こうしたい。こうでありたい。と思っていても

どうしても思い通りにならないことだらけ。



たくさんの人との関わりの中で生きていて

自分だけの気持ちや行動だけでは

なし得ないことはみんなわかっているのです。



だから仕方なく周りに合わせて

こうすべき。こうしなきゃ。に変化してしまう。



そしたら見えてくるのは不自然な未来。



たった1人で生きているわけではないからって

無理に形にはめていたら

本来の形ではなくなってしまいますよね。



環境に慣れるというのと

環境に無理に合わせることは違います。



自分を殺してしまったら

息苦しくなるのは当然だし

力が入りすぎてガチガチになってしまいます。



{55341CF2-ED58-44D9-A523-500292482288}

(愛川町のゴルフ場からの眺めです)


社会人になったら社会のルールに合わせる。

学校なら学校の。地域なら地域の。

家族の中でも独自のルールもあるでしょう。



ただね…。



どこにいても

合わせることだけに焦点を当てたら

苦しくなるなりますよ。



力を抜いて息をして置かれた環境に慣れ

いかに自然でいられるかが大切なのです。



我慢しているなぁと思ったら


どこに。どんな風に。なぜ我慢しているか?を


自分に問いてみてください。



辛いと悩む前に。 


現状を悲観する前に。


一度外から今の環境を眺めてみてください。



気持ちを緩めると違った景色も見えてきます。



天気がいいと横浜から副都心のビルや

スカイツリーまで見渡せる愛川町。



確かに遠いけれど自然を感じると

本来の感覚を取り戻すきっかけになります。



自然を感じると命に感謝が湧いてきます。

いつでも遊びにいらしてくださいね♡













基礎代謝や免疫力を上げるために

緩める・ほぐす・リラックス!

食べること・動くこと・休むこと




良いか悪いかはさておき…。

必ず確認してから行動する我が家の猫のトム。



いちいち振り返って姿を確認したり

匂いを嗅ぎ特定した上でスリスリしたり…。



拾ったのが目が開いたくらいの時期。

生後2週間といったところでした。



同居していた義父は大の動物嫌い。



肩叩き棒やほうきでトムを追い払っていたので

いつの間にか階下の物音や匂いに反応し

相当敏感になってしまいました。


階下の気配を確認し安心できないと

階段は降りられません。




室内で飼うのも猫を飼うのも初めての私。



餌で気を引いている間に出かける方が気が楽で

『はい。これ食べて待っててね〜』といいつつ

ソッコーで出かけてしまいました。


小さなトムに食べる楽しさや嬉しさと
 
いなくなってしまう不安を一緒に植えつけて

しまったのです。 親として大失敗!!



餌を食べる=私がいなくなるとインプットされ

不安からいろんな癖がついたトム。




少し食べたら姿を確認しまた食べるという癖や

食べ始めるとき姿がないと食べられない癖。>_<



おかげで夜中だろうが朝早くだろうが

トントンと布団や顔を叩かれ

起きるまでトントンされる羽目に!


そして一緒にエサの場所に行き

安心のなかで食べているトムの姿。



猫は気ままと聞いていたので

こんなトムになってしまったのは

我が家の環境のせいだと感じています。


ただ時々これだけ確認するってすごいなぁと

感心している私がいるのも本当のこと。

 


{EC2399D4-4954-4D0E-B07B-528EDF53F6D1}




ほかにもあるトムの習性(癖)。


寝るとき側に誰かいたらどこかに触れる。

夜は布団の上で。(寒くなると布団の中に)



こちらも確認=安心なんです。



安心するために確認する。

安心したいから確認する。



何か行動するときに大切な『確認』



落ち着いて着実に行動する。

そのための確認!なんです。



そして安心した証拠にゴロゴロ鳴らす喉の音。


この響きはリラックス効果があり

聴いているととっても癒されます。



お互いに安心しあう。^o^



ここぞの時の確認が重要になってくるのです♡








基礎代謝や免疫力を上げるために

緩める・ほぐす・リラックス!

食べること・動くこと・休むこと




最高だったワンオクの横浜アリーナライブ♡


ONE OK ROCK 2017『Anvithions』JAPAN TOUR

横浜アリーナ2日目の4月22日。



なんとオープニングアクトが!Mr.Childen!!


ありえない〜!




発表されたとき疑いました。(23日も同様)


ワンオクの前にミスチル⁈

どこでどうなるとこうなる⁈


また脳内ぐるぐるが始まった瞬間でした。



小降りの雨の中向かった横浜アリーナ。



定刻ぴったりに現れたのは紛れもなく桜井さん!

なんて贅沢なんでしょう♡



桜井さんの歌声まで聴けて幸せ〜〜。

1.fanfare
2.擬態
3.Tomorrow never knows
4.跳べ
5.終わりなき旅

もう大感激でした〜〜!



{C25C85CC-32FE-4D80-A609-AEFCA3DA8082}


そして19時にライブがスタートしてから

アンコールまで入れると3時間近く

ONE OKの世界を堪能させていただきました。


アリーナ席の様な一体感はないものの

じっくり聴かせていただけるスタンド席は

わたしにはぴったりでした。



『オレらはロックバンドです!』と

言い切っていたTAKAの潔さもカッコよくて。



いろいろな規制がかかったと察するものが

今回のライブにはありました。



{E038F26F-F824-4B16-B569-81A212D4826B}


それにしても歌が上手。

改めて言うまでもありませんが英語の歌詞を

あんなにも気持ちを込めて歌えるひとは

他にいないんじゃないかと思うほどでした。



全身を貫き魂に響いてくることだらけ。



『何かを持って帰って欲しい。』とTAKA。

間違いなく全員いただいて帰りました!




Anvithionsの曲は全て網羅され

そこに Deeper Deeperやほか の曲も構成されて

ほんとうに感動の嵐!!!


Wherever you are は涙ものでした…。



アンコールも2曲。

完全感覚dreamerがラストの曲でした。



手を振りからだを揺らし一緒に歌うのも醍醐味。



たまたま後ろの列の女子数名が

めちゃめちゃ大きな声で

しっかりとした音程で先導してくれたので

安心してついていけました〜!σ^_^;

ライブは本当に健康的♡


{E63EB433-B01A-4960-A3D3-7742B3851AED}



自分はもう歳だからと思ってる?

じゃあなぜここに来たの?

自分でチケット買って自分の脚で歩いて来たんでしょ?


いつでも背中を押すよ。

でも頼らないで欲しい。

オレらも頑張ってるから自分で頑張って!




歌声だけでなくTAKAの言葉も響いてきます…。


本当に素晴らしいをライブありがとう!

また逢いに行きます♡