた人たちが罰金を払うのを拒んだため、警察が罰金を取り消しはしましたが、市のほうでは、このようにホームレスに物を与えることが、逆にホームレスを増やしていき、実際に悪くしているのだと考えています。


ホームレスはアメリカのダウンタウンでは本当によく目につき、市としては、ホームレスに食べ物を与えないようにすることで、ダウンタウンからホームレスを一掃できると考えています。


この法律には賛否両論があるようですが、いくつかの地域ではこの規制と独立した公的サービスの両方を取り入れながら、ホームレス問題を解決しようと試みています。


しかしながらこの問題を解決するには、州政府の適切な対応が必要になり、政府の賢い対応がこの法律を成功させるカギとなるようです。

最近の研究によると、ある都市で、州政府がホームレスに住居の提供や、他のサービスの提供をすれば、その都市は3億5千万ドルの節約ができるそうです。個人団体だけでは、無料で住む場所を提供することはやはり難しいので、州政府からの何らかの助成金が必要になるようです。

ホームレスはアメリカが抱える問題の一つになっていますが、今回のこの法律が33都市で実施されているという記事に対する世間の

反応を見てみることにしましょう。



この法律で私たちの国は大いに助かるわ。

この国の多くのホームレスは退役軍人という事実を忘れるな。

鳩やカモメにエサを与えたら法律は何というんだ?エサを与えた人は、鳩やカモメ同様に悪いというのか?それとも、それ以下なのか?この法律は本当にムカつくよ。ホームレスを収容するシェルター(避難所)は、通りにいるホームレスより悪い環境なんだ。

ホームレスに食べ物をあげるのが違法だと。じゃ、僕を止めてみろよ。そんなバカみたいな心のない政策なんてまっぴらだよ。僕は彼らに与え続けるぞ!

もし、ホームレスに食べ物を与えなければ、彼らがいなくなるって、マジで思ってるの?

ホームレスはお金とか食べ物が欲しいのではなく、ドラッグとかアルコールを買うお金が欲しいんだよ。多くは精神的に病んでたり、何らかの中毒だからね。

↑そうだな。助けが必要なのに、1980年代に予算がカットされたからね。ま、でもこれは、民主党と共和党の問題じゃなく、社会福祉の問題だからね。

これを違法にした都市の市長らは、このことを本当に真面目に考えてるのだろうか?

そっか、ホームレスに物を与えたら違法か。じゃ、1食、1セント(1円)で売っちゃえよ。

↑いやあ、そりゃ良い考えだ!

私はこれからもホームレスに食べ物を与えるつもり。私が以前そういう状態にいて、施しがとても有難かったから。お腹すかせた人に食べ物を与えることを違法にするなんて、ただただ馬鹿げているわ。

その調子だアメリカ…銃犯罪にも対応してくれよ…そりゃ無理か。厄介で危険なホームレスに対応してくれるなんて、そりゃいいことだ。

デイトナビーチやマートルビーチで、酔っぱらってどんちゃん騒ぎしてもOKで、お腹がすいてたまらない人に物をやってはダメなんておかしいよ!あっ、わかった、どんちゃん騒ぎしてるやつらは、ちゃんとお金使ってるから、OKなんだ。このごろ自分がアメリカ人なのが恥ずかしいよ。

こんな法律ができるって、何だかホームレスや貧しい年寄りに死んでしまえといってるような感じがする。

私は、アメリカ人の中にはこれがキリスト教の国なのかと思ってる人がいると思ったよ。こんなことすべきじゃない。

僕は最近デイトナビーチを訪れて、そこでたくさんのホームレスと友達になったんだ。確かに彼らから聞くと、雨をしのぐためとか日陰を求めてビーチのベンチに座ったりと些細なことでも、彼らを逮捕したり罰金を科せられたりしているのは本当なんだ。

たいていのホームレスは教養もあるし、生きるために仕事の機会が欲しいと思っている素晴らしい人々なんだ。ただ、運に見放されているだけなんだよ。

笑えるのは、もし俺が同じことを黒人にだけ当てはめたら、人種差別だっていうよな。分かんないやつだな!この法律は人種のことじゃなくて、全人種に関わっていることなんだよ。

世の中には何千ものホームレスやお腹を空かせている人がいて、もし彼らに食べ物やお金を恵まなかったらどうなる?もっと強盗や店に押し入ったりして、犯罪行為が多くなると思う。

↑もし、君がそういう理由だけで、彼らに施しをしているのなら、それは間違った理由でやっていることになるよ。それは、その与えた物やお金で、ホームレスがヘロインを買うことで、犯罪行為がなくなるって言っていることと変わらないよ。

僕らが彼らに物を恵んであげるのは、ただ彼らがお腹を空かせているから、彼らが人間だから、それ以外の理由は何もない。

私はダウンタウン近くに住んでいたので、結構なホームレスを見ました。チャイナタウンへ行く途中の高架橋の下を歩くときは(もちろん夜は怖くて歩きません)、なるべく小走りに走ったものです。


ハイウエーを下りた信号の側には決まって同じホームレスが、信号待ちをしている車の側にきて、何か恵んでくれというジェスチャーをしていました。


私はいつもアルバイトで帰りが夜遅かったので最初の頃はその光景を見るだけで怖かったですし、信号がいつも青であることを祈りながらハイウエーを恐る恐る降りていたものでした。


私は日本では見たことのないこれらを目の当たりにして、なるべくホームレスがそのようなサインを出しても無視していましたが、周りには食べ物を分け与えたり、お金を渡したりしている人々を実際に

見ました。


今回33都市でこの法律が実施されていますが、今は賛否両論があるようですが、もしこれらの都市でうまくいけば、将来他の都市にも広がっていくかもしれませんね。

(参考)

http://aattp.org/33-u-s-cities-ban-sharing-food-with-the-homeless/

http://www.kulturekritic.com/2014/06/news/it-is -
now-illegal-in-33-cities-to-feed-homeless-people/


http://golden-zipangu.jp/us-homeless2000/

AD