夫ってば広州の主だった観光地とか有名な場所とかに行ったことがない。誘うのだけど「行かなくていいです」で終わっちゃう。
珍しく今回は誘いに乗った~。国際灯籠節が終了していたおかげかな。
高所からの夜景を楽しみましょう。




お腹いっぱいだったので、もう無理と言いつつも70階のラウンジに座ってしまったのだから何か頼まなくてはね。
夫はビール、私はホットチョコレート。これがポットで来たんです。たっぷり2杯分はありました。しかも濃厚でヘビーなチョコクッキー2枚付き。
美味しかったです。おいしかったんですが飲みきれません。喉にまとわりつくような濃さ。
夫に手伝ったもらうと、「明日、私は糖尿病になります」って。はぁ~ごめん。
クッキーはケーキ並みにヘビーでした。←美味しかったんですよ~。






 

AD

去年は九毛九でした。長寿麺を食べれば十分と言ったのです。

今年は「どこで誕生日をしたい?」と尋ねると、ここでした。
え゛~、そんなとこ~、いつも行ってるとこじゃないの~




乳鳩を食べたかったらしいです。あ゛っ麺を選択してなかったわ~。ま、広義では小麦系を面というから小麦モノがかぶっているので、そ~ゆ~ことにしておこう。

ごめん、もうお腹いっぱいで、ケーキは無理だわ~。


そのまま花城広場へ散歩。
そういえば、国際灯籠節か何かやってましたっけ………あれれ、終了してました。

んじゃ、あっちのタワーに行きましょう。

AD

サンタの集会

テーマ:

夫が興奮気味に帰宅。
ん?おかえり~
「白人のサンタクロースがたくさんいます」
へぇ~
「ほんとにたくさんいます」

じゃ見に行こう。
慌てていたのでバッグだけ、充電していた携帯を忘れたので写真が撮れませんでした。←夫が撮っていました。




バス3台からわらわらとサンタクロース。
バス停で電話をしていた人が「今日はクリスマスかい?」と私に尋ねました。←バス停の公衆電話を使っているところをはじめて見ました。みんな携帯だから。

いや、ちょうどアドヴェント(待降節)に入ったところだね。



一本奥のとおりにあるお店に入っていったそうです。

AD

また博多でびっくりなこと。

タクシーが病院に突っ込む。
現場の病院に献花台 タクシー突っ込み10人死傷
<タクシー暴走>路上駐車の車よけながら走行

実は春に入院していた病院でした。
2016年5月9日~6月9日 糖尿病教育入院と心臓カテーテル・ステント手術

あの場所は、表通りじゃなくて、一本裏だし、本館と東棟の間で、クランクになっているし、車の通り抜けってあんまり無くて、病院の中庭みたいな感覚の場所。本館の売店に行くときに通ってました。
ガラス張りのあそこには、病院の沿革が展示してあるんですよ。黒田藩お抱えの医師が開祖。


私、病院から実家まで個人タクシーのプリウスに乗ったことがあったんです。色は真っ白。
だから他人事に思えなくてドキドキ。
福岡だけ?高齢タクシードライバーが多くないですか
もし同一人物ならば……丁寧な運転をする人でしたよ。プリウスは音がしないので、人や自転車に近づいても気づかれないからと、裏道を通るときに人や自転車がいたら、隣をノロノロ運転してて、ちょっとイラッとしたくらい。
別人だとしても、個人タクシーで色が白で、プリウスだと今後お客さんが避けそうですね。

ニュースに出ていた院長先生……院長回診のときに3度診ていただきました。





 



広州美術学院の王先生。見た瞬間に荒川良々さんが浮かんでしまいました。

若者の作品を発表展示する場と、
販売コーナーと


製作コーナー

棚の白い瓶は釉薬で、色はパステル系。その向こう側にはロクロもあります。


ただ、红专厂Redtoryは窯を設置してはいけないのだそうで、王先生のアトリエ(芳村)まで運んで焼成するのだとか。




DIYコースは180元/2時間/1回 焼成代を含む
固定コースは、960元/2時間/6回 6作品
土曜日、日曜日、10時から17時まで


でも、中怡城市花園のアトリエ2303で習っていた唐老師の生徒さんたちは、
唐先生のネゴシエーションのおかげで、指導者が要らないのなら同じ条件でオッケーだそうで、そこんところは始める前にちゃんと確認を取られたほうが良いですよ。