高木淳也オフィシャルブログ

ジャパンアクションクラブ出身アクション俳優。アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市より武術のスペシャリストとして賓客招待されて活躍。ハワイ州ホノルル市郡政府特別顧問も兼任し、日本とアメリカでのデュアルライフを送っている。


テーマ:



【STAFF・リポーター班】


UFCハワイジムで高木淳也がコーチング・ワークショップを行うと言う一報を受け、我々STAFFも驚愕したが、高木淳也が100キロのウェイトを中心に筋トレを行っていた理由の一つに、外国人と渡り合える体づくりがあったようだ・・・。



勿論、以前にも記したが脳機能の活性化と身体を維持する機能アップは、食事制限トレーニングしかないと高木が断言している通りだが、今回それは大きな基礎柱となり、圧倒的なパワーで押し切るUFC陣営との体格差を埋めるため、アクション俳優としてではなく、格闘家として体づくりを徹底して行っていたのではないかと我々は推測しているのである。



否、これは、もはやUFCに限ったことではなく、エネルギーを低下させず、アメリカで戦う戦略なのだと思っている。



現在の格闘技界で、高木自身が“今一番強い団体じゃないかな”と太鼓判を押す、UFC(Ultimate Fighting Championship・総合格闘技団体)。



イメージキャラクターは、UFC格闘技ゲームにも登場するブルース・リー・・・高木自身がUFCを注目した大きな要素であったことは言うまでもない。



また、UFC自体も高木のスピードあるアクションプロモビデオを見て、歓喜の声を上げた。



UFCハワイジムは、ハワイ出身の元UFC世界ライト級王者、元UFC世界ウェルター級王者のBJ・ペンがUFCと共同で経営しているジムである。



そのジムで、名だたるコーチやインストラクターを相手に高木淳也がコーチング・ワークショップを行ったと言う事実は、大きな財産となった。



全米でも最強と称され、ジムのオープン数、施設規模も群を抜き、ファンも多い総合格闘技団体でコーチ陣にコーチング・ワークショップを開いたのは、勿論、日本人では始めてのことである。



我々リポーター陣は、特例有限会社キングオブキングスのSTAFFではなく、プロのライターや卵で構成されている。



つまり、このブログは、特例有限会社キングオブキングスSTAFFとプロのライター等の二部構成で運営されている。



皆、高木淳也の大ファンでボランティアで参加し、様々な事案を目の当たりにして勉強させて頂いている。このような人生を切り開いている人には滅多に会えないからである。



よって、氏名等は公表しないが、高木淳也の熱きスピリットをトコトン追求してお届けしたい。



【関連記事】高木淳也、ハワイUFCジムへ!


【関連記事】ハワイでCPR=心肺蘇生法クラス終了!






この日は、高木が『オクタゴン』と呼ばれる金網に囲まれた八角形のリングに足を踏み入れた瞬間でもあった・・・。



そして、アメリカに来て始めて『実戦空手息吹之會』の道着下を着用した。



アメリカへの二度目の挑戦として二年前に渡米した際、現地の各格闘技団体に挨拶もせず、空手着を着用するのは失礼であるとして、アクション俳優及び護身術のスペシャリストとして公の場所を含めて活動してきた。



数々のワークショップで着用した当時のTシャツが貴重なものになるとは皮肉ではあるが・・・。



しかし、高木の原点は、“空手”だ。そこに高木の“闘技の哲学”が融合され、“速技”が完成している。



今回、披露されたのは、この“速技”である。



UFCは、1993年にアメリカでバーリ・トゥード(何でも有りの意味)ルールで始まったアルティメット大会のことであるが、格闘技術は極めて高かったと高木はコメントを残している。



その名だたるコーチ陣に高木のスキルが公開された訳だが、前章でも記載した通り、我々STAFFサイドも大声を上げて歓喜し、鳥肌が立つほど興奮したのである。






現在、アメリカでの活動に集中したいとのことから直接本人に連絡を取ることは出来ず、加えてUFCに関する事案は、全てUFCを通さなくてはならなくなった・・・。



ハワイ州ホノルル市郡政府特別顧問のスケジュール管理もエージェントが全てを取り仕切っているため、手の届かない存在になって行くような気がしてならないが、ファンのためにと言うことで、現地から出来る限りの公開に尽力して貰っている。






今回のコメントは、その一部である・・・。



高木「空手を4才で始めて、14才極真空手福岡県分支部指導員を任されて奮闘するんですね。


自分の技術を落とさず鍛錬を続けながら、弟子を育てる術を誰も教えてくれる人がいない中でやっていた訳です。


師範が来ないから(笑。


当時自衛隊や他の空手の門下生が覗きに来る訳ですよ、極真が来てるってね。


そこで師範が、“負けたら腹切れよ”って、14才の小僧に本気で言ってる訳です。


それで僕も“押忍”とか言ってね、本気で組手やるんですよ。と言うか喧嘩(笑。


でもね、それが後のJACで物凄い役に立つんですね。


16才JAC空手部門コーチに就任する訳ですから・・・人の前に出ると言う“資格”は、人間性が構築されていなければ何の価値もないのです。


僕の人生には、常に指導者として何かを学ぶ時が成功の前触れなんですよ。つまり、相応しい人間性を構築出来ているかと言う確認の時期でもあるのです。


芸能人なんて所詮水商売です。少なからず人様の前に出て対価を頂いている訳です。


礼儀も知らない、マナーも知らない、知識もないでは迷惑な話しですよね・・・。


今回こうして、現役で活躍する方々の前で、或いは公務に勤しむ方々の前で僕のスキル(技術)を公開できるにあたって、まだまだ苦労と勉強が足りないなとつくづく思う反面、このような経験が出来ていることに感謝しています。


ハリウッドで活躍し、維持して行くということは、本当に大変なことなんです。僕は、全てを自分の手と体で切り開いて行きたいと思っています。


今回のUFCでの経験は、物凄く勉強になりましたし、ブルース・リーが生きていたらきっとコーチしていたでしょうからね(笑」



高木淳也の二度目のアメリカ挑戦は、叩き台を作る挑戦でもあった。



この二年間でタイトル(賞)と資格を取得し続け、今回大きな財産となったUFCコーチングだが、アクション俳優としてハリウッドで活躍するのには、もう一山越えなければならないとコメントしている。



そして、このコーチング・ワークショップの後にとんでもない行動を起こしている。詳細は、UFCの許可待ちである・・・。



次号へつづく・・・。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

高木淳也&STAFFさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ハワイ紀行」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。