イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



製造業 ブログランキングへ


あなたは気を信じますか?


手をかざすとヒーリングしたり。

少し押すだけで大男が倒れたり。

刀があたっても切れない体になったり。


私はどちらかというと、

信じる派です。


ものすごく驚くような体験をしたこともないので。

確信をもって言えませんが、

これって、イノベーションを起こすことにとっても大事なことではないでしょうか?


子供が泣いたときに、

「イタイのイタイの痛いの怪獣に飛んでいけ~」とか言って

あやしたら、

子供が、ケロッとして、ニヤリとする姿をみせます。


このとき、

気ってものは存在するんだろうなと思います。

痛みを忘れてますもんね。


また、

気をテーマにしたストーリーって

子供の頃から見ているので、

信じやすいのかもしれません。


アラフォー世代の男性がハマった漫画と言えば

「ジョジョの奇妙な冒険」

ここでは「波紋」や「スタンド」といった。

気やエネルギーを扱ったストーリーが繰り広げられました。


呼吸を整えて、波紋エネルギーで「オラー」と言って、敵を倒す。

とてもハマりました。

なんか生命の可能性を感じさせてくれました。


今、思うと作り話だけど、

「あながち間違っていないな」と思います。


見る

聞く

触る

匂う

味わう


五感のどれをとっても、エネルギーの振動が私たちに伝わってきているのです。


「見る」は光の振動

「聞く」は空気の振動


考えることだって、

電気エネルギー化学エネルギーを使って、

伝達をしています。

エネルギーを発しています。


「おかげさまで生きる」の作者の矢作直樹先生は

「魂」「霊性」を信じておられます。

私たちは個体として形はありますが、

魂はあらゆるものに通じている。

「死とは個体はなくなるが、魂は死んでしない」ということをおっしゃっています。

修羅場の救急医療を現役でやっている先生が言うことですから

説得力がありますよね。


また、私の好きな生物学者 福岡伸一先生は

著書「動的平衡」にて

「人は半年もすると別人になっている」と言っています。

私たちの体の中にあった分子は、すべて新しいものに置き換わっているからです

これも、見方を変えると、

私たちは万物の一部というようにみることができます。


ですから、

私たちが発するエネルギー(気といっても良いし、波動と言ってもよい)は

天地宇宙、万物に通じることができると言われて、

否定することができません。


逆に科学的であるようにすら思います。


別の表現をすると「引き寄せの法則」とも言われますが、

自らが信じて欲したことは、

外界と共鳴し、本当に手にすることができるのです。


小さなことであれば、

私も体験があります。

「連絡がほしい」と思ったときにその連絡があるとか。

「成長のきっかけがほしい」と信じたら、その機会が訪れたり。


このような経験を積み重ねると、

本当に信じぬくことができる原理原則なるのかもしれません。


「信じるものは救われる」というのは、

馬鹿にはできない、と思います。


仕事にも当てはまります。

熱いうちにやっておかないと

風化してしまいます。


仕事に気持が入っているかは不思議と周りに伝わります。

定量化できないけど、

イノベーションを起こすには大事なことです。


ですから、

イノベーションは気から 

だと思います。

断言します!


お役に立てば嬉しいです。


PS1 ビジネスの神の数式:これだけは覚えてください

→ こちら

PS2 あなたの心の振動があう情報があるかもしれません

    必ずゲットしてくださいね。(クリック)

→ http://junseiyamato.blog.shinobi.jp/




▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



製造業 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)