JUNKY SPECIAL BLOG

新宿のアメカジショップjunkyspecial(ジャンキースペシャル)です


テーマ:

こんにちは

 

今日は推定年代1900年初頭に生産されていた、リーバイス213(1st初期型)を紹介します。

リーバイスでは、XX(Extra Exceed他を超越した)デニムが有名ですが、こちらは品番213デニムジャケットと言います。

213デニムジャケットは、他社ブランドの安価なデニム製品に対抗するために、XXデニムよりデニムオンスと染めの濃度を落とした「No.2デニム」を使用したデニムジャケットです。

213デニムジャケットは、1900年~1943年頃まで生産されていましたが、当時506XXデニムジャケットの廉価版だったため生産数も少なく、使い捨ての感覚で扱われていたためか現存数が少なく、506XX以上に希少性の高いビンテージデニムジャケットです。

中でも、画像の物は1900年初頭に生産された213デニムジャケットの初期型で、滅多に市場に出ることが無い一着です。

 

(1900年初頭) リーバイス 213(No.2) 1st型デニムジャケット

          

          

 

          

          

パッチはリネン製の布パッチで、ツーホースマークに赤字でNo.2のスタンプが押されています。

サイズと品番の表記は、古い字体で左サイドにスタンプされています。

リネンの布にインクによる印刷のため、パッチを読み取れるものはおろか、欠損していないものを見る機会は余りありません。

 

          

          

フロントはLEVI'S刻印入りのドーナツボタンで、後の1930年代の213より小さいスモールボタンが使われています。

ドーナッツ部分は中央に少し湾曲した古いタイプを使っています。

一見だと、1943年製の大戦期のデニムジャケットに似ていますが、フロントボタンが通常の5個(大戦期の物は4個)で、ブランド刻印されたドーナッツボタンを使用している事(大戦期は刻印なし月桂樹ドーナッツボタン)で213デニムジャケットだと判断できます。

また、プリーツのボックスステッチが1930年代の213と比べると幅が細めで、ボタンとボックスステッチの位置も平行ではありません。

ボタンの取り付け方は、裏から留めて固定する針が2本針のツープロングの打ち込み式を採用しており、鉄ボタンに黒のエナメル塗装でメッキされた「黒ラッカーボタン」を使っています。

 

          

ボタン裏のリベットは、古い時代のドーム型で刻印がされていない無刻印のものです。

ボタン同様に、黒のエナメル塗装でメッキ処理されています。

 

          

          

          

フロントポケットは左側に一つで、まだフラップの付かない通常よりもポケットの位置が下に付いている「ダウンポケット」と呼ばれる、かなり古い時代のジャケットです。

リベットは1910年~1920年代前半まで使われていた刻印の文字が大きめの中央よりに位置したタイプで、リベットの頭が潰れた銅製の物が使われています。

大戦期1942年~1945年頃の506XX(1st)も片ポケットにフラップ無しで似ていますが、ポケットの縫製が、全てピッチの細かいシングルステッチという事とリベットの違いにより、見分ける事ができます。

 

          

          

          

サイズ調整は、506XX(1st)同様にバックシンチ(針刺し)によるもので、まだ労働着として着用されていた、非常にラフな作りになっています。

画像では分かり辛いですが、バックル部分は鉄製で黒ラッカー仕上げのSOLIDバックルが使われていますが、長い年月で塗装が剥がれてしまっています。

シンチストラップの取り付けは、1870年代から採用されはじめた、長方形のボックス型でリベット留めされたタイプで、リベットの頭は潰れているので、1910年~1920年の物と推測できます。

 
          
          
          
襟はロングポイントになる前のスクエアーな形で、アームホールとボディーの付け根と袖下のステッチは古い時代の物なのでシングルステッチになっています。
フロント両翼だけでなく、裾裏と襟の付け根にもセルビッジを使った丁寧な仕立てのデニムジャケットです。
この頃のリーバイス社は、アモスケイグデニムを使っているので少し緑かかった色落ちをしています。
 
(1920後半~30年) リーバイス 213(No.2) 1st型デニムジャケット
               
               

こちらは、1920年後半から1930年代まで生産されていた「213 No.2デニムジャケット」です。

特徴としては、フロントボタンが大きくなり、ボックスステッチとボタンの位置も平行で、ポケットにはフラップが付いています。

襟の形状もロングポイントに変更されているので、ジャケットとして着やすい形になっています。

 

                     

                     

フラップ付きのポケットは、以前の物よりも上部に付けられていて、フラップも1940年代の物と比べると、若干丸みを帯びたタイプです。

XX生地のファースト、セカンド、サードタイプのジャケットのフラップ裏にはライトオンスの生地が使われていますが、213はボディーと同じ生地です。

 

         

         

リベットは1920年後半から1930年代まで使われていた、刻印が小さめで文字の位置が中央寄りのCOのOが小文字にアンダーバータイプを使用し、機械での打ち込み式なので、リベットの頭は潰れていません。

表裏共に、社名刻印された銅製リベットを使用しています。

 

         

213(No.2)デニムジャケットには、黒ラッカードーナッツボタンが付きますが、1930年頃の物はボタンも大きくなり、ドーナッツ部分も湾曲しない平らなタイプを使っています。

         

ボタンの支柱部分はキノコ支柱で、通常のジャケットよりも足の短いオーバーオールに使われているようなタイプが使われています。

 

         

ボタン裏のリベットは、ドーム型に膨らんだタイプで、黒ラッカー仕上げされていない鉄製の無刻印の

1930年~1940年代までの物が使われています。

 

         

フロント両翼には、No.2の特徴でもある、青ミミが使われています。

 

今回紹介した、リーバイス213 No.2デニムジャケットは、40年もの間生産されていたロングセラーモデルで、XXより薄めの生地を使用していて着用すると身体に馴染む感じで着やすい一着だと思います。

レプリカもあまりされていないジャケットなので、認知度は低いですが個人的には、ディテールふくめ魅力的な”ベストオブGジャン”であります◎

 

本日も、長文お付合いありがとうございました。

 

ジャンキースペシャルからのお知らせ

ヴィンテージ・アロハシャツ展開催中です!

 

場所は当店、新宿ジャンキースペシャル内 2Fで開催

ハワイアンの文化と歴史について展示しております。

 

また、展示場でアンケートに答えていただいたお客様には粗品をプレゼントしております。

(尚、粗品は無くなり次第終了となりますので、ご了承ください)

 

皆様のご来店を、お待ちしております。

 

TEL:03-3232-0850
Mail:info@junkyspecial.com 
JUNKY SPECIAL http://junkyspecial.com/
JUNKY SPECIAL楽天市場店http://www.rakuten.co.jp/junkyspecial/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

まずはお知らせから

 

ヴィンテージ・アロハシャツ展開催中です!

 

場所は当店、新宿ジャンキースペシャル内 2Fで開催

ハワイアンの文化と歴史についての展示しております

 

また、展示場でアンケートに答えていただいたお客様には粗品をプレゼントしております

(尚、プレゼントは無くなり次第終了となりますので、ご了承ください)

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております

 

 

DK37571 HAWAIIAN PADDLE

COLOR) 105OFF 128NAVY 170WINE

\19,800+tax

 

カヌーがモチーフとなったデザインの1枚

ゴールドメダリストであり、ハワイのアンバサダーでもあったデューク・カハナモクは、やはりハワイの自然豊かな海のイメージがあり、彼の想いを作品にしたようなデザインの1つだと思います

カラーNo.128 NAVY

 

 

 

タイトル通り、カヌーレースをしている絵柄がモチーフになっています

カヌーレースの柄はケオニで有名なジョン・メイグス氏の作品にもありますね

こちらのデザインだと、カヌーの裏に描かれた大きな波の絵柄が印象的ですね

 

 

 

デューク・カハナモクの実名ラベル

現在もハワイに現存するブランドのため、こちらの商品はロイヤリティを払って東洋で製作されています

 

 

 

ポケットは左右に2っついています

ボタンは白蝶貝のボタンをカラーにかかわらず使用しています

 

 

カラー170 WINEは、渋めのカラーで年配のお客さんにも着ていただけそうな1枚です

 

 

 

柄も含めてボディカラーが変ると雰囲気も大分変わります

 

 

やはり夏場No.1人気カラーと言えば、105OFF WHITE

性別問わず人気のカラーです

 

 

 

白地に目立つ赤、黄色、青のカラーが印象的です

ちょっと前のオリンピックを思い出すようなカラーですね

 

 

シャツのフロントの裏地にはしっかりとデュークカハナモクのロゴ入り

 

 

DK27558 HAWAIIAN PADDLE L/S

COLOR) 105OFF 128NAVY

\23,000+tax

こちらのモデル、長袖もございます

当店ではオフホワイトとネイビーのみとり扱いがございます

 

 

袖のカフス部分のアップ

半袖ではない部分なだけに気になるという方も多いので、アップしました

 

 

 

デュークカハナモクデザインの箱

中にはデュークの下げ札、シール、ハワイアンをたたむ時につかう型にもデューク・カハナモクのデザインロゴが入る凝った作りになっています

 

デュークのモデルも他にもございますし、過去の作品も並んでいますので、ぜひ店頭でご覧になってみて下さい

 

TEL:03-3232-0850
Mail:info@junkyspecial.com 
JUNKY SPECIAL http://junkyspecial.com/
JUNKY SPECIAL楽天市場店http://www.rakuten.co.jp/junkyspecial/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

まずはお知らせから

 

ヴィンテージ・アロハシャツ展開催中です!

 

場所は当店、新宿ジャンキースペシャル内 2Fで開催

ハワイアンの文化と歴史についての展示しております

 

また、展示場でアンケートに答えていただいたお客様には粗品をプレゼントしております

(尚、プレゼントは無くなり次第終了となりますので、ご了承ください)

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております

 

 

 

SS37652 武者絵

COLOR) 105OFF 128NAVY

\23,000+tax

 

もうカタログでご覧になって知ってらっしゃる方も多いと思いますが、今年はサンサーフと葛飾北斎のコラボモデルが発売されます

その第一弾として入荷したのが、こちらの「武者絵」です

両国に本社のある東洋エンタープライズ

北斎の生まれ故郷が墨田区であり、「すまだ北斎美術館」があるというのも縁だと思います

日本が誇る芸術家の北斎と日本が誇るハワイアンシャツブランドであるサンサーフとのコラボ作品

とても意義のある作品だと思います

 

 

武者絵のタイトル通り、背中一面に描かれた大迫力の武者絵

鎌倉権五郎影政(かまくらごんごろうかげまさ)と鳥海弥三郎保則(とりのうみやさぶろうやすのり)という平安時代の武将同士の戦いが描かれています

 

 

 

 

 

 

 

 

狭い背中に収まりきらない程の迫力が伝わる2人の武者の戦いの図

写真から感じ取っていただけますでしょうか?

 

 

 

首のラベルには北斎のデザインラベルがつきます

 

 

 

胸のポケット上には山本屋のマークが入ります

当時、北斎の版画を出版していた出版元のマークだそうです

背中の武者絵の左下にも同じものが入ってますね

ボタンはバンブーボタンを使用しています

 

 

生地はコットンポプリンを使用

また、実際はこの写真やカタログの写真よりやや色合いは薄くなります

こちらがカラーNo.128 NAVY

 

 

 

より背中の武者絵が際立つのは、カラーNo.105のOFF WHITEです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらの武者絵の青系の配色は、当時の北斎作品に倣い本藍顔料を使用してプリントしています

ですので、普通に着ていても変色等ございます

当店でデニム等好きな方でしたら、楽しんでいただけると思います

なかなかハワイアンで藍染めで色落ちの変化が楽しんでいただけるモデルというのがないと思いますので

 

 

 

 

 

また、こちらの箱が実にカッコいいです

展示会で見た時にこの箱のデザインに赤富士が使われているのは痺れました

中にはすみだ北斎美術館のパンフと武者絵のポストカードもつきます

 

なかなかないスペシャルなコラボモデルですので、この機会にぜひ!!

ハワイアン好きだけに留まらない名作だと思います

 

TEL:03-3232-0850
Mail:info@junkyspecial.com 
JUNKY SPECIAL http://junkyspecial.com/
JUNKY SPECIAL楽天市場店http://www.rakuten.co.jp/junkyspecial/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。