イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


今日は東京都知事選挙の日ですね。

都民ならず全国が注目しますが

大雪のせいもあって、投票率は伸び悩んだそうです。


東京都知事選挙では、


原発問題、

災害対策、

待機児童、

高齢者対策

東京五輪

などが表立った議論になっていますね。


もちろん、大事なことですが、

東京都のみならず、

日本全体で取り組むべき最優先事項

教育です。


世界20カ国の青少年を対象にしたある調査の結果ですが、


「先生を尊敬していますか?」の問いに

EU諸国、アメリカ、韓国は80%以上が「Yes」に対して

日本は21%でダントツ最下位


また「親を尊敬していますか?」の問いに

世界の平均83%に対して日本は25%


「自分をダメだと思いますか?」の問いに

アメリカ22%、中国13%に対して

日本は66%であったそうです。

これを反映してか、

青少年の自殺率はアメリカの3倍だそうです。


親や先生を尊敬できない、

自分を好きになれない


この結果から少なくとも日本は世界と比べて異質な状態であること

は断言して良いでしょう。

そして、本や自己に対する評価が著しく低いとも言えるでしょう。


でも、このようにに自己や身近な人を批判する必要は全くありません。


例えば

東日本大震災のとき諸外国は

日本の秩序だった行動に驚いていました。


私たちにとって当たり前のようですが、

災害に乗じて略奪や犯罪をする輩は少なく


小さな子供はが泣かずに

避難所での炊き出しを寒さに震えながら

けなげに並んでしました。


これは諸外国にとっては

当たり前ではありません。


ある中国人は都心の駅で日本人が通路を開けて

混乱が静まるまでじっと待っている姿に感銘を

受けたそうです。

中国ではきっと混乱でバタバタするのでしょうね。


また、今日は、大雪でししたが

誰に言われることもなく

人が集まり公道の雪かきをしていました。


日本人の隣人を思いやる心は世界一でしょう。


でも、いつから日本人は

自尊心がなくなってしまったのでしょう?


良く言われるのは戦後GHQの存在です。

でも、本当にそうでしょうか?


マッカーサー元帥が日本を去った後は

日本は如何様にも自分達を変え、

自己肯定をし、もっと希望を持てたはずです。


ここまで日本を骨抜きにさせてしまったのは、

日本人の考えが変化することで

既得権益を守れなくなる抵抗勢力がいたからです。


このあたりの事情はかなり複雑なので

説明をしませんが、

メディアを使って大衆が扇動されてきたことは

きっと間違いないでしょう。


ですから、

教育のあり方も見直すべきです。

「右にならえ」の教育は変えなければなりません。

戦後しばらくは先進国に追いつくことだけが

目標だったので、同質な人間が団結することが必要でした。


教科書や参考書の公式や知識を暗記することにたける者が

優秀と言われてきたのです。

でも、今は変わってきています。

良い高校、良い大学、良い会社に入るだけが

良い生き方ではありません。


高卒の人がフリーランスで活動し、

ものすごい成果を出したり、

カーネルサンダースのように

リタイアしたお爺さんが起業して

一躍有名になったり、

普通に起こり始めています。


それぞれが自分の軸を見つけて

その中では、暗記・公式、専門性は必要ですが、

そこから自らの頭で考え、

時に人とコラボレーションし、

有機的に働き、創造的な価値を見出す


ということが出来る人ほど必要とされます。


つまり、自ら時代を読み

価値を創り出そうとする、

ときに、突拍子のないことをしたり、

失敗をしたりして変わり者と言われることがあっても、

新しい価値を生み出そうとする人です。


先が見えにくいからこそ

これが大切になります。


ですから、

教育は詰め込みではなく、

例えば、

チームにテーマを与え、

自主的に答えを見出すような

演習や活動をさせていくべきです。


その中で自分にはない考えを受け入れていく。

多様性を磨いていくべきではないでしょうか?


このような積み重ねこそ、

創造性を発揮していくことになります。


日本はお金に対する教育も変えるべきです。

お金を稼ぐことは悪いことのように

感じている雰囲気があります。

まっとうな方法で稼いでいる人が悪人のようになることがありますが、

反対で、憧れの的になってしかるべきです。


あなたはロバートキヨサキ

「金持ち父さん貧乏父さん」

を読んだことがありますか?


勤勉で礼儀正しくても貧乏父さんでは

経済的にはもちろん、精神的にも本当の意味で

幸せではないかもしれません。


物の見方ひとつかえ、

自分の能力の使い方を変えるだけで

新しい世界を切り開くことができるはずです。


教育とはそのようにあるべきです。


私が企業に勤めながらも

起業家のように振舞うことを

自分の指針にしていることも

この理由からです。


あなたはどう思いますか?


ところで新しい東京都知事は

舛添要一さんになったようです。


これから、舛添さんの教育の施策も要チェックですね。


今日は教育について触れてみました。


お金に対する価値観を変えたい

教育を見直したい

ともしあなたが思われたなら、

こちらをご覧下さい。

とても参考になりますよ


『お金のメンタルブロックを外す』

→ http://123direct.info/tracking/af/943450/SvZp4UWD-JhlMHPte/


お読みくださりありがとうございます。


お役に立てば嬉しいです。



こちらもお薦め


PS1 脳の習性を利用した『成功習慣』


→ http://123direct.info/tracking/af/943450/CGlg7NZg/


PS2 ニッチな自分だけのビジネスを創る


→ http://123direct.info/tracking/af/816541/6I0aaSbu/


応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ


いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)