イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



あなたやあなたのお子さん、

あなたの部下、あなたの兄弟


成長するための効果的な方法ってなんでしょうか?


マインド的には、勿論、

やる気に満ち溢れて充実しているときが

最も成長の流れにのりますよね。


過去を振り返ると、

あなたもそんなときありませんでしたか?

「あの時はやる気に満ち溢れていた」

なんて若かりし頃(笑)


では、

その”やる気”になるにはどうしたら良いか?

自分で奮い起こせるほど自立していたら、

話はそれで終わりですが、

なかなかそうもいかないときありますよね。

私もそうです。


でも

万人に共通する成長のコツ

間違いなくあります。


それは”環境”です。


最近、よく目にするライザップのCM

ぽっちゃり体系の人が数カ月でムキムキになるわけですが、

あれは、CMのとおり、

トレーナーに対して「結果にコミット」しているから、効果があるんですね。

トレーニングメニューとトレーニング方法を知っただけでは、

ムキムキになれません。

「やると約束したから」という危機感が

トレーニングを習慣化しているのですね。

人とのつながりが影響しているのです。


また、

東大生の親の年収は世間一般よりも高いです。

世帯年収1000万円以上ともいわれています。

60%が世帯年収950万円以上

450万円未満は13.5%

1550万円以上は17.1%

と1550万円以上の割合の方が450万円未満より多いのです。

※2012年調査結果


勿論、お金さえあれば良いということはありませんが、

この事実を客観的にみると、

お金が多い方が学力向上に有利です。

お金があれば、明らかに環境に影響を及ぼすことができるのです。

子供が学力を伸ばすことのできる環境を存分に提供できるのです。


そう、ご想像のとおり

塾、家庭教師、有名私立中学の環境を提供してあげれる。


・受験のプロの先生が教えてくれる

・勉強の出来る子が周りにいて刺激になる

・週何日かは必ず勉強する習慣がみにつく

・快適な環境で勉強できる


優秀な人が周りにいることで

「勉強ができることが当然」と思うようになるのです。



成長するには

特に人の影響が大きいですね。


アメリカのシリコンバレー

ここにはGOOGLEを初めとする、

ITベンチャーやモノづくりのベンチャーがたくさんあります。

画期的な技術やイノベーションが生まれやすいのですが、

これも、人のネットワークです。


様々な国籍の優秀な人材が

この地域をネットワークを使ってグルグルと回っている。

会社はコロコロ変わるけど、ここでつながる人的ネットワークからは出ない。


多様性を認める優秀な人材とつながる環境に身をおいているのです。


もし、

あなたやあなたの家族や同僚を成長させたいと思ったら、

環境を変えることを薦めれば良いのです。


言われれなくても実感されているでしょうが、


不良が多いと不良になる。

ゴミが捨ててあると不法投棄して良いとおもってしまう。

友人がたばこを吸うとすってしまう。

などなど


人に影響されて、こんなことはよくありますよね。


良いことも同じで、自分の身を置く環境が大切です。

自分や大切な人の身を守る、あるいは成長しようと思ったら

まず、環境を考えるべきですね。


かくいう私も、同じ会社勤めで部署も変わらず

同じ場所にいると、

「成長しているのか?できるのか?」

ちょっと澱んだ感じで自問自答してしまいます。


なので、

ここは思い切って、

「ビジネススクールの英語の授業を受けてみよう」と

行動を始めました。

留学経験も海外勤務も全くないですけどね(笑)。


そう、成長のために環境を変えるためです。


同じパターンの生活で安心していると、

知らずのうちに成長が鈍化している恐れがあります。


もし、あなた自身や大切な人の成長に「?」があれば、

新たな環境に身を置くことを強くおススメします。


そうそう、先の東大生の話にも関係して

お子さんの成長には、お金がどうしても必要になってくるのですが、

無駄をなくした効果的なお金のマネジメントを教えてくれる動画があります。


親が知るべきお子様の成長のためのお金の授業

⇒ http://bit.ly/1RwXE4y


お役に立てばうれしいです。

ここまで、お読みくださり有難うございます。



私の「ビジネススクール」の話は

何か進展したらお話したいと思います。(笑)


PS こんな環境にいつも身をおけたら、間違いなく楽しいですね。 

⇒ http://bit.ly/1PONldT



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります