イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



今、巷では意志力がゆるやかなブームです。


景気が上向いているとは言え、

まだ閉塞感が漂い

不透明な未来に不安をもっているのが

今の日本や先進国の人たちの状態なのかもしれません。


ですから、

その中でも明確な意志をもっている姿はあこがれであり、

何かと誘惑があり、流されがちな日常を打破したい

という希望を持っている人が多いのでしょう。


かくいう

私もその一人でした。

会社で不遇な時代が続き

何を拠り所にして良いか分からないときがありました。


ちょうど3年前です。

私は『成功の9ステップ』 (クリック)に救われて、

意志を正常に保ち

常に明確なビジョンを持って

自分を動かすことができました。

潜在的に人は不安や恐怖にかられたり、

弱っているときは、

何かに頼りたくなります。


昨年の場合、見事にその要望に応えたのが

スタンフォード大心理学者のケリー・マクゴニカル氏

『スタンフォードの自分を変える教室』です。


これは、一言で表すと

意志力の科学です。


意志の力を科学的根拠によってバックアップしながら

諭すように話を展開していきます。

ですから、あまり普段、自己啓発興味の無いような人でも

エビデンスに思わず納得してしまうのでしょう。


また、この本の良いところは

何か大きな決断や、やりたくもない行動を要求されるワケでもなく、

今からでも始められることをさりげなく意識させ

自分の中にいる弱い意志を克服させる

優しい感じの本です。


だから、未だにベストセラーなのでしょう。


さて、この本のトピックとして

ドーパミンの話があります。

ラットの実験でこのドーパミンとどう付き合うか

日々の生活で重要であることを検証しています。


ラットがある行動をしたときに

脳を電気刺激してドーパミンを放出させます。

ドーパミンは「快楽を得る予感」させます。

「快楽」そのものでなく、

あくまで「快楽の予感」です。


ですから、ラットは

快楽得られるだろうと永遠に期待をして

体が疲れきって動けなくなるまで

行動を繰り返します。


これは、まるでゲーム中毒となり

寝食忘れて50時間ぶっ続けてゲームをしたため

循環不全になったボイラー修理工と同じだと言います。


ゲームの他に

人間にはドーパミンを放出させる

甘い誘惑があります。


あまーい匂いのするケーキ屋さん

フェイスブックやラインのメッセージ

ついつい見てしまうバラエティー番組

続かない禁煙

・・・

たくさんありますね。


この現象を賢く使う人は

マーケティングに応用したり、

自分に褒美を与えてモチベーションを高めますが、

失敗する人は、

いつのまにか悪癖をやってしまうことになります。


ただし、

ドーパミンが放出されること自体は悪いことではありません。

これがなくなると

欲を感じることがなくなり、

人が人でないようになってしまいます。


しかし、

原始時代とは違って現代は

ドーパミンを放出させる外的刺激が多いのです。

だから、

上手く自分の意志をコントロールする必要があります。


ケリーは、

「ドーパミンを出る瞬間を意識すると良い」と言います。

メールがいつも気になってしまう人が、

この悪癖を断つには

ついついメールを見てしまいそうになる瞬間を意識するだけでも

全然違うと言います。


つまり、「自分が今どのような状態にいるか?」

客観的にみることができれば、

意味のないことをしていると気づくことが

できるようになっているのです。


このようにふと我に返る機会を自分に与えるようにすれば、

自ずと意志は正しい方向に向きます。


是非、試してみてください。

お読みくださりありがとうございます。

他のトピックについて後日紹介しますね。


PS 期間限定!お役立ち情報です


○ あの発明王が教える『創造学』とは

→ http://123direct.info/tracking/af/943450/F0oa2XCi/


○ 投資を始めようと思うその前に見るべし

→ http://123direct.info/tracking/af/859332/CDmq0eNM/


○ 何もない状態から始める『ビジネス成功の設計図』

→ http://123direct.info/tracking/af/824008/q0XUOHDV/


応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります