イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


安保法案が成立


今日未明の国会討論見ましたか?


やはり注目されたのは


民主党 福山哲郎氏


彼の安保法案反対の熱意は伝わりました。

それに心動かされる部分はあったかもしれない。


しかし、


・福山氏は国民全てが安保法案に反対している

・国会前でデモをしている人が正義である


かのような発言をしていました。


また、

感情が高ぶっていたとは言え、

答弁時間を守らず、

「武士の情けで聞け!」と

吐き捨てるのは、

逆に「あなたは何様?」と聞き返したくなりました。


ここにある種の怖さを感じました。


国民の大多数は、

慎重に冷静にこの事態を見守っているのです。


多くの有名人が

「安保法案、戦争法案に反対」と意見を述べる中


松本人志さんがワイドなショーで

「今のままで良いと思ってたら、それこそ平和ボケですよね。」の発言や


つるの剛士さんがツイッターで

「反対側だけじゃなくて賛成側の意見も聞きたい」


は、有名人の少数派ですが

ごもっともな意見と思います。


さて、

”報道ステーション”のスポンサーを高須クリニックが降りました。

安保法案 反対に偏重する姿勢が気に食わなかったそうです。


メディアの代表格である報道ステーションの報道ですが、

私も、最近の報道を見ていると

「安保法案 反対」に傾いているな

と気になってました。

国を代表するメディアという自覚があるなら

多面的に伝えることを望みます。


これも”反対派が正義”を扇動している原因の一つかもしれません。



確かに、今回の法案の進め方は強引でした。


多くの国民が納得するのは憲法9条の解釈を変えるのではなく

改憲後、法案を通すことだと思います。



核を持とうとする北朝

軍事大国化し東シナ海の覇権拡大を狙う中国の驚異、

イスラム国などテロ組織の国際展開

等々


考えると、

防衛に対する新たな法整備は必要でしょう。

「国際協調することで、防衛線を張り抑止力を高める」

という理論は、

病気になる前に、予防をするという考えに近く

間違っていないと私は思います。


しかし、

今回の成立までに

与党内で具体的事例の解釈にズレがあったり、

法案成立を急ぎすぎた点は、

誰が見ても自明で、

慎重な検討と説明が必要でした。

これからは、それを要求したい。


逆に、反対派の中には、

維新の党のように対案を用意する党もありましたが、

ほとんどの党は、法案の綻び(ほころび)をつくのがメインで

現状維持に終始し、これといった提案はありませんでした。

山本太郎氏の一人牛歩は単なるパフォーマンスで

国会議員としての資質を問います。


現状維持で良いとしたら

それこそ日本のご都合主義で

ガラパゴス化します。


ガラパゴス化したらどうなるか?


永世中立国であるスイスが良い例です。

(ガラパゴスというとスイスに失礼ですかね)


スイスは平和な国というイメージがありますが、

軍事同盟を組まず、個別的自衛権で国を守るために


徴兵制を強いています。

自宅にはほぼ100%核シェルターがあります。

万一、有事の際には、

国民が武器を持ちし立ち上がらなければなりません。


日本はこの国を目指しますか?


「戦争法案 反対」と声を上げることにとやかく言うつもりはありませんが、

「戦争法案 反対」こそが正義という風潮になるとすれば(もうなってるかもしれないが)、

それは違うと言いたい。


あなたの思考や解釈のお役に立てればうれしいです。

ここまで、お読みくださり有難うございます。



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!(249)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)