イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


現代文明のアンバランス


10年くらい前にインドにいったことがありますが、

既に携帯電話社会でした。


若者でも中級クラスの人は持っていましたね。

意外と持っているなという印象でした。


今は、インド全体の人口の約53%が携帯電話を持っているそうです。

子供が多い社会であることを考えると

そこそこの普及率ですよね。


それに対して、

インド全戸あたりの戸別トイレの普及率は47%と、

携帯電話の普及率より劣るのです。


国民の半数以下が、

家にトイレがないので、

屋外の茂みに隠れて用を足している。


それで、毎年、6万人だか、

数万人の人が下痢やコレラで亡くなっています。


公衆衛生は、

基本インフラです。

これが整備不十分にかかわらず、

携帯電話の方が普及しているのは、

まさに、文明のアンバランスですね。


理由は単純ではないようです。


①そもそもトイレで用を足す習慣がないので、

  公衆衛生の基本知識がない。


②カースト制のため、最下層の人が用を足した跡の処理をする役割がある。


③水不足のため、水洗トイレが設置できない


④設置や維持にお金がかかる


などなど、いくつか理由があります。



③の水問題については、

バイオトイレという解決策があります。

バイオチップに微生物を住まわせて

これに分解をしてもらう。

というリサイクルシステムになっているトイレです。


電気を使うのでコストの問題はありますが、

水入らずで水を引くというインフラは必要ありません。


電気の部分を太陽光などで自家発電できれば

電気を引く必要もなく、エコフレンドリーですよね。


④も解決できる技術イノベーションが起こると

一気に世界的に普及させることができるでしょう。


①、②は啓蒙が必要ですが、


簡単な解決案として

これには、日本の歌「トイレの神様」を流行らせるのが良いかも。


インドは携帯電話同様に、情報インフラは発達してるので

YouTubeに英語やヒンドゥー語で流すといいかも。

「トイレには幸福の神様がいる」

日本のよき言い伝えを注入して

トイレに対する見方を変えてもらえれば。


全世界では約25億人がトイレで用を足せないそうです。


これを解決できれば

本当にイノベーティブなことです。

バイオトイレトイレの神様の普及を望みます。


お役に立てば嬉しいです。



PS1 以下、情報今のうちにゲットしてください。


もし、あなたが今までネットビジネスで
何をやっても稼げない状況にあるのなら朗報です。

水面下で既に「1,052名」が軒並み収入獲得という
『カワユーゴな方法』が、期間限定で
無料公開されています。


・重度のノウハウコレクター

・パソコンが大の苦手な主婦

・1日30分も作業時間がとれないサラリーマン


全く関係ありません。


詳しくは こちら



PS2 

『The Answer ジ・アンサー
 ~ネットで月収10万↑100万↑1000万↑収入を得る3つのテンプレート~』

情報販売だけで年商10億をあげている日本一のマーケティングの鬼才・中村司さんが
情報販売の未経験者の方が、手堅く月収10万を得る方法をお伝えします。

詳しくは こちら



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります