イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


STAP細胞、ノーベル賞級の発見か?

と話題をさらい、

リケジョということもあり

大注目で賛辞を浴びた小保方晴子さん。


そして一転、論文捏造疑惑で大惨事。


小保方さんの成果を前に記事で取り上げた手前、

改めて、ここで記事にします。


私や世間が小保方さんの仕事に対して

賛辞を送ったのは、

もちろん、信ぴょう性のある科学的データであること

を前提としていました。


今回の騒動で、

理化学研究所や大学の研究の危うさが出てしまいましたね。


小保方さんのやってしまったことで、

最も問題なのは、

STAP細胞でない細胞の画像を載せてしまった。

また、遺伝子解析の画像を科学的根拠なく

都合の良いように加工処理をしてしまったことです。


これが、捏造か?ミスか?真相はわかりませんが、

捏造と言われても、仕方ないことをやってしまったと

小保方さんには認識をしてもらわないといけないですね。


普通にモラルのある研究者は

インパクトファクターの高い

NATURE論文に載せるデータを間違ったり、

都合の良い加工処理をしたりしません。

データ管理がずさんと言われてしかるべきです。


ただ、盗用疑いのあった実験方法のコピーは、

リファレンスとして、コピー元を参照しておけば、

問題にならなかったと思います。

これは、研究者としての礼儀をわきまえていなかったというだけの話。


以上のように、

彼女のモラルに問題はありますが、

一連の報道をみていると

理化学研究所が彼女に全ての否を

押しつけようとしているようにも見えます。


これは弱いものいじめですね。

理研センター長であり、ノーベル賞の野依先生が相当強者ですから

きっと名誉に傷をつけるわけにもいかないのでしょう。


ことの発端には、

理研のセルフチェック機能がないことも問題になります。

これが二つ目の問題。


普通、企業の研究開発業務では、

QC(クオリティーチェック)やQMS(クオリティーマネージメントシステム)があり、

データをしっかりとチェックして、信頼のあるデータとします。


その文化が、理研にはないのでしょう。

もしくは、機能していなかったのでしょう。


私は大学で研究していたのでわかるのですが、

大学も含め公的機関のデータの信頼性は

個人のモラルにほぼ全て委ねられています。

そしてその個人が

信頼性を守るための教育を受けていないことが

結構あります。

企業には教育訓練というものがあるのですが、

公的機関には、ないのでしょう。


その悪い代表的な例が出てしまったのが、

小保方さん捏造疑惑になります。


まとめると、問題の本質は


①研究者個人のモラル低下


②データ信頼性確保の組織運営の甘さ


この二つです。


①は小保方さんの問題

②は理研の問題です。


ですから、②について理研は素直に認めて

改善活動を公言すべきですね。


権威のある野依さんの名誉は気にしないことです。

今後、勇気ある発言を期待したい。


そして、本当に社会に必要なことは、

STAP細胞が本物かどうか?

明らかにして欲しいということです。


少し、ほとぼりが冷めたら

これを検証することに注力をして欲しいですし、

そうすべきです。

それが、社会への還元になります。


いち企業研究者としての見解でした。


お読みくださりありがとうございます。



●耳よりなお得情報!


○「自分最適ビジネス」発掘セミナー

→ http://123direct.info/tracking/af/816541/NJqo5Tlz/


○七星さん直伝!「不労所得を手に入れる方法」

→ http://123direct.info/tracking/af/796699/OVLNLskj/


○必見!がら空き状態の「奇跡のビジネス」

→ https://www.affiliate-mts.com/items/go/59kk?afid=10627



応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)