2011年12月03日(土) 09時57分13秒

モンスターにならぬ学校への申し方

テーマ:静かな親の勉強時間

ある紙面に


『モンスターペアレントと言われるのがイヤで


不当なことがあっても、学校にものを言えない親がいる』


とあり、


確かに、「これを申すのはモンスターではないか。」と躊躇する


親はたくさんいると思いました。


モンスターになるかならないかは、言う言わないではなく、


『言い方』次第。


子どもからの話を鵜呑みにして一方的に言えばモンスター


なってしまうけど、


「子どもが○○と申しておりましたが、どうなのかお話しを聞か


せてください」


はモンスターにはならない。


相手も話を聞こうという気持ちになる。


そして、学校側の話を聞いたうえで判断すればいいと思う。


詳細がわかる上に、先生との信頼関係が増し、事態は


好転する。


もしも子どもに非があれば、気付くことで成長につなげられる虹


塾や学校に思うことがあったら言ったほうがいいと私は思う。


言い方さえ誤らなければ物事は良い方へ向くでしょうから満月


ジュニアメイト学習教室(茗荷谷)

塾長 阿部順子黄色い花










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

阿部教育研究所 阿部順子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。