イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



製造業 ブログランキングへ



スティーブ・ジョブズを超えるイノベーターと言って決して過言ではない


イーロン・マスク


もし、あなたがこの名前を知らないのであれば知っておくべき名前である。


なぜなら今世紀 世界No.1の発明家であり、

イノベーターであるからである。


スタンフォード大学を2日で辞めて

ペイパルを興して資金を得て、

ポルシェより速い、電気自動車をつくり、

民間で初めて国際宇宙ステーションドッキングに成功。


IT事業

電気自動車

太陽光発電

宇宙事業


ひとつではなく、これら全てで

テクノロジーとビジネスのイノベーションを興した。


イーロン・マスク

只者ではない。


天は二物を与えるのである。

彼はプロの技術者としても

経営者としても類稀なるセンスを発揮している。


1971年生まれ南アフリカ出身


電子決済システムを構築し、このペイパルの前身の会社を売り、

莫大な資金を得た後、

宇宙事業としてスペースXを起業し、

同時に電気自動車テスラ・モーターズのCEOを兼任、

さらには、太陽光発電事業としてソラーシティーに出資し、

3事業を兼任する経営者として、

その技術開発から経営まで

全てに携わり、夢を次々と実現している。

そしてその夢は続いている。


電気自動車では、高級車ロードスターを開発し、発売した。

乗り心地、デザイン、ロケット技術とどれをとっても革新的といわれる。

そのすべてにイーロンは関わっている。

今は、電気自動車の普及の拡大のため、

中級から一般車までの品ぞろえと電気チャージステーションの設置の実現に向けて動いている。

スティーブ・ジョブズがパソコンをコモディティ化したように。


宇宙事業では、国際宇宙ステーションに宇宙船「ドラゴン」で民間初のドッキングに成功

ロケットの使い捨てはもったいないと、

技術革新をし、ロケットのリユースをプロジェクト化し、

試験を成功させている。

従来の10分の1のコストでロケットの打ち上げを可能とした。

最終的には火星に人類を送り出すことを本気でミッションとしている。


ここまでで、

あなたには疑問が湧かないだろうか?


・ITで得た私財のほとんどをとてつなくリスクの高い事業に費やせるのだろうか?


・なぜ?民間で宇宙開発をするのだろうか?

 それも敢えて高い技術ハードルにチャレンジして。


・何故、宇宙事業と並行して電気自動車を作るのか?


・何故、太陽光発電事業に関わるのか?


・何故?発明家であり、ビジネスマンであり、イノベーターであり続けるのか?


・何故?これほどまで夢に対して情熱を示し、実行するのか?



答えは・・・分からない


彼の思考は人々の想像を超えている。

本人も「何故?」なのか分からないようである。


分かっていることは、

彼ほど、構造力実行力に長けた人間は人類にはいないということ。


それほど、類まれなるセンスと能力を持っている。


その秘訣に迫ると

私にはいくつかのことがわかった。



ひとつは、

物事の本質を突き詰めるということ。

突き詰めるのではなく、煮詰めるのかもしれない。


彼は若くして、

人類は必ず持続可能なエネルギーとそれを利用する手段を

必要とする時代が来ると確信した。


太陽は、すでに地球が利用している間接的核エネルギーである。

太陽がなければ、絶対温度3度の世界となり、

生物は生きていけない、。

地球が利用しているエネルギーを少し違った角度で利用することができないか?


そのシンプルな問答の回答が

太陽光エネルギーの事業と

電気自動車につながるのである。


さらには、スティーブ・ジョブズがパソコンを地球上の個人に普及したように、

コロンブスが新大陸を発見したように、

人類を宇宙に連れていくことが人類の次なる発展につながると確信したのである。


彼の本質を突き詰める思考と自身は誰にも真似できない。


イーロン・マスクのセンスと能力の秘訣


二つ目は、

物理学が彼の構想力を磨いてくれたということ。

量子化学のように、常識を変えたロジックを知ることは、

本質を煮詰め、新たな構想を得るのに役立った。(イーロン談)


三つ目は、

友人や同僚のネガティブな意見にも耳を傾けること。

当たり前のようでほとんどの人が出来ていない。(イーロン談)

これが、イーロン・マスクが単なるアイデアマンで終わらない所以であろう。

実行力を支えるスキルである。

ロジカルシンキングをするためには、

万人の意見に対して、反論を用意する必要がある。

これを夢の実現と並行してできる人物は稀である。


どうだろうか?


イーロン・マスク

今世紀最大のイノベーションを起こす人物


彼の秘密に迫りました。


私も科学者の端くれ、イーロン・マスクを目指したい。


あなたのお役にも立てば嬉しいです。

お読み下さりありがとうございます。



>追伸


 イーロン・マスクはITからビジネスを始めた。

 あなたが始めるITビジネスが軍資金となり、

 あなたの伝説の序章となるかもしれない。


 以下、注目の情報もお見逃しなく。


○あなたの常識が壊れるビジネスを限定公開

→ http://junseiyamato.seesaa.net/article/403794739.html?1408113735


○あなたが業界のスターになる方法(これも限定公開)

→ http://junseiyamato.seesaa.net/article/403794664.html?1408114011



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



製造業 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります