きょうはこんな感じで(仮)

ピアノを弾いて歌います。どちらかというと叫んでます。


テーマ:
ずいぶんずいぶんライブのこと書くのが遅くなってしまいました(>_<)

絶賛お引越し中の話をしてしまったのでみなさんに気を使わせてしまったかな…、とてもとても楽しい夜だったのです。

自分のライブ的には…。
お引越しでハウスダストが大変なことになってる中、リハ中はこの声まずいな、という感じで。リハ後〜本番の時間までありとあらゆる方法で体を戻したんだけど、今日は最高!っていう体調のときよりもやりすぎなくていい。

よく言われるのだけど、抑えがきかない、出しすぎてしまうのが最大の欠点なのでこれがないとね、演奏にまとまりが出ます。

普通のときでもこのくらいでいけるとよい。

「ためいき」を歌から入るパターンにしたのだけど、なぜかこういう曲は音のガイドなしでやれる。この曲を作ったときに、胸のなかでつぶやくように夕暮れをみてた感じね、あの雰囲気が出せる感じがする。

この日のNextSundayはとても客席が温かくて、後半にいくにしたがってどんどん安心感が増す感じでした。

たくさんのみなさんとお話できた日でもあるので、うれしいです。もともとロックだったことをわかってくれる人がいると実は強烈うれしい。

一番目のtakashiさんとお客さんとそんな話をしていた。ループを駆使してのギターの、ここまでやっちゃうともはや弾き語りではなく、一人バンドだよなーって。足元踏み踏みしながら演奏するギタリストさんて実は好きなので興味深くみてたけど、好きなロックのタイプが近そうな感じ。見た目クールだけどいろんな音楽の話ができました。

二番目がまったりフッカーさんでした。何度かご一緒してるけど私の中ではお酒が強烈に似合う松田さんと思っている。とにかくこの方とご一緒するときはライブ後のビールが美味しい。エレキの弾き語りでやはりループを使うのですが。いい意味で古い、ナチュラルなぶっ飛びかたがいつも楽しい。結構好きな曲も多いけど「肝臓」が好き。

三番目の元太ユキさんは、私が昨年初めてNextSundayに出演して以来久しぶり。シリアスとコミカルを曲ごとで使い分けるんだけど、コンプレックス女子の本音を的を得て歌い上げてくれるあたりが楽しい。ピアノスタイルとしては私と違ってクラシカルな音だなって思う。

トリはITY'Sのみなさん。私以外のみなさんとは一度ずつ対バンされてるとのことで私は初めまして、でしたが。あれですね、女性シンガーをみる楽しみはこれかなって感じるくらい、爽やかでかわいらしい。絵本の中から飛び出してきたような世界観でした。

もっと遅くまで飲んでいたいくらい楽しい夜でしたが、そこは翌日のために早めに帰りました。しかし新居は阿佐ヶ谷なのでまた荷物が落ち着いたら、NextSundayの日は日付が変わるまで飲むスタイルでいきたいと思います。

みなさんありがとうございました!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
迷ったけど、今年は実家に行きました。
父の祥月命日ってやつで、29年になります。引っ越しもあるし、体調良くないしでどうしようかと思いましたが。

毎年相変わらずで、帰るとどうしたの?って言われるのですが。本当に覚えていないのか、覚えているのにあえて知らないことにしてるのか、はたまた前もって5月18日は帰りますと言わない私がいけないのか。

最近は父がいたらいたでうまくはいかなかったかもとか思うと、楽しかったことの方がたくさん思い出せる方が幸せなのかなとか思ったり。

なんだかんだ言っても好きなように生きられてる自分は幸せかもなと思うけど。

人生にたくさん選択肢はあっても、結局ひとつの人生しか人間は生きられないのです。

あれこれ浸りたいけど、明日は新居の鍵の受け取り。ライブと並行しながらで、のんびりしてもいられない。

仕事で難しい話をしていたら、我に返って、我ながらきっつい女だなとかわいくない自分に気づいたら帰り道ずいぶん落ち込んだり。

42を目前にして可愛くない自分を気にする自分は何になりたいのか、不思議。

そう考えると48歳で亡くなった父は、当時全て悟って見えたけど、本当は怖くて寂しくて恐ろしかっただろうなと。ごめんねって言いたくなるときがあったり。

その分生きるよと強くありたいけど、一方でそちらに行ったら会えるのかというあり得ない期待があったり。

考えるのは自由です。
どんなに想像膨らませても、妄想しても、心は自由。

今日はそんな感じで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
午前中引越し荷造りがんばったけど、午後捨てるものやら、買うものの下見やらしてたら。

中野駅の乗り換えのホームで足が痛くなって、急に涙がポロポロ、線路が呼んでる気がしていけないいけないと、立ち食い蕎麦屋の前まで避難(入らないけど)。

まだ荷造りはあるけど今日は寝ようと思う。

完全な、ストレス。更年期とかも近いのかとは思うけど。

一言で言えば、平日のストレス。空気が読めないので余計な気を回して明後日の方向にいっちゃう。上司曰く考え方は違ってないという。違っていればはっきり言われる。あまりキレると出社できなくなることも理解してもらっている。

自分の平日の仕事は社内社外問わずいろんな人が関わる。そのなかで「しらない、できない、わからない、習ってない、仕方ない」このタイプの人だと、おせっかいして考えちゃうからキャパオーバーになってるみたい。派遣なのに。

「聞いてみなきゃわからない」と凄まれたりするけど、こちらが聞かれたら「調べてお答えします」となる。この言い方が冷たいんだろうな。

日に日に自分が鬼になった気分になる。
でも私はたぶん、泣いた赤鬼さんだよ。そしてごんぎつね。

ステージの上では鬼だろうが獣だろうが迫力に対する褒め言葉と捉えられるが(本当は猫)、普段は鏡をみて鬼がいるとかなり凹む。

仕事量が多いことや休まないことにかけては、体育会系会社とか、ブラック企業、理系の会社とか、かなり鍛えられてるので苦にならない。

毎日どこかしらで、できないやれないわからないっていうのと、やってやってるんだから、あんたやってもらってるんだからって叱られるのが頭の中でぐるぐる回って。さらにはおしゃべりしてあげてるんだからと。

ぐるぐるがひどくなるとは危険です。


早く荷造り終えて引越して新居でのんびりしたいな。出窓付き、キッチン4帖バストイレ別の角部屋。今日具合悪くなっちゃったから、明日の夜から頑張らなきゃ。

しかしスケジュール押してる仕事で早く出社しなきゃいけない。早起きしなきゃ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月11日、ライブでした。
みなさんありがとうございました!

今回は5月の日程調整の時点でクルブシatariさんとご一緒という話で調整したのですが。

結果Jastsize Jasticeさんともかなりのひさしぶりの対バン。

一番目の若林さんは以前私がたまたまお客さんでいたときに、演奏していて、私は見たことある、状態で。

全員かなりバラバラですが、全員バラバラなりにやりつくしていて面白い日だったのではないかと思います。

やっぱりあのアップライトピアノで演奏するのが好きです。リハではどうにも気持ちが切り替わらず、心配でしたが、何故でしょう、下北沢LOFTでは本番になると自分の気持ちが素直に、あ、考えてるわけではなく、声に詰まりがなく、恐怖がなく、演奏が終わる。

最近では何を伝えたいでも、表現したいでもなく、曲はもちろんスタジオ入って練習しているんだけど、即興で空気に色塗ってる感じ。

まだまだ、私が、私が、なとこは多いけど、ひとりよがりにならないようにとは思うので、そんな感じになる。

クルブシatariさんは数ヶ月前にネクストサンデーでお会いして、「10年くらい前にLOFTでライブ見ました」ってお話した経緯があります。

ライブをしない時期があったことも知らず、でも10年くらい前、まだ私がピアノに自由がきかず、正直ピアノなんかまともに弾けなかったときに、スケールの大きい演奏をされていて。

続けてくるのは大変、とはいうけど、活動を再開するっていうのも勇気がいることだなあと。そして再開して、以前やってなかったギターを始めてしまう。いろんな意味で思いっきりの方向が違う人で、それは音にも現れていて、やっぱりご一緒できてよかった。

すごく穏やかで優しい方なんだけど、音楽やる人はどっか吹っ切れてなきゃだし。

若林さんはピアノもギターも弾き語る方。私はギター曲の方が好きで、なんか、若々しさと、すごい笑顔で本当に心の底からいい人なんだなあって。

Jastsize Jasticeさんはロックな超低音、思えばずいぶんたくさん対バンしてるのだけれど、昔はね、とっつきづらいイメージでもあったけど、いい意味で親しみやすくなったような。

そして。
私の弾き語り始めた頃知り合った方が見に来てくださり。びっくりするやら嬉しいやら。下北沢LOFTに出始める前の話なので20代の頃を知っている方。もう私、来月で42になりますので。

一回名前が変わったこともあるので、名前を覚えていてくださるだけでも嬉しいですが、実際再会できるとは思わなかったので。

再会だらけの一日だったように思います。
誰にいつ会っても、いつも新しいステージができるように、と、気持ちを改めて入れ直したのでした。

次回ライブはすぐです。
5月21日(日)阿佐ヶ谷Next Sunday
18:30open19:00start

引越しの真っただ中、きっちりライブの予定を空けてあります。

よろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
考え事はしていたんだけど。
全く価値のないヒトはいないと思う。

悪影響で離れたり、なんとなく合わなくて離れたりってことはあると思うけど、価値のないヒトはいない。

とにかくいろんなこと、もうちょっと気をつければいいのにってヒトはいても、1mmの優しさが濃いヒトとか、しょーもない趣味を持っているが誰にも真似できないとか、とにかくひどいことは言うけど頭の回転は恐ろしく早いとか。

存在する社会、とかく給料とか利益とかが関わってくる組織では、やむなくそこに置いておけない人間はいるかもしれないけど。

価値がないヒトはいない。きっと。

あいつなんかいなくなっちゃえばいいのに、とか平気で言う人に限って、自殺の話になると自殺なんて自分勝手だと言ってみたり、子供ができたら〜とか新しい命の話をしていたりするけれど。

命が大事でとにかく生きなきゃいけないというなら、1mmしかいいとこないやつからいるとこ奪ったりするのはズレてる気がするのよね。別に無理して付き合う必要もないし、期待する必要もない。放っておいてやれよって。

昔の自分もそうだった気がするけど、ダメな奴の人生に介入して揚げ足とっていいふらしたり、とか、価値観強い女性ってそうだ。母となる本能かもしれないけれど。

排除されて生活できなくなって心がなくなって、何食べても味がしなくなる。そうなるとあんたの責任、努力不足、死ぬなんて無責任だから償って苦しんで生きろとか。

社会的な死っていうのがあるけど、それはヒトが作り出すものだと思う。生きていてもあんなダメな奴みんなでダメって言わなきゃいけない、言わなきゃおかしいって妙なリーダーシップとって満足しちゃうヒト。たぶんそんなリーダー体質の人がこと女の子の親になると…。連鎖がみえる。いじめの根本はきっと大人。

今日こんなこと書いてるのは、いろいろ潰されたり、押しつけられて一人でいようかな、とか思っていたときに話した1mmのいいとこはある奴だ。決して人はけなさないし、しょーもない話をしょーもなく展開していく。そこにまた面白い子が寄ってきて、私の知らない世界の話。たぶんなんかあっただろうけど、反省しないのは問題かもしれないが、いいとこある。

だいたい趣味っぽい話につきる。

個人的な好みだけど集まって誰かをダメダメ言う話は苦手みたい。話を合わせるには流すにしても心にもないことをいっちゃったりする。

趣味っぽい話でないときは、なにか悩んでも口では素敵だと思った人の素敵な話をするようにしてる。美輪明宏さんが何かでお話されていたが、口からは宝石とか、きれいなものを出していればいい。きたないものを口から吐き出すんじゃないと。

言霊の考えと近いと思う。できる人できない人、いい人ダメな人、いろいろいると思うけど、会話に注意していると汚いことを話していないヒトっていうのは、話が楽しい。

自分には1mmもないって苦しむ人もいると思うけど、0.5mmでも、吹き飛んじゃいそうな糸くずみたいでも、いいとこみんなにあって、それに癒されるヒトもいるのだよ。

わからないヒトにはわからないけどさ。

人生は一回きりで待って欲しくても流れてく。

なら感じることくらいは、正直でいたい。

最後に締めくくる言葉は
ありがとう
かな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。