こんばんは!

書家兼アートディレクター
翠浹(すいしょう)です。

私は季節の変わり目で、
風邪をひいてしまいました…ゲホゲホ



微熱がありますが、
こういう時こそ
「力まなくていい」のだそうです💡


そもそも、
「力む」って何でしょう??


出産をご経験された方は、
お産の時に経験あるかと思いますが


辞書によると

・(全身に)力をこめる。
・力のありそうな様子をする。いばる。

のだそうです。


私は書家ですので、「力む」経験をよくします。

例えば
書作品を制作する上で

「誰かに良いとこ見せよう」
…なんて気持ちで書くと
妙に線が力んで、つまらない作品になってしまうんですよね。


私と共に作品を制作している
【源実師 純真】さんに

「力む」の言霊は「力無」

と教わりました。



「え?力無かったらダメじゃないの??」
と思いませんか?キョロキョロ



「武道」の世界で「究極の奥義」と
いわれているのが

『無』。

360度どの角度から攻撃されても
交わすことが出来る。

もし、力んで一点に集中していたら
交わすことは出来ない。


「力無」ですね。





今日紹介する作品は、



{E828B9BD-86D1-4289-BB94-5FFE352169B8}

この作品も
風邪で高熱がある時に仕上がりました。


書いたというより、書けた!

という感覚で

身体が自然に書かせてくれたような


まさに、「力無」の状態ですお願い



『さよならもはじまり』


今日この作品を紹介したのは

今回のBlogでこちらのBlogを閉鎖して

LINEブログに移行して行きます。




こちらで新しくBlogを書いていきます。



今までありがとうございました!

そして

これからもよろしくお願い致しますクローバーお願い



幸運ぶ
素敵な1日となりますように…✨✨⭐️



AD