イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



2016年の世界情勢から日本、私たちのあり方について考えてみます。


世界情勢で気になるのは、

やはりテロ


10年前に比べると、テロの発生率はかなり上がっています。

この、背景には国家の破綻が原因です。


中東、北アフリカの独裁政権が倒れ、

混乱の中、不満をもっていた勢力が拡大をしてきているのです。


その勢力の中にテロリストがいます。



そして、欧州への難民問題

テロリズムがはびこる破綻した国家から逃げてきた難民が

大群で押し寄せています。


もともと、

自由な人とモノの行き来ができる経済圏として

EUは設立されたため、

移民に対して寛容なのですが、

数のバランスが崩壊し、EU圏の存続すら怪しくなっています。



激動の予感する始まりを迎えた2016年ですが、

これから、世界の舵をとる国家は3つあると言われています。


さて、どこだと思いますか?


一つは、もちろんアメリカ

かつて世界の警察として、一強の超大国でしたが、

ここに来てパワーが落ちてきています。


そこで、出てくるのが、

新興国の2国


中国ロシアです。


このアメリカ、中国、ロシアが3強として

世界の中心になっていきます。


ロシアは経済的にはアメリカ、中国、他の先進国に劣りますが、

かつて、ソ連として牛耳っていた社会主義の影響力を巧みに

利用しようとしています。


神出鬼没な動きで、世界を振り回します。

そしてプーチンは、その動きを国民に圧倒的に支持され、

勢いがあります。


クリミア併合

シリアのアサド政権支持


どれも欧州と対立する動きです。



そして、中国

アジアの覇権を握り、大国の仲間入りを果たすべく、

かなり強引に仕掛けてきています。


尖閣諸島に始まり、

南沙諸島の人工島

東シナ海沖の隣国との対立


軍事も力をいれ2015年(昨年)、ロケット軍を創設しました。

陸海空軍と同等の扱いです。

弾道ミサイルに脅威を抱かせるためです。


こんな強引に覇権を握ろうとする国に同調するわけにはいきませんよね。



さて、


影響力はNo.1だが、少し落ち目のアメリカ


強引にアジアの覇権を握ろうとする中国


神出鬼没で勢いのあるロシア


あなたはお気づきでしょうか?


世界地図を思い浮かべてください。



私たちの住む日本は、


この3強に囲まれています!



私たちは戦後70年間、

アメリカの傘にあって、

世界の中で日本どう動くか?

戦略を考える必要はなかったのですが、

もう、その時代は終焉に向かっています。


ですから、

その内容の是非はともかく、

安保法案や憲法改正の話が出ることは至極当たり前のことです。

逆に、何もない方が国家としておかしいでしょう。


その意味では、

最低限の健全さはまだ日本にあるように思います。


でも、何も戦略のないところから思考のパラダイムシフトをしないといけません。


この世界情勢の中、日本がどうあるべきか?

考えなければなりませんね。


そのあたりの話、また改めてしたいと思います。

2016年は激動の年の幕開けとなる可能性は高いです。


まずは、ご一緒に興味をもって世界を俯瞰していきましょう。


お役に立てばうれしいです。

お読みくださりありがとうございます。


PS1

何をしても夢を実現できない場合は、成功を科学する。

⇒ http://bit.ly/1PSeTi4


PS2

自由なライフスタイルに憧れるならコレ!日本一読まれているメルマガ

⇒ http://bit.ly/1PONldT


PS3

あの稲盛和夫氏、柳井正氏も絶賛する目標達成メソッド!
⇒ 
http://bit.ly/1Q9jApQ


PS4

3カ月後の英語力にビックリ!日本人のための英語
⇒ 
http://bit.ly/1jY8XaG




▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります