■NEWS■

加藤隼平 監督映像作品

「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクト

おへんろ88ガールズ~逆打ち遍路の旅~

愛にきてうどん県 WEBサイト


加藤隼平主宰劇団

「東京サムライガンズ」

2015年6月公演「TENSAi」より


東京サムライガンズ.web

http://tokyosamuraigunz.wix.com/index



予約・ご注文・問合せはmappirumakkarabeer@yahoo.co.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月20日(水)

隼文学「絡マリ」終演レポート公開

テーマ:隼文学
隼文学「絡マリ」終演レポート

※隼文学特設ホームページには他多数のギャラリーと共に同分を掲載しております。
http://8823bungaku.wix.com/home#!blank-8/w6td8

「はじめに」

隼文学「絡マリ」終演しました。きっかけは一人の思いとはいえ、これだけの人間が一定期間集団行動をせざるおえない状況を招いています。これはもはや事故です。その責任と代償はとても重たいです。

僕はここ4年ほどキャストスタッフ約40人、来場者600~800人、総公演予算約200~300万円という規模で保証もスポンサーも殆どないチケット会費制の自主表現興行を行っています。なんで人が人生で数えるほどしか体験しない冠婚葬祭の様な覚悟で、この収支不安定な舞台公演を年にわざわざ3回も4回も繰り返すのか、それは僕にもはっきりとはわかりません。俗に言う「普通」を嫌い避けて生きてきた宿命なのかもしれません。



それゆえに、今回の劇場都合でのスケジュール変更は人生においても大きな事件でしたし、相当なイベントでした。初めての経験にも屈せず頼りになるスタッフで本当に良かった。そのプレッシャーと重圧に負けずに笑えるキャスト達で良かった。このクルーじゃなかったらこの作品は産れなかったと心から思います。起ったことは仕方がありません、それでも旗を掲げ、前に進むしかないのです。



「隼文学という旗」

元々は純文学からとった造語で「加藤隼平」の隼(はやぶさ)の字をとりました。
脚本、演出、デザイン、映像、音楽、俳優全てを経験した僕の中にある「浅く広くコンプレックス」から、「結局なにやりたいの?」と人生で軽く100回はいわれてきた僕が「そんなの分かったら苦労しないわ!!」という怒りと共に、「じゃあさ、あんたは何やってんの?なんか1つこれって言える?」という疑問も抱いてきました。小さな頃はみんな持っていたはずのコンプレックス、背が低いも、背が高い事も、そばかすも、テンパも…悩みに悩んでいつかそれを自分が受け入れられた時、誰にも負けない武器になるんだと思います。それが僕にとっては細かく有りすぎて…でも、その克服場所が舞台で演劇だったんだと思ってます。隼文学とは、そんな僕なりの表現であり、文学であり、言語です。

「絡マリ」

今回の作品は、僕個人の思い出と脳から飛び出したちっぽけで愛しい世界が誰かの拠り所になったと思うと感慨深いものがあります。構想10年、まさにノスタルジックでセンシティブでそれでいて柔軟でポジティブな「らしさ」の塊です。
知っている方も居らっしゃると思いますが、カラマリとは、イタリア語(最近は英語も)でイカを指します。僕は函館出身ではこだて観光大使もしています。それでなのか、そうではないのか定かではありませんが、日本ではとてもポピュラーな生き物なのに得体のしれない「イカ」にとても興味を持ちました。8本の足と2本の腕を持つイカに例え10人の表現者を集めました。そしてその10人がイカの手足のように絡まり縺れあう物語を描きたかったのです。つまり、calamari→カラマリ→絡まり→絡マリとなりました。

「オープニング演出」



冒頭の映像は山梨の森で撮影しました、都会から迷い込む心の闇の象徴です。そこから幕が開くと紗幕の奥に浮かぶ10人が生活しています。のぞき見ているような様子、そのどこかわからない社会、人々が漂う水槽上部にキー入力が浮かびます、物語の導入として、まさにリアルタイムで僕が綴っているような効果を出したかったのです。

「悲しみが始まる前に30分のキスをしよう」



交際3年、同棲して2年のカップルが水族館帰りに交通渋滞に巻き込まれた状況から始まります。彼女の話を聞けば彼女主観になるし、彼氏の話を聞けば彼氏主観の思いにリンクする、そんな人間の寄り添い効果を演出しました。ナミダという猫の名前の由来の勘違いから、トラブルがあった時の肝の座り方まで、細部にわたって男女を描きました。男女にとって耳の痛い懺悔とも言えるような作品、特に女性からの共感の声が多かったのがとても印象的でした。



結婚という言葉が切り出せずにお互いが探り合い冷戦状態の二人にはそれぞれの思いがありました。妊娠したことを言えずに抱え込む真弓とケジメをつけようとプロポーズを控えた圭介のすれ違いは平行線をたどります。



プロポーズしてほしい女性とプロポーズをしたいと思っている男性、成立しているはずなのに拗れているその矛盾はとても男女(人間)らしいすれ違いなのかもしれません。

「通りすがりの女」

露店に座る奈津美は二人の男と関係を持っています。好意と若さを持つ自転車の男と、経験と経済力を持った自動車の男を天秤にかけ選んでいたつもりが止まり木のように選ばれていた悔しさやどこか覚悟していた罪悪感に涙します。





春と秋(名前は愁)の間に挟まれたナツは、その傷を癒すように人知れず冬眠させるでしょう。空っぽのバケツが蹴り飛ばされた音が劇場に響く現象は胸に強く痛く響いたはずです。


「ハンドメモ」

これは唯一の空想の物語です。記憶を無くした女性「砂央里」とその恋人の「哲生」による
初恋螺旋物語、これぞまさに純文学。情報社会の現代には可能性が邪魔をして純愛は存在しないとある学者が言っていましたが、僕もまさにそうだと思うのです。これは実際に電車で手にメモを書いた女性を見て思いつきました。



とあるファミリアストレンジャー(見慣れた他人)の女性、はじめは「おっちょこちょいなんだろうな…」なんて見ていた彼女のメモが日に日に増えていっていつか姿を現さなくなったらどうなるだろう…と思ったのが始まりです。それが警官の「深海隼人」が暇な時間を費やして書いた無人島の様な隔離された理想愛の世界となったのです。名前については、哲学が生まれると書いて哲生(テツオ)電車がモデルと言うことも絡めてます。さらには、砂のようにつかみきれないことから砂央里(サオリ)の文字を使用しています。


「触腕」

この三つの作品を絡める役割をしていたのが触腕です。まさに普段姿を見せないまさに奥の手として妖精の様な立ち位置を確立していました。言葉を持たない彼らは人間ではありませんので姿は見えません。



しかし、唯一ハンドメモではキャストとして登場しています。何故ならあそこは想像の世界だからです。唯一のシングルキャストであるビクセスのタツとノリの二人はプライベートも言葉ではなく行動で示すタイプ、まさに触腕(妖精)に適した配役だったと思います。


「海」

今回の世界観は人間関係という名の深海です。
社会と言う樹海に迷い込む人間はシャボン玉の様な泡状の夢や目標や現実、嫉妬までも浮かんでは色んな意味で儚く消えていきます。メインビジュアルのように緑に横たわりピントの合わないシャボン玉の中にいる女性のような思いはだれしもが感じたことがあると思います。何も予定してませんでしたが、この画は撮影現場で降りてきました。



ちなみに、今回の衣裳や小道具も細かいところまで「青(水色)」を基調として構成されています。※イヤフォン、帯、ストール、シャツ、タイマー、パラソル、ネクタイ、カーディガンなど

「構造」

「悲キス(X軸)」と「通りすがりの女(Y軸)」がクロスして、その空想上(上下の軸)に「ハンドメモ(Z軸)」があり、この絡まりが成立します。



つまり、全てにおいて軸となっていたのは警官なのです、僕と言う作者とお客様の橋渡しとして警官を投入しました。



その警官が「隼人」なので「隼文学」とも意味をとれます。警官はどんな状況でも人と会話が出来ます、唯一無二のセミパブリックな職業とも言えます。3つの話のレイヤーを構成してカットしてペーストする作業はとても複雑でした。そこに音楽、映像、転換、照明効果、物理的作業を成立させるのにも苦労しました。そう考えると純文学が国語だとしたら、隼文学はズバリ数学なのです。

千秋楽が公演中止となり別日への公演振替にもかかわらず、平日のみで620名の来場者、更には2週間に渡った1刷と2刷公演を両方観ていただいたお客様が50名弱と12人に1人の割合だったのには驚きました。

「今後の隼文学」

僕は僕を証明する為にガンズはもちろん、隼文学もこれから毎年上半期の公演にしていこうと思います。来年の6月を予定します。

ちなみに…タイトルはもう決まっています。

今年も10月にガンズ公演、12月に自主公演の少なくとも2作品が控えています。これからも願いや祈りや怒りや想いがある以上、自らのハードルを上げ、壊す用の壁を創り、コンプレックスをもっと前向きに捉え、「浅く広く…いつか深く」なれるように自分をストイックに許していきたいと思います。

「最後に」

絡マリに登場する全キャストが初演出させていただく18人の表現者たちがこの世界を体現してくださいました。僕が舞台に上がれない分細部にわたり本番のギリギリまで全てを伝えさせていただきました。ほとんどがオーディション採用に関わらず、劇団以上に団体を愛し、心から役を愛し、疑うことなく作品を愛し、ここまでよくやってくださったと思ってます。今回の絡マリは僕にとって、幸せな事故でした。その責任と代償はとても重たいですが、そこに小さく眩い光が僕には見えた気がします。



P.S.

今泉翔さん、素敵な音楽をありがとうございました。
伊藤華織さん、いつも素敵な写真をありがとうございます。
プロデューサーの早瀬さん、どこまでも気苦労おかけしてます。
スーパー制作のノダマイ、貴方が居なかったらこの公演は成立していません。​

全ての絡まりに感謝しています。




※隼文学特設ホームページにはギャラリーと共に同分を掲載しております。
http://8823bungaku.wix.com/home#!blank-8/w6td8


次回公演は…
10月22日~25日
東京サムライガンズ第9弾!!
「ParkTheTree」作・演出加藤隼平
@新宿シアターブラッツ
http://tokyosamuraigunz.wix.com/index



隼平




ペタしてね
読者登録してね
アメンバー募集中


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月11日(月)

隼文学「絡マリ」第二刷本日開幕!!

テーマ:隼平のブログ。

本日から第二刷開幕です!!
まだお席ございますので是非ご来場下さい。明日のチケットは間もなく売り止めなのですが、公演振替になった本日か千秋楽は余裕ございます!!

《本日の公演》


シアターブラッツ特別提携公演
隼文学『絡マリ』 第一刷×第二刷
作・演出 加藤隼平(東京サムライガンズ)

【公演スケジュール】
<第二刷>
7/11(月)【夜】20:00〇余裕あり
7/12(火)【昼】14:30▲残少/【夜】20:00▲残少

7/13(水)【昼】14:30〇余裕あり

【チケット】
一般(自由席)
【昼チケ】2,900円 【夜チケ】3,300円 ※税込
【劇場】
シアターブラッツ
住所. 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1

隼文学「絡マリ」特設サイト

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月06日(水)

本日7月6日、隼文学「絡マリ」開演です。

テーマ:隼文学

本日7月6日、隼文学「絡マリ」開演です。 本当にやっちゃいます、観に来てください。

提灯マスター志賀守と渡辺啓太の応援で祝提灯がどどんと飾られて、すばらしい祭り感!! 日付変わって今日から第一刷の初日です!! トラブルにも負けず精一杯やりたいことをやります★

※申し訳ない事に、一旦予約売り止め中です、午前中には増席を報告予定です、お問い合わせください。ま、まだまだ入れますよ♪

7月6日(水)公演

今日はミホ(VIC:CESS)が応援に来てくれました、今回のダンサー、タツノリはこのミホからのご縁です。 って事で、7月7日の七夕には昼夜公演共に開演15分前からゲスト前説で登場っ!※そちらはチケットまだあるよ!

[加藤隼平扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/karamari?m=0bhfgif

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月05日(火)

重要【公演日変更のお知らせ】

テーマ:隼平のブログ。

いよいよ明日から公演がスタートします!!

キャストスタッフ一丸となって表現しますので、是非ご来場下さい。

また、先日お伝えした公演に変更が有りましたのでお知らせ致します。



重要【公演日変更のお知らせ】
日頃から隼文学「絡マリ」を応援してくださり誠にありがとうございます。
この度劇場都合により、二刷の公演日時が変更となります。

7/13(水)19:15開演→中止
7/11(月)20:00開演→追加公演

皆様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、ご確認をお願い申し上げます。
また、すでにご予約してくださったお客様には改めてご連絡をさせていただきます。
今しばらくお待ちくださいます様よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・

隼文学『絡マリ』
人は絡まりあって生きている。でも、もしかしたら・・・絡まりあうことで活きていることを実感しているだけかもしれない。

「悲しみが始まる前に30分のキスをしよう」×「通りすがりの女」×「ハンドメモ」

3つの物語に映像、楽曲、ダンスを絡ませ断片的に紡いでゆく約90分の交差物語。

公演スケジュール
《第一刷》
7月6日(水)昼:14時30分
       夜:20時
7月7日(木)昼:14時30分
       夜:19時15分

《第ニ刷》※変更済み
7月11日(火)夜:20時
7月12日(水)昼:14時30分
        夜:20時
7月13日(木)昼:14時30分
        

《チケット》
《一般》(自由席)
昼チケ:2,900円 夜チケ:3,300円(税込)
《絡割り》
1,000円引き(第一刷、第ニ刷、両公演をご予約のお客様)


【当日クレジットカード精算可能】
実は今月金欠で、クレジットで支払いできればるのにという方!今回準備しました。

 

こちらも初の試みですので戸惑うことがあるかもしれませんが、万全の体制で挑みます。複数の暗号化でセキュリティー面も安心です。

 

レシートはメールアドレスか携帯電話のSMSへ転送して印刷していただけます。
グッズ購入の際にもOK!!

VISA,Master,アメックスのみ対応ですのでご注意ください。

是非この機会にご利用ください!

http://8823bungaku.wix.com/home

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月01日(金)

こんなサービス欲しかったでしょ??

テーマ:隼文学



【当日精算がクレジットカード精算可能になりました!!】

隼文学「絡マリ」第一刷公演は今月6日~7日です!!チケットのご予約はお済でしょうか?実は今月金欠で、クレジットで支払いできればるのにという方!今回準備しました!

是非この機会に試してみてください!

とはいっても、こちらも初の試みですので戸惑うことがあるかもしれませんが、テストを繰り返して万全の体制で挑みます。

複数の暗号化でセキュリティーも安心です。レシートはメールアドレスか携帯電話のSMSへ転送して印刷していただけます。

グッズ購入の際にもOKですよ!!

VISA,Master,アメックスのみ対応ですのでご注意ください

隼文学は当日精算のクレジットカード払いがOK!!複数の暗号化でセキュリティも安心です。

今回はカード手数料(通常+3.5%)が無料です!!


http://8823bungaku.wix.com/home



【公演詳細】

シアターブラッツ特別提携公演
隼文学『絡マリ』
 
第一刷×第二刷

作・演出 加藤隼平(東京サムライガンズ)
http://8823bungaku.wix.com/home

□第一刷 キャスト

真弓/酒井波湖(オフィスパレット)
圭介/中川裕太(CINEMACT)
奈津美/桜井陽子
愁/吉田伊邪那(ラビット番長)
春/松岡雅士(FreeK)
哲生/古藤ジョウジ
砂央里/松井佳子(舞夢プロ)
警官/ルサンチマン浅川(オフィス北野)
触腕(右)/NORI(VIC:CESS)
触腕(左)/TATSU(VIC:CESS)


□第二刷 キャスト
真弓/片渕真子
圭介/渡辺あつし(ラビット番長)
奈津美/高橋奏
愁/植原健介(テロワール)
春/津田 諄
哲生/黒貴(As-around)
砂央里/須田マドカ(フロアトポロジー)
警官/瀬戸口俊介
触腕(右)/NORI(VIC:CESS)
触腕(左)/TATSU(VIC:CESS)



【チケット】
一般(自由席)
【昼チケ】2,900円 【夜チケ】3,300円
【カラ割】1000円引き(第一刷・第二刷、両公演ご予約のお客様)

※第一刷ご精算時に両公演の合計金額より1,000円お値引しての ご精算となります。

 

チケット好評予約・発売中 

【取扱い】 カルテットオンライン
[予約フォーム]http://ur0.work/uIRe


【劇場】

シアターブラッツ

http://www.theater-brats.com

住所. 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1

TEL. 03-3353-1868. 座席数.約100席

【作・演出】加藤隼平

【舞台監督】藤田清二

【美術】工房F

【音響】渡邉禎史

【照明】仲光和樹(E-FLAT)

【音楽】今泉翔

【デザイン・写真】加藤隼平

【モデル】酒井波湖

【プロデューサー】早瀬志都加

【スチール撮影】伊藤華織

【制作】野田麻衣

【当日制作】渡辺啓太






隼平

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD


Jumpei Katoh



★加藤隼平出演映像★

【映画】SAMURAISONG

瀬川尚輝/役

【CM】日本マクドナルド

サラリーマン/役

【舞台】






★DVDレンタル/発売中★

映画
『彼岸島』
『ガッツ伝説~愛しのピットブル~』
『倍音』
『続ワニガメ任侠伝1.2』

舞台
『俺は君のためにこそ死にに行く』

バラエティー
『バカヂカラDVD』


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。