ミニアルバム2枚同時リリース!
年明け早々嬉しいニュース★ミニアルバムを2枚発表いたします。

どちらも全く異なった世界の音もよう。

レコ発ライヴも続々決定いたしております。

発売は2月中旬から、ライヴ会場にて順次販売いたします。

皆さんぜひともライヴ会場へ足をお運びくださいませ、お待ちしております!



~スペシャルトリオPETER PAUL& 絢子誕生

極上サウンドにて送る名曲シリーズ~

PETER PAUL& 絢子1stアルバム「SINGS」

2016.02/jber-3458y


 ブルームーンカルテットのフロントマン、トランペッター黄啓傑氏とギタリスト富永寛之氏とのスペシャルトリオ、その名も「Peter, Paul and 絢子」誕生。
 極上のサウンドで送る名曲シリーズ第1弾!「SINGS」。ライヴでしか聴けなかったあの曲この曲あのメロディがたっぷり詰まっています。



♪収録曲♪ 想い出のワルツ/イカれた愛/月下恋唄/涙の河/ならず者/素晴らしき世界/あたしの全てを奪ってよ!


Electric Piano,Vocal
JUNKO YANO


Trumpet,Cornet,Melodica
KEIKETSU KO


Guitar,Electric Piano,Ukulele
HIROYUKI TOMINAGA


Recorded&Mixed by Shinji Kawase.
Recorded&Mixed at Gumbo Studio,12.2015



~矢野絢子の歌世界

そのルーツ池マサトをうたう~

矢野絢子ROOTS1「静かな夜」
~contribution for UTAGOYAnoNIKAI~


2016.02/wouf-134pg/\2500


 矢野絢子の歌世界、そのルーツである池マサト氏。高知「劇場歌小屋の2階」の主催であり、矢野絢子が師匠と敬愛する池氏の楽曲をカバーする「ROOTS」アルバム第1弾。
 選曲は、池マサトのジウニツキノウタシリーズ1月「静かな夜」より。ギターに池氏本人、ヴァイオリンにお馴染みの嶋崎史香を迎えての録音。
このアルバムの売り上げは全額歌小屋の2階の活動資金へと寄付する、歌小屋へのチャリティーアルバム。


♪収録曲♪ 静かな夜/ホットミルク/月が見える/りん/すんすん/看板/手ぶくろ/あい言葉


ピアノ・うた 矢野絢子


ヴァイオリン 嶋崎史香

ギター 池マサト


録音2016.1 メッソスタジオ





ゾクゾクとレコ発ライヴ決定!

詳しくは下記オフィシャルサイトのライヴスケジュールをご覧くださいませ。

お待ちしております★


矢野絢子オフィシャルサイト青い鳥

最新情報、ライヴ情報、CD販売、など色

http://www.yanojunko.net/


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-08 11:49:59

6月歌もよう~後半戦~

テーマ:お知らせしたい

先日、どうしてもジャストサイズのボーイッシュデニムが欲しくなり


とあるデニムショップに買いに出かけた。


店員さんに相談すると、私を一瞥し「お客様のサイズはエックスエックスエスですね」


といわれたので、内心「コドモじゃないぞー!」と憤慨しながら


持ってきてくれたデニムを試着すると、完全にジャストサイズだった。



とっても履きやすくて気に入ったので即購入。


しかし「XXS」とはすごい表記だな。大人なのに。


世の中の記号表記というものはいつも不条理をつきつけてくるものです。


さて、6月の後半戦参ります★












★大人のにこにこぷん~じゃじゃ丸に隠れてポロリとピッコロが!~
九州3デイズ!!


福岡の天才とんちピクルスさんと初のツーマン!九州は福岡3デイズ!


とんちさんの音楽は本当にセンス抜群で、ラップから打ち込み、ウクレレ弾き語りに人形劇と


幅広いエンターティナーである。私も負けないようにブチかますぞ!

★6月17日(金)  福岡・博多「音楽酒場ブギ」

         福岡市博多区住吉4-15-1-BF
         (住吉交差点焼肉栄楽園地下)
          TEL 092-776-9390
         http://ks-lab.info/boogie.htm
【開場/開演】open19:30 start20:00
【料  金】 予約2500円当日3000円(要オーダー)
【出  演】矢野絢子、とんちピクルス


★6月18日(土)  福岡市西区「alikwa(アリワ)」

        福岡市西区小戸3-40-8
         Tel.092-882-8822
【開場/開演】open19:00 start19:30
【料  金】 予約2500円当日3000円(要オーダー)
【出  演】矢野絢子、とんちピクルス


★6月19日(日)  福岡[箱崎水族館喫茶室]

     福岡市東区箱崎1-37-21
     Tel.092-986-4134
     http://www.hakosui.net/
【開場/開演】open19:00 start19:30
【料  金】 予約2500円当日3000円(要オーダー)
【出  演】矢野絢子、とんちピクルス




6月22日(水)  松山・道後「ワニとサイ」 皇潤+中村恵介tp


黄啓傑さんと中村恵介さんの二人のトランペッターによる


お遍路ライヴツアー松山ワニサイ編にお邪魔します!


久々の皇潤ライヴ、道後で大暴れ~。


ミュージックチャージ投げ銭制なのでお気軽に飲みにお越しくださいませ~♪



【会 場】バー&グリル ·ワニとサイ

【開 演】20:00

【料  金】 ミュージックチャージ投げ銭制

【出 演】中村恵介tp・黄啓傑tp・矢野絢子p.vo

【問い合わせ】

バー&グリル ·ワニとサイ
愛媛県松山市道後湯之町1-39
tel:080-3319-2765




★6月24日(金)  劇場 歌小屋の3階パーラーオッフォン 矢野ギタ絢子


まことしやかに毎月恒例の矢野ギタ絢子。今月も行いまっせ!



【場  所】 劇場 歌小屋の3階 パーラーオッフォン
【開場/開演】 ・昼昼公演13:30/14:00

【料  金】 ミュージックチャージ投げ銭制 別途1オーダー
【出  演】 ★昼昼公演
         矢野ギタ絢子・池マサト (各40分)
       ★夜夜公演
【パーラーオッフォン】
※歌小屋の3階の一番奥に新たに生まれた小さなカフェです。
靴を脱いでおあがりくださいませ。
(ライヴ中でもカギはかかってません)劇場 歌小屋の2階 http://utagoya.com/  
高知県高知市仲田町5-12 メッソビル2F




6月25日(土)  劇場 歌小屋の2階 リクエストライヴ「KiKi」


6月キキは物語や空想の歌世界。ニーナもこの月の楽曲です。



【場  所】 劇場 歌小屋の2階

【開場/開演】 ・昼昼公演13:30/14:00・夜公演19:00/19:30

【料  金】 1公演\2000(D込)昼夜通し¥3000
      

【出  演】 ★昼昼公演
         ネリ・花子記念ニセのBAND 
       ★夜公演
         矢野絢子
------------------------------------
【チケット予約】

※劇場歌小屋の2階ライヴのチケット予約は受け付けておりません。
 全日当日券のみなので、そのままお越しください。
 駐車場ご利用の方は予約が必要です。088-831-3265まで

【扉の開け方】
※歌小屋の2階の入り口は2階、一番奥の銀の扉です。
取っ手を横にしたまま押してあけてください。
(ライヴ中でもカギはかかってません)劇場 歌小屋の2階 http://utagoya.com/  
高知県高知市仲田町5-12 メッソビル2F




★6月26日(日)  劇場 歌小屋の2階ライヴ 「えてかって」


どこのライヴよりも自由にその時の自分だけと向き合ってライヴする、それがえてかってライヴ。


私のために私による私のうたたちと共に。

【場  所】 劇場 歌小屋の2階

【開場/開演】 ・昼公演14:30/15:00・夜公演19:00/19:30

【料  金】 1公演\2000(D込)昼夜通し¥3000
      

【出  演】 ★昼公演
         矢野絢子
       ★夜公演
         上田宇宙・石田衣代
            
------------------------------------
【チケット予約】

※劇場歌小屋の2階ライヴのチケット予約は受け付けておりません。
 全日当日券のみなので、そのままお越しください。
 駐車場ご利用の方は予約が必要です。088-831-3265まで

【扉の開け方】
※歌小屋の2階の入り口は2階、一番奥の銀の扉です。
取っ手を横にしたまま押してあけてください。
(ライヴ中でもカギはかかってません)劇場 歌小屋の2階 http://utagoya.com/  
高知県高知市仲田町5-12 メッソビル2F




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
矢野絢子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-03 19:21:28

6月のうたもよう~前半戦~

テーマ:お知らせしたい

するするするりと暦は六月に。


高知の初夏の太陽と風の中に、しっとりと湿った雨の気配がちゃんとひそんでいる。


季節というのはなんて律儀なんだろう。


このところのわたしときたら、物心ついたときから切望しながらも叶うことのなかった「早寝早起き」が


いつの間にか習慣になり、ライヴのない日には午後9時から早朝までグウグウ寝ている。


本当に毎日幸せだ。あんなに切望していながら今まで全然できなかったのに。


大人になるって素晴らしい。


あと最近年上の女性になにかと色気を感じて仕方がない。


推定40代から70代の女性が気になる。


横断歩道を颯爽と歩く後姿のふくらはぎとか、


銀行の明細を険しい表情で眺めているうなじとか、


「生活感」を感じる女性の色気。


なんか今まで見過ごして通り過ぎていた美しいものを発見できたよな、得した気分である。


フランス映画の観すぎかもしれない。




さて6月のライヴのご紹介。






★ 2016年6月4日(土)  劇場歌小屋の2階 ディアズ テーマ「フォーク」


早速明日ですが、劇場バンドディアズの今月来月のテーマは


「フォーク」~男たちの挽歌ひげ部~です。


今だ育休のシマフミをさしおいて、


大久保、石田、矢野が得意分野の男の歌を歌います。


勿論ひげも生やします。


ディアズ(矢野絢子vo.p・大久保和花vo.g・いしだきぬよvo.per・嶋崎史香vln)

【場  所】 劇場 歌小屋の2階

【開場/開演】 ・昼公演14:30/15:00 ・夜公演19:00/19:30

【料  金】 1公演\2000(D込) 
      
【出  演】 ディアズ
                   
------------------------------------
【チケット予約】

※劇場歌小屋の2階ライヴのチケット予約は受け付けておりません。
 全日当日券のみなので、そのままお越しください。
 駐車場ご利用の方は予約が必要です。088-831-3265まで

【扉の開け方】
※歌小屋の2階の入り口は2階、一番奥の銀の扉です。
取っ手を横にしたまま押してあけてください。
(ライヴ中でもカギはかかってません)

劇場 歌小屋の2階 http://utagoya.com/  
高知県高知市仲田町5-12 メッソビル2F





★ 2016年6月10日(金)  東京・目黒 学芸大学 APIA40  アルバムめぐりⅣ~あいのうた~


久々に東京碑文谷アピア40でのワンマンライヴです。


アピアは大好きな箱の一つで、大きなグランドピアノと船の底のような会場に


深く深く音が満ちてゆく時間が大好きです。


そして内容も久々のアルバムめぐり。やっと4枚目のアルバムにたどりつきました。


「あいのうた」。2007年にソニーのヴィレッジミュージックGreen Dropから出したもの。


サウンドはaikoさんや、真心ブラザーズなどのサウンド・プロデュースを手掛ける島田昌典さんが


全曲全部の楽器を演奏&アレンジしてくれました。


印象的なジャケットの赤い部屋は今では塗り替えてワインレッドに落ち着いています。


バッチリメイクに巻き髪に挑戦して、見事に誰かわからない仕上がりになりました。


内容はラヴソングというより多種多様な人間関係って感じかな、やはりもがいている感じはしますね。


うたの数が10曲なので、当日は今のわたしの「あいのうた」と織り交ぜながら


愛のかたまりを探ってゆきたいと思います。

【タイトル】アルバムめぐりⅣ~あいのうた~

【会 場】目黒 学芸大学 APIA40

【開 場】19:00【開 演】19:30

【料  金】 前売り\3000 当日\3500(共にドリンク別)

【出 演】矢野絢子


【チケット予約】

・メール予約 yanojunko.live@gmail.com
※メールタイトルに「日にち、場所」、本文に「氏名、人数」をご記入

のうえ送信してください

【問い合わせ】

03-3715-4010(APIA40)http://www.apia-net.com
------------------------------------------
APIA40 東京都目黒区碑文谷5-6-9サンワホームズB1
TEL&FAX 03-3715-4010 http://www.apia-net.com




★ 2016年6月12日(日)  東京・板橋ファイト!「ランチdeライヴ


1日空いて日曜日はランチライヴ。


東京でも初めて行く町の初めてのお店、板橋ファイト!にて。


最近日曜日のランチライヴがすごく好きなのです。


まだ日も高く、お客さんの表情も心なしかいつもより柔らかくリラックスしていて、


何より昼に飲むお酒は格別です。


ちょっとほんのりして、ゆったり友人とお喋りをたのしむようにライヴを進めたいと思います。

写真はイメージでス。

【タイトル】  ランチdeライヴ

【会   場】 板橋ファイト! http://fight-fight.jp
       〒173-0004 東京都板橋区板橋1丁目22-7

2016年4月1日“街”に密着した音楽カフェ、OPEN。音楽とアートが生活をリンクする。

JR 板橋駅(徒歩2分)

都営三田線 新板橋駅(徒歩3分)

東武東上線 下板橋町(徒歩7分)

【開  演】 open11:30 start12:30

【料  金】 ¥3000(要1food+1drink)

【出  演】 矢野絢子





6/13(月)「カリトマトタロー1日目(OA矢野絢子with坂野志麻)」



この日は高知のアコーディオン弾きで友人である坂野志麻さんプレゼンツのライヴに参加させていただくことに。


しかも、広島の凄腕ボタンアコ弾きの原田さん、ザッハトルテの都丸さんのトリオのオープニングアクトで、


志麻さんと私がデュオで演奏、という、どこをとっても刺激的な一夜になりそうです。


原田さんは先月広島のふらんす座で私がワンマンをしたときに楽器を片手に遊びに来てくださって、


そこで初めてセッションさせていただいたのですが、ほんとにもうなんというか、


絵画のように繊細で、巧みな音色にうっとりしました。再会楽しみでス★


場所:Cafe and Dining Zero

料金:前売3000円/当日3500円(1ドリンク付き)

出演 カリトマトタロー(カリトマトタローとは原田忠、都丸智栄、秦コータローのユニット)OA:矢野絢子with坂野志麻

    



とここまでが6月前半戦。


なんだか濃くて楽しそうな雨の月ね。


後半戦はまた!

時間:18時オープン/19時スタート
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
矢野絢子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-03-24 14:28:59

春が来たのです。

テーマ:うたもよう

誰か一人

こらへきれずに林道を

誰か馳せゆく、

春が来たのだ  


前田夕暮





今日目覚めたら、窓の外があんまり明るくて、春風がびょおびょお吹いていて、



玄関を開けるとあんまりにもまぶしくて、思わずポストまで全速力で駆けてしまった。



まさに、冒頭の句の「誰か」のように。



春って季節はもうこらえきれない、生き物みんな何かがあふれちゃう季節ですね。



私はつくしの気分です。



3月の旅を終えて帰ってきたところ。



出てゆくときはトレンチコートで涼やかに、途中で寒くてダウンジャケットを羽織り、



またトレンチに戻り、最終的に暑い暑いと半袖で帰ってきた。



行ったり来たりする季節の中で、永遠に終わらない旅のようだった。



2月と大体同じくらいの長旅なんだけど、今回は休みが少なかったせいか



(先月は沖縄でオフを満喫しまくっていたので)



もう3か月くらい旅してる気分だった。



そして今回の旅はなにかと「ハッ!!」とさせられることの多い学びの旅でした。



ずっとウズウズモンモンとしていたモヤモヤを、バシっと言葉にしてくれる人に出会った、みたいな。



いつもはボーッと流していたものにドカンと頭を殴られた、みたいな。



頭と言葉ではわかってたけど何となく疑っていたものを、心と身体でカシっと理解した、みたいな。



とても大事なことと何度も再会した。「やあ!」と手をつないでじーっと確認した、みたいな。



うまく言えないけど、たくさん熱を出した後、頭がとってもクリアになった気分。





大事なことってたぶん本当は誰でもみんな知ってるんだと思う。



でも忘れちゃうのですついつい。



それで躓いたときにようやくあ!って思い出したりするんだけど。



今までは、日々のなか、毎秒毎分忘れないようにすることってとても難しいことだと思ってた。



でも、全然難しくないことだってわかった。



大事なことを忘れないようにするためには、大事なこと以外を手放せばいいってこと。



なあんだ、簡単やん!そりゃそうだよな。って思った。



ほんまに大事なことってそう多くはないから、両手で抱えながら、胸にいつもとどめながら



一分一秒過ごすことできるはず。



ついついそれ以外のものを抱えたくなったり、欲しくなったり、とらわれたりしちゃって、



もう抱えられないのに、手にした気分になって、どんどん頭がぼやけてくる。



私は歌では大事なことたくさん歌っているのに、日常ではうっかりよく忘れてた。



それは私にとってはすごい嫌なこと、危険なこと、不本意なこと。



一分一秒歌ってない時も歌になって生きるっていうことは、



大事なものを一分一秒肌身離さず心に携えて生きてゆくってことだ。



シャカリキシャキン。



少しずつ、こころの旅をしながら、にんげんに近づいてゆきます矢野絢子。



初めてなのに受け入れてくれた人たち、私を待っていてくれた人たち、



ほんとうにありがとうございました。



これから死ぬまで何億回でも想って、想うたびに口に出してゆこう。



そんなことを思いながら床を磨く春の午後。



何年も暮らしてる家がこれまた新鮮で。



私は浦島太郎の気分です。




4月の旅はどんな冒険が待っているでしょう。



歌って歌って歌い狂い咲き乱れますよー。



http://www.yanojunko.net/live.html





心よりお待ちしております★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
矢野絢子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み