イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


事業での収入による納税額が日本一


銀座まるかん創業者の斎藤一人さん


その一人さんの人生の考え方を表すのが



”仁義”という詩です。



たった一度の人生を


世間の顔色うかがって


やりたいこともやらないで


死んでいく身の口惜しさ


どうせもらった命なら


ひと花咲かせて散っていく


桜の花のいさぎよさ


一度散っても翌年に


みごとに咲いて満開の


花の命の素晴らしさ


ひと花どころか百花も


咲いて咲いて咲きまくる


上で見ている神さまよ


私のみごとな生きざまを


すみからすみまでごらんあれ



この詩に斎藤一人さん生きざまが凝縮されているようです。



一人さんは、

神の存在を信じています。


でも宗教を作りたいわけでなく

自分が教祖でもなく

分霊(わけみたま)といって

誰もが神から御霊をもらっていると言っています。


そして私たちは

現世の肉体に魂を宿して生きているとのこと。


仏教的 輪廻転生を信じておられます。



それと、

一人さんの成功と何が関係があるか?



ずばり!

神の喜ぶことをやっているから。


神はすべてをみています。


日頃の考えや行動が

因果となり、

巡り巡って自分のところにあわられます。


そして

魂が磨かれたり

腐ったりします。


現世では、

現世での魂に託された

人生の意義があるのです。


言葉を変えるとミッションでしょうか。



たった一度の人生を


世間の顔色うかがって


やりたいこともやらないで



人の目を気にするのはやめにして。



愛と光でもって生きていく


一人ワールドはシンプルですが、

奥が深いです。


自分の人生の意義を考え、

それにむかって素直にいく。


シンプルなはずなんです。

楽にいきましょう。



お役に立てばうれしいです。




▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります