イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



製造業 ブログランキングへ



逆転の発想があなたにイノベーションを生ませます。


技術発明も

ビジネスも

政策も

人生も


全てにおけるイノベーション


天才的と言われた人は、逆をついていることがあります。

逆説を立てて、行動しているのです。


たとえば、マーケティングの世界で。


映画のヒーローといえば、

スーパーマンを初め

容姿端麗な、スマートな男というイメージがあります。


それの逆をついたのが

ミスターインクレディブル

中年太りの男が無理やりスーツを着ている

これまでとは全く違うヒーロー像

見事、ヒットしました。



また、医療技術では、

マゴットセラピーというのがあります。


マゴットとはうじ虫(ハエの幼虫)のことです。

体の腐った部分に集まり食べる習性があるため

壊死した部分にいるのです。


戦場で経験的にマゴットのいる負傷兵とそうでない負傷兵とでは

マゴットのいる負傷兵の方が治癒力があることが分かっていました。


不衛生とされ、世間的に嫌われているマゴットを

あえて、医療に応用しマゴットセラピーとしたのです。

今は、組織が壊死した患者さんにこれを適用するセラピーが普及しています。


これも逆転の発想です。


ワクチンもそうですよね。

元々、病原体となるウイルスや最近を弱毒化して、

体に入れて免疫系を働かせているのですから。

これをしていないと、単なる病原菌です。



最後に一つ、

社会活動の逆転の発想。


普通ゴミを捨てるのには、

お金がかかります。

日本の場合は自治体が負担してくれていますが、

税金で負担しているわけです。


ゴミによる街の汚染に悩む

ブラジルのとある町の自治体は

ゴミを減らす作戦に出ました。


普通の発想だと、

清掃員を雇ったり、

自分たちで清掃活動をすることかもしれません。

でも、この自治体は

ゴミ2袋を持ってきたら引き換えに

食料品を1袋引き換えることにしました。


これにより、

街は掃除する必要なく、

常にクリーンな状態をキープすることができました。

そのうえ、

市民は食料がもらえて喜んでいます。


これは、

「モノを与える」という逆転の発想です。



古くはコペルニクスが

通説の「太陽が地球を回っている」を逆転し、

「地球が太陽を回っている」という説を唱え

世間の反感を買いました。


でも、その正しさが証明されると

歴史に名を刻むのです。


ちょっとした逆転の発想を使うことが

あなたの状況を変えるかもしれません。

人生のイノベーションを起こしましょう。

お読みくださりありがとうございます。

お役に立てば嬉しいです。



PS 最新ビジネス・啓発情報

    関心のあるものは必ずゲットしてくださいね。(クリック)

→ http://junseiyamato.blog.shinobi.jp/




▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



製造業 ブログランキングへ








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)