おつかれさまです。
本日は、いかがでしたか。
儲かった人、おめでとうございます。
これからも、もっと儲けてますます幸せになってください。


儲からなかった人、
まだ、今のままでいいんですか?

自分のカンが頼りといってる人に限って、
人のうわさや思いつきで損をしています。

自分なりに勉強している、
自分なりに考えて投資をしているという人は、
基礎がないまま、自分の思い込みで投資をしているかもしれません。


今までのやり方で、儲からなかったという人は、
一度しっかり勉強してみてはいかがですか。
今からでも十分間に合いますよ。


よし、やってみようと思われたら、
今すぐ ⇒ 株式投資教科書



今日のワンポイントレッスンです。


-スロー・ストキャスティクス02-


■しろうとでも株式投資で儲かる方法(1)

株式投資をする上で、
知っておくと良いもののひとつに
テクニカル指数というものがあります。

このテクニカル指数の数字により、
今買い時なのか、今売り時なのかが判断できます。


株は、安い時に買って高いときに売ると儲かります。

ただ多くの個人投資家の方は、
高いときに買って、
安い時に投げてしまう人があまりにも多いです。

株が、今買い時なのか、今売り時なのかが判断できる
「テクニカル指数」について、説明します。



■ストキャスティクス(2)「スロー・ストキャスティクス」02

「ファースト・ストキャスティクス」は、
値動きに敏感な指標ですがその分ダマシも多く発生することになり
逆に「スロー・ストキャスティクス」は「
ファースト・ストキャスティクス」を滑らかにした指標であるため
ダマシは少なくなりますが、サインが遅れて出るという特徴があります。

これらのラインを総合的に判断するのがストキャスティクスです。

使い方としてはファースト、スロー両方のチャートで
サインがそろって表示されたときに売買をおこなうなど、
併用して使うなどの工夫をすると良いでしょう。

「RSI」や「ストキャスティクス」は、
投資手法としては“逆張り”が主体になります。
チャートの読み方も「RSI」に似ていますから、
それほど苦労せずに活用できるようになるはずです。


次回は、「25日移動平均線」 を予定しています。



いかがでしたか。
何か、もう少し聞きたいこと、
知りたいことなどありましたか。


儲けようと思ったら、ひらめきや、決断力も大切です。
もし、わかった、やってみようと思われる方は、
今すぐ⇒ 株式投資教科書


幸せに儲けましょうね。




--<PR>-----------------------
 ■え?そんな事まで教えてもらって、月3000円?
 パソコン初心者でも、年収3倍になるかもってホント?
 今なら限定30名に、ネットビジネスの7つ道具(初心者編)無料プレゼント!
 人数が埋まるまでに早めにクリックを!! ↓↓↓
 ⇒ パソコン便利屋よしちゃん
-----------------------<PR>--



AD