イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


前の記事「社会人のカンニングはやってよし!」

http://ameblo.jp/junseiyamato/entry-11783409510.html


たくさんの方が興味を示してくれました^^


日本人は

「カンニングは悪いものだ」と教えられてきていますから、

社会人になっても、


どこからか資料を引用する

方法を真似する


ということに対して潜在的に、

「悪いことをしている」と思ってしまうのかもしれません。

私もそうでした。


だから、「カンニングをやってよしと言われると。

思わず「ドキッ」と反応するでしょうね。


でも、考えてもみてください。


主婦がテレビ番組のレシピを真似して

料理上手になれば、家族が喜びますよね。


営業の人が新しいプロモーションを真似して

成功すれば、会社も喜びますよね。


研究者が他の研究をリファレンスして、

それを利用した新しい研究を始めれば、

創造的活動が発展し、当人たちはハッピーになりますよね。


あなたのおかれている状況で必ず、

このような場面があると思います。


ご理解してもらっていると思いますが、

もちろん、ルールを破るカンニングはダメです。

大学入試や国家試験でこれはNG。

こんなのは低次元の話です。


例えば、こんな話があります。


健康栄養産業の起業家である

ジョー・モートンがマレーシアの長期旅行で10億ドルに化ける

アイデアを発見しました。


1年ほどマレーシアで生活をすることで、

果物のマンゴスチン地元の人が、


発疹をおさえたり、

整腸作用があったり、

精力を高める


健康増進作用があるとして食していることを知りました。


そこでモートンは、医薬品業界の”つて”を使って

マンゴスチンの健康効果を示す科学的エビデンスがないかを調べ、

マンゴスチンに豊富に含まれるポリフェノール化合物である

キサントンに健康増進効果があることが分かりました。

その効果の一つが消炎効果です。


このエビデンスをもって

モートンはザンゴという会社を立ち上げ

マンゴスチンのジュースを販売し、

6年で10億ドルの会社に成長させました。


この話のキーポイントは

マレーシアという地域で伝統的に体に良いとされる食材を

そのまま取り上げ、

エビデンスという説得力を武器に

自分のフィールドで勝負したということです。


自分のフィールド外にある当たり前のことを

そのまま取り入れる。


これもカンニングの一つです。

知的なカンニングの事例ですね。


実は、

これはイノベーターといわれる人の手法でもあるのです。


もちろん、スティーブジョブズもやっています。

一例として

アップル製品に趣味でやっていたカリグラフィー

(文字を美しくみせる手法)を取り入れたことが挙げられます。


そのスティーブ・ジョブズカルロス・ゴーンピーター・ドラッカー

カンニングしていた

人脈、富、地位、名誉、カリスマ性を手に入れる方法があると

言われたら、「ドキッ」としませんか?


あるんです!

実は今、期間限定で公開中です。

今のうちにゲットしてくださいね。


→ http://123direct.info/tracking/af/816541/Pot1Z0M6/


一流の人から成功の法則を学ぶことも究極のカンニングですね。


お役に立てば嬉しいです。


PS メンタルブロックを破りたい方はこちらをどうぞ!


→ http://123direct.info/tracking/af/943450/SvZp4UWD-JhlMHPte/


お読みくださりありがとうございます。


応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大和ジュンセイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります