イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:

数日前の日経産業新聞にて、


製造業NEXT50ランキングが


紹介されていました。


中堅企業を対象に


新聞社が資本効率と成長性を


基ににランキングにしています。


このようなランキングはワクワクしますよね。


ランキング結果



50位まであるのですが、


電子部品や機械部品、

医療関係

環境関係

が多いようです。


このような中堅製造企業に現れる

特徴としては、

やはり、ニッチでも


ユニークなオンリーワン技術


先見の明


があることです。


1位の遠藤照明がLEDで有名な企業になったのも、

もともと照明をやっていて基盤技術があったんですね。


また、社長がいち早くLEDの可能性に気づき

技術の提携を求めアメリカ企業に

直談判しに行ったという逸話が書かれていました。


また、何位だったかは忘れましたが、

50位以内の三鷹光器は

もともと、精密性が要求される

天体望遠鏡のメーカーでしたが、


外科手術に使う、

手術用顕微鏡に技術を横展開することで

成功しました。

技術的には横ブレを防ぐ緩衝材の工夫が

活かされたとのことでした。


このように、

コアとなる技術基盤を活かし

新しい分野に

応用すること

技術を活かしたビジネスをする

王道の方法なのだと思います。


いつまでも、同じところにしがみついては

成長はありませんし、

また、技術力を売りにする企業は

全く新しいことをするのも難しいです。


先見の明で、いち早く、

技術の応用範囲を探すことが

勝ちパターンなのです。


ちなみに私は医療業界ですが、

日本企業の医療用医薬品の

世界シェアは11.6%強と

100兆弱のパイがあるのに

低いですね。


ドラッグラグ、

デバイスタグという言葉が

業界にありますが、

革新的な治療薬や治療機器が

日本は生まれにくい環境にあります。


私達、開発者の努力も必要ですが、


製造業の活性化


日本経済の発展


世界への存在感、貢献


のためにも、

抜本的なシステムの整備を望みたいですね。


今日もお読み頂きありがとうございます。



PS


900冊以上執筆してきたベストセラー作家が語る、
誰とでも15分以上会話が途切れない秘訣とは?
答えはこちら

http://123direct.info/tracking/af/912363/s8GHo3X1/




応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)