イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



昨日、今日のトップニュースです。

輝かしい技術がトップニュースになるのは

非常に嬉しいことです。


新しい万能細胞

STAP細胞と名付けらていますが、

あの山中伸弥先生のiPS細胞を超える

と期待をされています。


その発見者はなんと若干30歳の女性研究者

小保方晴子さんです。




可愛らしい女性ですが、

小保方さんの成果は打って変わって、絶大です。


iPSよりも早く、簡単に万能細胞を作れて

且つ、iPSでは無理である胎盤にも変化をします。


まだマウスでしか実証されていないため、

人間への応用の見極めがハードルですが、

マウスのリンパ球から

いとも簡単に万能細胞が作れてしまうのです。

驚く程簡単に。


この発明の成果のきっかけは

人とは異なった視点から着想したことでした。


ある万能細胞を採集するために、

細いガラスの管を通すと

万能細胞が他の細胞に比べて小さいために

選別されて通り抜けてくると考えられていたのですが、

小保方さんは違いました。


他の細胞が細いストレスのかかる通路を

通り、その物理的刺激によって

万能細胞らしきものに

変化していると着想しました。


これがきっかけになり、

ありとあらゆる刺激を細胞に与えて

実験をしたといいます。


ヒートショックをかける

毒素を使った細胞に穴をあける刺激

細胞を飢餓状態にする

物理的刺激を与える


ありとあらゆることを試し、

最も効果的だったのが、

弱酸性、オレンジジュースくらいの酸性液

に30分ほど浸して培養すると

万能細胞に変質する細胞が洗われるということです。


iPS細胞よりも簡単に早く作れ、

分化する細胞もiPS以上

しかもガン化しにくい

STAP細胞からできたマウスも作成され


研究内容は科学者の憧れNature誌に発表されました。


彼女は人と違った視点を持っていたのです。

これによって、人が思いもつかないような方法で

思いもよらない成果を出したのです。


これを「違いをもたらす違い」と言います。


もう一度、言います。

「違いをもたらす違い」です。


小保方さんはこれを持っていた。


ではその違いとはなにか?


何でしょうか・・・?


私には分かります。


数々の偉大な発明家から得たヒントを調べたからです。


※そのレポートはこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f38c80e5232851



答えは、

一言で言うとアウトローだったからです。


小保方さんはもともと化学系です。

それから生物系に飛び込みました。


ノーベル賞の田中耕一先生だって、

もともと電気系でした。

それが、質量分析という化学の世界で

失敗が元となり大発見につながりました。


山中伸弥先生だってアウトローです。

もともと邪魔だからジャマナカと揶揄されたことのある

整形外科医でしたが、

再生医療の分野で細胞に遺伝子をふりかけるという

画期的方法でiPSを生み出しました。


小保方さんも同じアウトローです。


技術スキルのバックグラウンドが違うところから参入する

というのは、先入観がなく発想する力があります。


しかも、小保方さんの一番すごいところは、

誰も信じてもたえなくて、

泣き明かしたよるがあっても、

自分を貫き通して、

周囲を説得したり、

協力を願い出たり、

権威の言うことに振り回されず、

Nature誌のレフリーに馬鹿扱いされても

気に留めず、

進み続けたことです。


これこそは本当の違いをもたらす違いです。


人と違った結果を出すには、

人と違った行動が必要です。


小保方さんの場合は、

人一倍高い信念を持っていたこと


これが本当の違いです


あなたはどう思いますか?


この人は学歴もあるし、

恵まれた環境にあるから、

特別なんだよ・・・


とか少しでも思っていませんか?


もし、そうだとしたら

それは、人生もったいないことをしています。


本当にもったいない!


そう考えるよりも、

「こんな発想で成功した人がいるのか、すごい!

本当に刺激になるな

自分も近いうちやってやる。」


と思えれば、

しめたものです。


でも、いきなり自分を変えるのは

難しいかもしれません。

私はそうでした。


誰かに背中を押してもらいたいですね。


私は自分に自信をなくしていた時に

これに助けられました。

本当に。


→ http://www.infotop.jp/click.php?aid=232426&iid=21783&pfg=1  


そうです、これによって

「違いをもたらす違い」

の存在に気づき体感したからです。


それからというもの、

私も自分の人生を変え続けています。


フルマラソンを完走したり、

会社で事業の提案をしたり、

昇進をしたり。


少しずつ夢を叶えています。


そして近い未来には、

小保方さんの万能細胞(STAP細胞)級の成果を

科学技術でもって狙いに行こうと本気で思っています。


全ての始まりは

「違いをもたらす違い」

知ったからです。


1日1回缶ジュースを飲む費用を1年弱費やす程度で

あなたの人生を変えれると思えば安いものです。


あなたも小保方さんの万能細胞級となる

あなただけの偉業を達成してみませんか?

一度きりの人生ですものね。


→ http://www.infotop.jp/click.php?aid=232426&iid=21783&pfg=1



お役に立てば幸いです。

およみくださりありがとうございます。



応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ

いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)