松村淳平ブログ

株式会社WAVEST代表取締役社長


テーマ:
先日、弊社の社員数名に囲まれてこんなことを言われました。

「目標を下方修正させてほしい」
「いまの状況だとこの目標はかなり厳しい」
「達成する方法が見つからない」

全て『確かにそうだよね』と言える正論なのですが、
正論だけで仕事をしていては大きなことは成し遂げられません。

先日話題になったこちらのブログ。
「拒絶」と「反論」は似ているようで全く違うという話

この一節がかなり的を得ていると思います。



"「好き勝手なこと」を言う人の言葉が仮に実現したとしたら、ビジネスにとってものすごく良いことなわけですよ。シンプルに、「だってそうなったら良いでしょ?」っていうことなのです。

それに対して"賢明"な人からは、「いや、そんなこと出来るわけありませんよ。だって…」という発言が必ず出てきます。


こうした理由をロジカルに説明のは簡単です。

なぜかと言えば、それはただ事実を述べているだけだからです。

分かりやすい構図としてはこうです。


"バカ":「これが理想だよね。これを目指すべきだ」

"賢明":「こうはならないんです。なぜなら…だからです。だから目指せません」



さて、ビジネスを成長させる思考はどちらでしょうか?また、自身を大きく成長させる思考はどちらでしょうか?

言うまでもありませんね。




バカげた目標を掲げるのもリーダーの役目ですが、
バカげた目標をメンバーに信じてもらい、
必ず実現させる事もリーダーの仕事です。

自分のケツは自分でふく。

その上で、
無理するのが「仕事」であり、
無理しないのはただの「作業」です。
ゆくゆくはロボットでもできる「作業」を人間がやる必要はない。

人間なら、
ロジックなんてなくても、
道なんて見えなくても、

"無理をして"自分の手で結果を作り上げる「仕事」をしなければいけない。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事をする上で、結果以外のものに価値はありません。

どれだけ努力しても、
どれだけ工夫しても、
どれだけ悩んでも、
結果が出なければそこに意味はない。

目標を達成できなければ、
それらの努力は完全に無意味です。

頑張った過程や、
費やしてきた時間などは、
結果を出すための手段でしかないので、

「頑張ったのに評価してくれない」
「毎日苦労してるのに見てくれてない」

などほざいてるヤツは社会人を辞めた方がいい。

会社が求めてるのは、
そんな下らない言い訳ではなくて、結果。
結果を出せない自分への言い訳は、
結局のところ自分を裏切っているだけです。

努力した自分を褒めたい気持ちはわかるのですが、
結果を出せない自分から逃げてはいけない。

自分を裏切るのはいつも自分です。

自分を簡単に裏切るような人間は会社には必要ありません。
先日、社員全員を集めた場でハッキリと告げました。



「ここは、いままでのぬるま湯の環境ではない。
WAVESTは完全なベンチャーです。
嫌なら今すぐ辞めて下さい。
それでも残ってくれる方は、
社会人としてのプライドの全てをWAVESTへ捧げて下さい」


約3000人の規模になったサイバーエージェントですが、
今一度大きな成長を遂げるためには、
改めて「ベンチャー回帰」しなければなりません。

むしろ、ベンチャー回帰できなければ、
サイバーエージェントグループは成長が鈍化し、
やがて潰れます。

そんなことは絶対に許されません。
必ずCAグループを守り抜き、21世紀を代表する会社にするため、
僕が先陣を切ってベンチャー回帰を実現していきます。

会社には、ぬるいやつも言い訳も馴れ合いもいらない。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
学生気分で会社に来てるヤツがいる。


お前、何しにきてんの?




「先輩に教えて頂きながら~~~」
「いい友達ができるように~~~」
「どんな仕事にチャレンジできるんですか?」



とか。
ふぬけた事を言ってるヤツがいる。




先輩に教えてもらうのはいいけど、
教えてもらっただけで仕事した気になってる。



教えてもらってる時間だって、
給料は発生してるし、
能力のある先輩の仕事時間まで頂いてる事になる。




1時間教えてもらったとしたら、
自分と先輩の1時間分の給料すべてをもらってる事になる。
そしたらその分死ぬ気で稼げ、と思います。





仲良くもないのに"同期"ってだけで最初からタメ語で話してたり、
仲良くもないのに「みんなでカラオケしよう」なんて誘い合ったり。



そんなことをしてる暇があったら、
本当に話したいヤツとだけ、
1対1でゆっくり語る場を設けた方がいい。



単に大勢で騒いで盛り上がっても、
そこからは何も生まれない。


群れることで不安を払拭しようとしてるだけ。
僕は群れる事の無意味さを知っているし、
孤独と対峙する強さを持つ事の方が不安を払拭できると考えています。



育ってきた環境が"礼儀礼節"にとても厳しかった事もあり、
職場では年齢問わず初対面の人にタメ語を使う事は一切ありません。



よく「松村くんは同じ年齢の人にも、いつも敬語だから壁作っちゃうよね」と言われますが、
僕は友達を作りに会社に来てる訳じゃないし、
仲良しこよしの思い出を作るために会社に来てる訳じゃない。



サイバーエージェントグループの一員として、
21世紀を代表する会社を創るため。
そして、WAVESTを日本を代表する会社にするため。
そのためだけに会社に来ています。



だからこそ、学生気分のヤツが許せないんです。
学生気分のヤツを見てると、

「本当に21世紀を代表する会社にする気あんのかよ?」
と不安になります。



新入社員でよくいるのが、
「どんな仕事にチャレンジできるんですか?」
とか言うヤツ。



仕事なんて全部自分で見つけてこいよ。
ここは学校じゃねぇんだよ。


自分でギラついて先輩から仕事奪って、
どんどん結果出してこいよ。




サイバーエージェントは優しい社員が非常に多いので、
後輩がぬるく育ってしまっていると思います。

優しさも大事だけれど、厳しさも大事。


自分で手を挙げて、「俺にやらせろ」と本気で伝えないと、
上から見た時に小さすぎて見えない人間になってしまいます。



発言しないと思いは伝わらないし、
宣言しないと夢を共有する事は出来ません。



なので僕は宣言します。



あした会議に出たいです。
この生ぬるい空気をぶち壊したいです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。