脳トレ遊び マジロコ 応援ユーザーとの対話ご紹介


脳トレ積木(幼児も大人も遊べる)マジロコの実用新案をとってから、はや5年。



身近な方からの応援で、少しずつ、世間に広まってきました。



この素晴らしさを多くの方に知って、使って頂くための究極的なセットを創りました。


「マジロコ48 3段デラックス」です。


その動画が7月に寛政予定。もっとも、75秒 ですから、アッという間に終わり、ごく1部の方の目に触れるだけでしょう。


このナレーションを古いユーザーの方にお送りし、その対話を今日はご紹介いたしますネ。


★☆★☆ ★☆★☆


○○ちゃん
お返事、ありがとう!
いろいろ、楽しそうなさっちゃんにいつも元気づけられます。
良い質問。ここがポイントなので、ご説明させていただきます。
◆同じ三段48個でも、詰め方により、効果や特徴が違ってくるので、一番効果的な詰め方にしました。
(サチャンの妹さんへの詰め方=箱=をどれにしようかと考えていた頃からの延長としての答えです。)
A●二段32個を二段箱に入れる。.....子供にはとてもわかりやすく、自然に足し算などの基本を応用して遊ぶようになる。
しかし、32個だけでは、積木としてパーツが少なく、創造性を大きくはぐくむには物足りない。
B●一段16個を一段専用箱に入れる。.....幼児にはパーツが少なく、最初になじめるが、実は大人向き。880通りの魔法陣や
等差数列などの高等数学の入口になる。マジロコクイズも出来る。
しかし、子供には仕舞い方が少し難しい。これだけでは、積木としては物足りない。
▲同じ3段 でも、16×3段を一つの箱につめてしまうと、それぞれの特徴がはっきりせず、ただの積木。
このAB(16×3)の2段箱、1段箱 に詰めて、一緒のセットにすることで、効果が倍増し、コパクトで親しみ易い製品になる。
※最初の頃の方には4段一箱にしていましたので、以上の説明が行き届いていません。
その分、原価スレスレでお渡ししているので、箱を追加することで、これまでたたの積木でしかなかったものが、
「確かな脳トレぐっず」としての価値を発揮できるはずです。
以上、ご精読、お疲れ様でした。カトッチャより。
/////

かとっちゃ!
マジロコ情報ありがとうございました。
毎日バタバタしていて、お返事もできないで、ごめんなさいね。
簡潔で良いコマーシャルですね。
着々と進みますね。えらいなー。
「2プラス1段」というのは全部で3段ということ?一つの箱に3段入るのですか?
トンチンカンな質問ですみません。いずれにしても楽しみです。 ○○ちゃん
先日は、お元気そうなサっちゃんにお目にかかれ、うれしく思いました。
いろいろ、ご報告はあるのですが、今朝の新着報告。
マジロコを、ある小さなテレビ関係で 地方局に放送して貰うことになりました。
75秒で簡単に! なので、簡潔にということです。
叩き台を送ってきたので、ご参考までに。
勿論、何かアドバイスがあればうれしいです。
この1年間、いろいろ考えて、お子様の為の一番良いセットとして「2+1段セット」に絞ることにしました。
公表価格はどうしても割高にしなければなりませんが、お友達には当てはめません。
ではまた。
★☆★☆ ★☆★☆



/////




AD