こんにちは


今日はワンポイントレッスンをお届けします。


■しろうとでも株式投資で儲かる方法(1)

株式投資をする上で、
知っておくと良いもののひとつに
テクニカル指数というものがあります。

このテクニカル指数の数字により、
今買い時なのか、今売り時なのかが判断できます。
株は、安い時に買って高いときに売ると儲かります。

ただ多くの個人投資家の方は、
高いときに買って、
安い時に投げてしまう人があまりにも多いです。

株が、今買い時なのか、今売り時なのかが判断できる
「テクニカル指数」について、説明します。


■RSI(アール・エス・アイ)

RSIとは「オシレーター」と呼ばれる
テクニカル指標で 、相場において
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」の状態が
数値化されて 表されているものです。

0~100%の数値で示されていて
30%以下なら売られすぎで買いシグナル
70%以上なら買われすぎで売りシグナル
と見ることができます。

また、日本では
「相対力指数」とも言われていて
計算式としては、

RSI={上げn日平均÷(上げn日平均+下げn日平均)}×100
上げn日平均={前日までの上げ幅平均×(n-1)+当日の上げ幅}÷n
下げn日平均={前日までの下げ幅平均×(n-1)+当日の下げ幅}÷n

計算に使われる日数(上記のn)は
一般的にはnは14(14日間)が用いられて
短期トレードに使うにはnは9(9日間)が使われます。

計算期間内に株価が全て上がれば100%、
全て下がれば0%になります。

なので、100%になったからといって、
絶対にそれ以上あがらないということではありません。



いかがでしたか。
何か、もう少し聞きたいこと、
知りたいことなどありましたか。


株式投資はタイミングが大事です。
もし、わかった、やってみようと思われる方は、
今すぐ⇒ 株式投資教科書


幸せに儲けましょうね。



--<PR>-----------------------
 ■パソコン便利屋よしちゃん参上!!
  たった月3万円で、年収が3倍!!
  パソコンが使えない、聞ける人がいないという人に。
 ⇒ ココをクリック!!
-----------------------<PR>--


AD