イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


2016年始まりましたね。


2016年最新ニュースによると日本は

GDP国民総生産は世界3位をキープしつつも、

国民個人の生産は世界20位にランクダウンとなりました。

この先、消費税10%へアップが控えており、

経済の雲行きが怪しくなってきています。


しかし、

2016年3月の北海道新幹線の開通

5月の伊勢志摩サミット

さらには、2020年の東京オリンピックに向けて

日本が盛り上がる明るい材料もあります。


「1億総活躍」というスローガンが掲げられていますが、

やはり、直接的でも、関節的でも、

個人の経済状況を良くすることが、

活躍の成果になるでしょう。


そうすれば、

心配なく老後も過ごせますし、

ゆとりができれば出生率もあがり、

理想的な社会に近づきます。


是非、国には個人の経済状況を良くする施策に期待したいですね。


さて、

その個人であるあなたは、

目標を2016年立てましたか?


まだ、目標を立てていない。

立てたもののしっくりきてない、自信がない。


そんな方は今からご説明する目標の立て方について参考にしてください。


目標を立てるのに大事なことは、

まず、ひとつめは


フォーカスすることです。


ただし、

今、取り組んでいるものの延長戦上で考えてしまうと、

周囲の状況やその時の気分に流されてしまいます。


そうではなく、

1年後に振り返った時に

「2016年何を達成していれば2016年が最高の年だったと言えるか?

それは何か?」


と自分に問いかけます。


仕事面も。

プライベート面も。


逆に、

「それを達成していなかったら、

何を失うか?どんな気持ちになるか?」

を想像しみてください。


そうすることで、

達成するモチベーションが生まれます。


そして、

もう一つ大事なのが、


現実的なプランを立てること


2016年の箱根駅伝で

青山学院大学が完全優勝を成し遂げました。

しかも2年連続優勝。


青学大の原監督は

敏腕営業マンから指導者になった異色のキャリアです。


2004年に陸上部監督に就任したときに、

次のように学校側に豪語しました。


「3~5年で箱根本線出場。5~9年でシード権獲得。

10年で優勝争い」


長期的且つ、現実的な目標ですね。


そこから、

選手個人個人に目標管理を導入させ、

自主性を育み


練習においては、

理論的に意味のない慣習的なものは排除し、

例えば、体幹トレーニングには、

その道のプロを指導者に招き、理論を実践させる。


このような具体的プランを実践してきました。

監督に言わせると、

ハッピー大作戦というのでしょうが、

そこには緻密な長期目標達成に向けたプランがありました。


その結果、どうなったかは、ご存知のとおりですね。


このように、

ワクワクする目標にフォーカスし、

現実的なプランを立てる。


これが、

ベストな目標の立て方です。


あなたもハッピー大作戦で、

2016年をハッピーに過ごしてください。



とは、言っても、

意外と目標を明確にするのが難しい、

分からないという方もいるかもしれません。


その場合は、ぜひこちらをご覧ください。


あの稲盛和夫氏、柳井正氏も絶賛するメソッドです。

目標達成は技術です。


⇒ http://bit.ly/1Q9jApQ


お役に立てばうれしいです。

お読みくださりありがとうございます。



PS1

いろいろやったけど夢を実現できない場合は、成功を科学する。

⇒ http://bit.ly/1PSeTi4


PS2

何とらわれることなく生きたいあなたが読むべき、日本一読まれているメルマガ

⇒ http://bit.ly/1PONldT


PS3

多忙なビジネスマンも一日10分でOK! 日本初の英語会話メソッド!

⇒ http://bit.ly/1jY8XaG



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)