イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



普段の何気ないお気に入りの行動が

体に良いとわかると嬉しいもんですね。



「コーヒーは健康的な習慣」という記事で

コーヒーが多くの生活習慣病にとって

良いものであることをかきました。


こちら

http://ameblo.jp/junseiyamato/entry-12025104427.html



コーヒーの中のクロロゲン酸という物質が

抗酸化作用があるのが、その作用が主たるメカニズムと考えられています。



さて、

私のお気に入りのブレイクタイムは

ブラックコーヒーチョコレートです。


チョコレートには、

カカオポリフェノールが含まれています。


ポリフェノールというと、ワインですが、

チョコレートにもあるんですね。


愛知大学院大学の大澤教授によると、

大規模な研究で

チョコレートを食べたことで、

血圧が優位に下がったとのことで、

高血圧への作用が確認されました。

これは画期的なことです。


コーヒーやワイン同様

カカオポリフェノールも抗酸化作用がありますので、

動脈硬化の予防や

ガン予防にも効果的とされています。


フランスでワインを多く飲む地方が

心疾患発生率が少ないように、

チョコレートを世界で最も多く消費するスイスでは

胃がんの死亡率は日本の1/4という統計学的数字もあります。

もちろん、人種間の遺伝的差もあるでしょうが、

それなりの差ですよね。


また、チョコレートやコーヒーの香りは

鎮静作用もあって、

気持を落ち着かせるには最適です。


私は、

会社でも少なくても一日一回は

このブレイクタイムをしています。

なんとなくやっていましたが、

間違ってない習慣なので、

これからも続けます。


チョコレートはカカオがないと

健康的な作用はありませんので、

ビター系、ブラック系がおススメで、

ホワイト系はススメません。


コーヒーにしてもチョコレートにしても

生活習慣病への注目が高いので

そのうち、

トクホ商品がたくさん出ていきそうですね。


ただ、チョコレートは脂質、糖分も

たっぷりありますので、

ほどほどにしないと逆効果です。


適度にコーヒーとチョコレートの食べ合わせ

でブレイクタイムを楽しみましょう!


イノベーションの活動中に至福の時を!


お役に立てば幸いです。



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります