That fellow came over in Shibuya...Vol.2

テーマ:

※必ず一つ前の
That fellow came over in Shibuya...Vol.1 を先に見てくださいね(*ノωノ)





Private Eyes-l

夜間の国道246号線を渋谷方面へと車を走らせる。


時間は4時くらいだっただろうか。都心を走る山手線の終電もさすがに走っていない。


今、私は渋谷の手前の街、三軒茶屋。


このとき私は固定を渋谷へ呼び出そうとしていた。


新宿から渋谷はタクシーで1メーターでいけるからである。



トゥルルル。。。トゥルルルル。。。。。がちゃ。


もしもし?


・・・





・・・・・・・



時間にして40秒程度。


たったこれだけの時間だがとある異常に私は気がつく。











































































































泣いて・・・なかったか?


Private Eyes-あああ」





















手のひらに「人」と言う字を書く。


落ち着け、落ち着け、落ち着け。


辞めたはずの煙草に火を点ける。今日2本目だ。


考えろ、考えろ、考えろ。


いつだって俺は考えて最善の答えを出してきたはずだ…


考えろ…考えるんだ…


すぐこんな結論が頭をよぎる。


ひょっとして自分はとてつもない悪人で


とても純粋な想いを汚しているんじゃないか?

と…。


悪いのは俺なのか?


それとも相手なのか?


分からない…何が悪くて何が悪くないんだ?







一種の錯乱状態になりながら…






















私は・・・












































渋谷の町に降り立った。


Private Eyes-あああ

はっきり言って、怒るつもりだった。怒りたかった。


でも、怒ることが出来なかった。


固定を目の当たりにした瞬間。


「涙」と言う最大にして最強の武器を使われてしまったんだから。


・・・・


来るんじゃなかった…と後悔しても遅い。


遅すぎる。


・・・・・・・・・


涙といっても大粒の涙がぼろぼろ…というわけではなく


涙をこらえている感じだとイメージして頂けたらと思う。


何か話したわけではない。


何かしたわけでもない。


ただ…私は目の前に立っただけである。



なだめる為に車へ乗らせ5分ほど話す。


落ち着いてきたときに


車を六本木方面に走らせながらこう問いかけてみた。






何がしたかったの?と。

Private Eyes-w


六本木のイルミネーションが意味もなく光る。


しばらく沈黙が続いたのちに…固定がこう口を開いた。



構って欲しかった。


と。






























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、物語調のブログはここで終わり。

結局そのまま少し話だけして、

ちゃんと全部万事OK平和的解決をした後に、朝方始発が動き出して少ししてから送り返しました。


これで固定事件も何とか解決。したのかな。わかんねーけど。

とにかく自分自身も、何がなんだか分からなかったけど、皆様少しは理解してくれたでしょうか…

僕のつたない文章力で少しでも理解してくれたらうれしいです。


二度とめいぷるはやらないよと言っていましたが、そうすることによってまともな人間になって欲しいものです


はっきりいって


かき回すだけかき回して引退までしたっつーのになんだこれはオイ。と言いたいものですが我慢しましょ



僕は大人ですから。



これはゲームの中の出来事だったんですから。



ものすごく過去の出来事ですし。


でもやっぱり・・・


このときはほんと疲れた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD

That fellow came over in Shibuya...

テーマ:

Private Eyes-あ

シュボッ。。。私はやめたはずの煙草に火をつける。


落ち着け…落ち着くんだと自分へ言い聞かせ、そして…自分にこう問いただした。


「何故…こうなった?」


パニック寸前の頭の中を整理する。


ありえない。ありえない。ありえない…


確かに我慢の限界だった。自分の中で何かがはじける前に…

私はメイプルストーリーを辞めた筈だった。


それが何故、今になってこんなことに?目の前で起こっている現実が半分理解できない。


自宅の部屋にて毎日愛用している腕時計で時間を確かめる。


現在…26時57分…


ついに…


Private Eyes-あ












































































固定が新宿に降り立った。































































久しぶりに火をつけたたばこの煙を見つめながら私は考える。


どうやら固定は東京観光という名目でこっちに来たらしい。


世間は週末。会社も学校も休み。


絶好のタイミングだということか…


新宿に降り立って暫くふらふらでもしてたのだろう。奇妙な時間に私の携帯電話が鳴る。


Private Eyes-あ

あのね、今新宿ってとこに来たんだ。東京観光してみたくて…すごいね、この街。ピカピカしててすごい綺麗。

しばらく居ると思うんだけど今何してるの?












・・・






















・・・・・・・・・




































26時57分・・・・・・・




















































私の思考は完全に止まった。



























バスに揺られやってきた固定は新宿に降り立った瞬間に何を考え何を思っていたのだろうか。


ふと…こんな言葉が頭をよぎった。


自分の感情を押し付けて

こんなに好きなんだから

君も好きになってはおかしいよね。





正論だ。実際問題押し付けられている方はたまったもんじゃない。


この言葉を思い出したその刹那。私の中の激情にスイッチが入る。



Private Eyes-s










3時43分・・・



















































私は車に乗り込んだ。


Private Eyes-あ

ほんの少しの現金と携帯電話。

そして辞めた筈のたばことライターを持って。

AD

Good bye Maple Story...

テーマ:

ありがとうメイプルストーリー。


僕は感謝と敬意を払って今ならそう言えます。


たかがゲーム。されどゲーム。


これほどまでに


人との出会いに長けたゲームはあるのか?


たかがオンラインゲーム。されどオンラインゲーム。

h

僕は知らない。

これほどまでに人との出会いに特化したオンラインゲームが他にあることを。


メイプルストーリーは本当に沢山の出会いを僕にもたらしてくれた。


ありがとうメイプルストーリー。

こんなに素敵な友達と知り合うことが出来た。


僕にとってのメイプルストーリーは学校のようなもの。


そこに行けば


いつでも友達が居て


いつでも遊ぶことが出来る。


だから今はちょっと寂しい。


だってその学校から卒業してしまったんだから。


h

いくらメッセで話せるって言っても


いくらアドレスを知っていても


いくら電話番号を知ってるとしても


卒業


この二文字は大きい。


今までは当たり前だったものがそこにはない。


中学を卒業し、高校を卒業し、大学を卒業した。


中学時代、高校時代、大学時代。

仲の良かった友達は沢山いたけれど、今でも連絡を取っているのはごくわずか。10人にも満たない。


卒業のせい?


それとも別の何か?


h

メイプルストーリーでの思い出は書き出したらきりがない。


それこそゆうに


1ヶ月はかかる量じゃないかな?


だから思い出じゃなくて


みんなに感謝の言葉を書きたいと思う。


連合  JxDxBのメンバー

ギルド XxGoAxXのメンバー


JunoReactor

でこぴん

BabyDollxxx


この3人の頭文字を取って

JxDxB

完全に俺の思いつきでつけた名前

XxGoAxX


oo

ギルドマスター?として

連合旗揚げ3人のうちの1人として

JunoReactor個人として


僕は何か出来ましたか?


正直自分では分かりません。


多分何にもしてない気もしますが(´・ω・`)


濃いメンバー勢ぞろいになった連合JxDxB


ありがとう。おかげで毎日楽しかった。


いつの間にか連合の中に入ってた汁。


キミのおかげでケミカルは125まで育てることが出来たよ。


いつも小ばかにしてたけど本当は感謝してるんだぜ?


さんきゅうな(^ε^)♪


h

名前は出しませんが


本体によく呼んでくれたあの人。


僕が主催したとき力になってくれたあの人。


同じ小学校卒業のあの人


大学の学園祭に呼んでくれた2連ピアス


わざわざいつもサブを作るたびに教えてくれてともろくを移し変えてと言ってくれたあの人


会うたびにけなして来るしぇんこ野郎


音楽の趣味がほぼ同じの元DJ


何気に4個先の駅に住んでるねかまさn


おにぃおにぃと慕ってくれた彼


姉御に詳しいあの子


実はIKKO疑惑の彼、彼女


ピアノが地味に上手い彼


イケメンなピアノ上手の兄の弟


みんなみんな…ありがとう。

ll

最後に大事な彼・彼女にメッセージ。


JxDxBの『D』の部分のお方。


まず間違いなく僕の一番の理解者なのでは無いでしょうか。


ノリから胸のうちに秘めてる熱くて黒い思いまで似ているこのお方。本当に助かりました。


俺がまじで泣きそうになってた半年前のあの日曜


お前が相談のってくれたから


お前が道を示してくれたから


今でも俺は幸せに過ごせています


ありがとう。


Junoは暫く身を隠すけど


お前だけにわかる特別な言葉を送るから


心配しないで。


合言葉は…


「問題ない」


4




そして最後まで迷惑を沢山かけました、JxDxBの『B』の部分のお方。


俺がめいぽ辞めようって思った本当の理由


最後まで全部話したのはお前だけ。


皆に話すようなもんじゃないよ。


1人だけ解ってくれてれば俺はそれでいい。


辞めようって決心したその日の夜。


二人だけで話したね。


]

ありがとう。おかげで少し前に進めた気がしたよ。


5年めいぽしてるうちの最後の約2年間一緒にすごしたけれど


お前と一緒にいる2年間がサイコーに楽しかった。


俺が辞めるって言ったときみたいにもう半ベソかくなよ?((


元気出せ。

はっきり言って


めいぽ完全に辞めるつもりでお前にあの夜話したけれど


話聞いてくれたおかげで


ものすごく元気が出た。


ありがとう。


、

最後だから今まで出来なかったことをしようって事になって


色々わがまま言ったけれど


夜中だったのにヤな顔ひとつもせず付き合ってくれて感謝感激です。


メイプルストーリーを卒業する。


って俺は言ったけど


いつでもリアルは卒業ぎりぎりだった俺だから


ゲームの中でくらいは留年してもいいよな?


やっぱり俺はメイプルストーリーって学校からまだ卒業したくない


でも今のままじゃ迷惑かけちゃうから


ひどいこともきっと言っちゃうから


Junoは暫く休学します。


ああ

でも約束どおり


きっと戻って来るから。


色々めんどくさいこと多いけど


名古屋名物の味噌でもつけて全部食べて消化し終わったら


あなたのところへ戻ろうと思います。


s


何で名古屋名物?って思うかもしれないけど


よく考えてみろ。解るはず。


次にめいぽへINしたときに本当に解ってるのか解っていないのか聞くからな?


それまで…元気で過ごして下さい。


またサイコーの日々を…夢見るJunoより。


hh

AD