イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ




人類はなぜ他の動物より優れているか?

人類が人類たる所以は?

人類史上最大の発明は?


これらを知るとあることに対する意識が変わります。


人類が他の動物より優れていることはを知れば分かります。


脳は大きいほうが良いのでしょうか?

それは一里ありますが、正解ではありません。


ヒトの脳は1.5kgに対して

ゾウは4.5kg

クジラは9kgです。


体が大きくなると脳が大きくなる傾向にあります。

しかし、それは能力の差とは直接関係ありません。


同じ類人猿で比べてみると

ヒトの脳が1.5kgに対して

ゴリラは500gで1/3の重量です。


人は類人猿の中でも

体の大きさの割に脳が大きいのです。

つまり体とのバランスを考えると、

頭デッカチなのです。


人のニューロンは860億個あるとわかっています。

ゴリラは300億個です。

そして、このニューロンはエネルギーを消費します。

脳細胞はグルコースと酸素を大量に必要とします。


ヒトは摂取カロリーの25%が脳で消費されます。

だから、頭を使うとお腹が減るのは、間違ってないのです。

頭を使うことはダイエットにも良いのですね^^


話をもとに戻します。

このニューロンの大消費を維持するのに大事なことがあります。

それは『食』です。


動物園でよく見る光景で

ゾウがが起きている間、ずっと草を食べていたりします。

これは、生きるために必要なのです。


ゴリラの場合は、300億個のニューロンを活動させるために

なんと8~9時間食事をしなければならないそうです。


その3倍のニューロンを持つ人類は、

どうなるのか?

24時間ずっと食事をしなくてはならない計算になります。


おかしいですね。


ここで人類が発明したある事が人類を進化させました。


それが料理です。

料理をするようになって、

同じ食物から、よりカロリーを摂取できるようになったのです。

消化効率を上げて、より吸収できるようになったのです。


料理によって

食事に使う時間を

他の事を考える時間にすることができたのです。


そして大脳皮質が発達しました。

発達して大きくなった脳も

料理のお陰で、

エネルギーを補給する事ができたのです。


なんとも素晴らしい発明です。


皮肉なことに

現代の先進国では、

このことによって、肥満化や成人病が増えていますが。


料理がどれだけありがたい存在か分かりますよね。

料理は人類史上、最大の発明なのです。


だから、これからも健康的に、ありがたく料理をいただきます。


お役に立てば嬉しいです。

お読みくださりありがとうございます。


PS 今だけのお役に立ち情報ですよ。


○ 科学、政治、経済に使える『創造学』とは

→ http://123direct.info/tracking/af/943450/F0oa2XCi/


○ 投資を始めようと思うその前にご覧ください

→ http://123direct.info/tracking/af/816541/hURDBOxB/


○ 全米No.1マーケッター直伝『成功の設計図』

→ http://123direct.info/tracking/af/824008/q0XUOHDV/



応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)